ハンネローレ

初出:第294話(名前の初出は 物語内時間軸でSS置き場第5話,投稿日時で第331話)

家族構成

父:アウブ・ダンケルフェルガー
母:アウブ・ダンケルフェルガーの第一夫人
 兄:レスティラウト
 異母弟:ラオフェレーグ 第二夫人の子 *1
 異母妹:ルングターゼ  第二夫人の子 *2

父方の親戚
祖父:ダンケルフェルガー領主一族として健在 *3
祖母:ダンケルフェルガー領主一族として健在 *4
伯父:ダンケルフェルガー領主一族として在籍 *5
 従兄:ケントリプス
 従弟:ラザンタルク
叔父:少なくとも一人ダンケルフェルガー領主一族として在籍 *6
叔母:マグダレーナ
 従弟:ヒルデブラント

容姿

髪の色:淡いピンクとも紫ともつかない髪
000000000
瞳の色:赤
000000000
おとなしそうな少女。
淡いピンクとも紫とも言えそうな色合いの髪を二つに分けて結っている。

地位

階級:領主一族
職種:領主候補生

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:同学年 *7
  • 洗礼時の属性(適性):少なくとも闇と光 *8 と火と風 *9
  • 3年生時に得られた加護:適性の大神に加えて、武勇、時 *10

ハンネローレ視点の回

SS5話 ハンネローレの嘆き
SS7話 エーレンフェストのお茶会
SS8話 エーレンフェストの本
SS11話 図書館のお茶会準備
SS14話 ディッター勝負を始めるゲヴィンネン
SS18話 聖女とお兄様
第659話 閑話 ハンネローレ視点 継承の儀式 前編
第660話 閑話 ハンネローレ視点 継承の儀式 後編
番外編 ハンネローレの貴族院五年生 全編

作中での活躍

淡いピンクとも紫ともつかない髪に赤い瞳。
何につけても間が悪い。
そんなつもりはなかったのに、ローゼマインに本好き仲間認定をされた。
現代語で書かれたエーレンフェストの本は読みやすくて好き。
図書委員になることが決められてしまった。
ローゼマインからオルタンシアへの管理者変更の途中に、間が悪くシュバルツとヴァイスの主(ひめさま)となった。 *11
三年生になってからは、ローゼマインと共に王族に呼び出されることが多くなった。
あまりの間の悪さに側近のコルドゥラが作ったお守りを身につけ、日常的に時の女神ドレッファングーアに祈りを捧げていたところ、加護を賜った。
ローゼマイン程ではないが神具を自力で具現して使用できる数少ない存在。嫁取りディッターを始め練習、他寮との試合、領地対抗戦においてのディッターで神具フェアフューレメーアの杖を具現し儀式に使用。繰り返し盛大に光の柱を立てるため王族からは(本人に落ち度がないのに)ローゼマインとセットで問題児と認定されていた。
ダンケルフェルガーの雰囲気について来られるローゼマインは貴重なお友達だと思っている。
後にダンケルフェルガーの女として覚醒する。が、未だどこか抜けている。
エーレンフェストの本を読むまで読書が苦手だったが領主候補生として古語を読む教育はある程度受けていた。王族からの依頼で図書委員として地下書庫の鍵の開閉と資料の現代語訳に参加。
エーレンフェストと行った嫁取りディッターでは、避難のためとはいえ自ら陣を出て敗北するという、ダンケルフェルガーにおける失態を犯す。
ディッターの恥はディッターの勝利で雪ぐというダンケルフェルガーの決まりに則り失態を雪ぐべく、ローゼマインによるアーレンスバッハの礎取りディッター(仮題:エーレンフェストとアーレンスバッハの礎取りディッター)に、ダンケルフェルガーの指揮官の一人として同行した。 *12

ランツェナーヴェの船を制圧した二日後、礎取りディッターの宝であるローゼマインを守るため、エーレンフェスト防衛戦に参戦した。 *13
転移陣で移動したビンデバルトの夏の館において、フラウレルムをシュタープの光の帯でぐるぐる巻きにした後 *14 、先行していたダンケルフェルガー騎士達と合流、ゲルラッハ入りした。
エーレンフェスト領に入ってからは冷静に状況を分析し、ローゼマインが夏の館に潜入するまでの間、ローゼマインと共に行動した。 *15
不意打ちを狙った自身の攻撃が、敵の攻撃力増大に寄与してしまったことと、ダンケルフェルガーの騎士達は全員無事で被害を受けたのはエーレンフェストの者ばかりだったことに胸を痛めた。 *16
ゲルラッハ戦の翌日、ローゼマインの誘いを受け、図書館で髪飾りの注文をした。
その場において、ローゼマインに対しアウブかツェントを目指す事を持ち掛け全力で協力すると宣言したが *17 、ローゼマインの図書館都市計画を知り、ローゼマインの行動を抑制すべくフェルディナンドを手綱としてつける方向へ方針転換した。

15年春、ツェント継承式と、領主会議のアウブ承認式に参列する。
領主会議に出たことで、ツェント・エグランティーヌに多大な影響を与えるローゼマインの唯一の親友とみなされ、他領から婚姻の申込が殺到する。
アウブがハンネローレを領内に留めることを決めたため、従兄弟の武寄りの上級文官ケントリプスか上級騎士ラザンタルクと結婚するよう言われる。
領地の順位が第1位となったことで、ジギスヴァルトとの結婚は強要されないのが救いだが、ケントリプスラザンタルクのどちらを選らんでもどちらもディッター漬けの日々になりそうで困っている。


「ハンネローレ様、マジでダンケルフェルガー!」

経歴

11年冬 貴族院に入学する
12年冬 図書委員になり、貴族院図書館の魔術具に魔力供給者として登録する *18
13年冬 貴族院の地下図書室の鍵の管理者になる *19
14年春 王族要求で地下書庫の資料の翻訳作業に従事する *20
15年春 アーレンスバッハの礎取りディッターにダンケルフェルガーの指揮官の一人として参加する *21
    エーレンフェストの防衛戦に参加する *22
    継承の儀式に参列する *23
    領主会議に参加し、ローゼマインのアウブ承認式に参列する。


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 投稿話一覧を見ると初出は第294話になってますよ - 2016-04-05 22:07:48
  • 属性が増えたわけではないなら、火(武勇)と風(時)もある...のかな - 2016-06-21 15:43:36
  • 水の女神フリュートレーネの眷属 海の女神フェアフューレメーアの加護を得られてないのはなんでだ? - 2016-08-31 09:12:58
    • 武勇の神アングリーフの加護を得られても、疾風の女神シュタイフェリーゼの加護を得られてないのも気になる。 - 2016-08-31 09:27:00
    • ディッターの儀式だから祈りが武神方面に傾いたのかな?あとは呪文や歌に武神への祈り文句があるとか - 2016-09-14 08:24:55
    • フェアフューレメーアに祈ってないからではないかと。神具は親のを写し取っただけだし、ディッターの儀式の一環でやってるから魔力を奉納する対象はアングリーフ。ある程度対称を決めて祈らないと効果がないのはローゼマインの「祈った事がない神からの祝福は貰ってない」でも明らかだし - 2016-09-14 12:17:03
      • フェアフューレメーアの杖を出して「海の女神フェアフューレメーアよ」と言いながら儀式をやってるのに? - 2016-09-14 13:54:57
        • ローゼマインが実際にライデンシャフトの槍の魔力を込めた儀式をして、それを奉納するまではハンネローネも厳密な意味で魔力奉納になってなかったのでは? 特に3年の時点ではシュタープ取得してからまだ2年程度で、いつ写し取ったか分からないけど儀式参加回数は更に減る訳だし。逆にドレッファングーアは日常的に唱えていてアングリーフは子供の頃からディッターに日常的に触れてた訳だから文字通り回数が違うしな - 2016-09-15 23:43:41
        • フェアフューレメーアの儀式で奉納するのは自分の魔力ではなく騎士の魔力なので、加護が当たるのも騎士、という珍説 - 2017-06-27 03:06:33
    • フェアフューレメーアは水の適性がなかったからまだ祈り足りないだけと思ったが、シュタイフリーゼの説明がつかない。 - 2016-09-14 18:07:29
    • 予想だけど、当人は(形骸化した風習で)お祈りの自覚がない・469で「勝利すれば戦い系の〜」で海の神の儀式とは思わなかった・勝利後だから速さ系の神は関係が薄い(勝利報告で武神へがメイン)・真摯にお祈りしなかったのと魔力奉納が少量・儀式をする回数が少なかった、で加護が貰えなかったんじゃないかな? - 2016-09-14 22:02:30
      • 苦手とはいえ、ディッターに対しては真剣に取り組んでるからなぁ。1年でシュタープを取得して、2年で武器に変化出来るようになって、それから杖を写し取ったから期間が短く加護が得られない、ってなら分かるかな。シュタイフェリーゼの方は、ダンケル全体で取れてないからサッパリだな。 - 2016-09-14 22:11:02
        • 集計のところ読み直したら「複数の戦い系の眷属から御加護を得た」ってまとめられてた。 - 2016-09-14 22:26:20
    • 祝詞を唱えての供給×5年間&祈念式×3年間をしてるヴィルフリートでも6眷属なんだから、ハンネローレが何歳の頃から儀式に参加してるかわからないがより祈ってるものから優先的に加護が得られただけじゃないのかと。アングリーフとシュタイフェリーゼだと当然武勇の神であるアングリーフにより多く祈ってる(ss18話)。海の女神の儀式は戦の前の儀式でそれまで祝福が得られていなかったのだから奉納された魔力があまりなさそう。あとありそうなのが儀式の前にもドレッファングーアに祈っててそっちに祈りが届いてたとか - 2016-09-15 04:03:17
      • …一言でまとめると「間が悪かったのです。」という仮説か。 - 2016-09-18 06:06:10
        • すごく……納得した。 - 2016-09-22 11:57:40
        • レスティラウトがフェアフューレメーアの加護を得られていたのなら、初日合格したハンネローレは間が悪いんだと思うけど、レスティラウトも得られてないからなぁ。(468話:十数年は戦い系以外の眷属からのご加護を得られていない) - 2016-09-28 10:03:46
  • 本好きの下剋上第三部Ⅲ - 2017-02-03 14:24:42
  • ヒルデブラント王子と従姉なのに、SSで図書館のお茶会に王族?!ってびびってたのはなぜだろう - 2017-02-09 14:34:48
    • 血のつながりより身分の方が重要視される社会だから。血のつながりを重要視する社会だった場合、降家して上級貴族になった元領主候補生が、いつまでも領主一族ヅラしてるような事になってしまうんじゃないかな。それだと不備が出るから、ユルゲンシュミットでは血より家が重要。これが女神が降りたローゼマインが王族より上に立った理由でもあるし - 2017-02-10 13:59:19
    • 血縁上従姉弟であっても接点が全くないんだから、ハンネさんから見たら単なる王族の一員でしかない。初めて会ったのも2年生の親睦会の時だろうし。 - 2017-06-10 04:14:16
  • この人ほどコメで名前間違えられる人はいない - 2017-06-09 23:32:40
  • 貴族院1年生時の宮廷作法の授業において「大領地の領主候補生ですから、もう少し威厳を持ってくださいませ」と注意を受けていた。(294話・宮廷作法とヒルシュールの来訪) - 2017-07-24 15:32:57