クラリッサ

初出:(本編初出)第398話 *1 *2
名前の初出:SS第11話 *3

家族構成

父:アウブ・ダンケルフェルガーの護衛騎士 *4
母:(休日の朝にクラリッサの出奔を知らされて慌ててアウブの元に駆け込んだ *5 )
婚約者→夫:ハルトムート *6

容姿

髪の色:焦げ茶色
000000000
瞳の色:ダンケルフェルガーのマントと同じ青
000000000
三つ編み。背が高い方。→三つ編みをくるりとまとめている

地位

階級:上級貴族
職種:文官見習い→文官・ローゼマインの側近

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+3 *7
  • 誕生季:秋 *8
  • 567話以降の属性:自らの属性に加え、ローゼマインへの名捧げによる全属性 *9

作中での活躍

ダンケルフェルガーの文官見習い。騎士見習いになりたかったが、選抜試験に落ちてなれなかった。
武よりの文官で、思考回路が騎士寄り。騎士見習いと共に訓練をして鍛えている。
周囲からは、思い込むと周りが見えなくなる猪突猛進なところがあると指摘されている。 *10
貴族院で一番小さいローゼマインシュバルツとヴァイスの争奪戦で勝利したことに感動し心酔する。
ローゼマインに仕えるために、フリーだったハルトムートに武器を突きつけて婚約の課題を寄越せと迫った。
「翌年の貴族院までに、ローゼマインを喜ばせる物を準備すること」という課題を得て、ダンケルフェルガーのお話を収集しハルトムートに渡した。 *11
その結果課題に合格し、12年の領地対抗戦時にハルトムートの婚約者としてローゼマインに紹介された。 *12
貴族院在学中は、ハルトムートの大事な情報源の一人であり、ローゼマインのためにダンケルフェルガーのお話を集めていた。
ローゼマインがハルトムート二号と感想を抱き、ブリュンヒルデが「ハルトムートが二人になるようなものですか」と呟くほどそっくり。
ハルトムートがローゼマインについて熱く語っても熱心に聞いて、どれだけ入れ込んでも全く喧嘩になる気配がない。
ローゼマインが何かするたびに「その場に居合わせたかったです!」と嘆くのが常。
ハルトムートが神官長入りしたことで婚約解消の危機もあったが、結婚までの期間をローゼマインに仕えたいと説得した結果、両親とアウブ・ダンケルフェルガーアウブ・エーレンフェストの許可を得て、領主会議時にエーレンフェストに移動することとなった。
アウブ・エーレンフェストの許可を聞いたアウブ・ダンケルフェルガーが、「少しでも早くクラリッサが向かうことでエーレンフェストが楽になるなら、それもまた良いことではないか」と零したのを聞いた後、両親にもエーレンフェストにも相談や事前連絡をすることなく、春を寿ぐ宴の翌早朝にエーレンフェストに向けて出発した。
更に、護衛騎士と二人だけで、馬車も側仕えも置き去りにし、両親と合流することもなく、最低限の荷物だけを抱えて騎獣で飛んできたことと、貴族間の報連相の問題から、エーレンフェストがクラリッサの出立を聞かされた翌日、商人達と会議をしている真っ最中に、境界門を超えてエーレンフェストの下町の西門に到着した。
外聞の問題と外交の都合から、神殿への出入りは禁止され、城でレーベレヒトの指導の下、フィリーネと共に文官として働くこととなった。

経歴

11年冬 ハルトムートを襲撃し、結婚の課題を得る。
12年冬 ハルトムートと婚約する。
13年冬 成人式を迎える。貴族院を卒業する。
14年春 エーレンフェスト入りし、ローゼマインの側近に就任する。
     ローゼマインの側近として領主会議に参加する。
14年夏 ローゼマインに名捧げをする。
14年秋 ローゼマインの側近として、領主一族の上級側近一同と共に、グレッシェルの広域ヴァッシェンを行う。
15年春 ローゼマインのアーレンスバッハの礎取りディッターに同行する。
     アーレンスバッハ城でのランツェナーヴェ掃討戦に参加する。
     ランツェナーヴェの船攻略戦で、魔術具及び回復薬の管理をしつつ、ローゼマインの活躍をアーレンスバッハ貴族に解説する。
     ゲルラッハ攻防戦に参加する。
     アレキサンドリア入りする。
15年夏 ハルトムートと結婚し、アレキサンドリアへ移籍

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。