アドルフィーネ

初出:第331話 *1
名前の初出:第358話

家族構成

父:アウブ・ドレヴァンヒェル
夫:ジギスヴァルト (15年春に離婚)
弟:アドルフィーネの学年±0~-5 *2
同母弟:オルトヴィーン
異母妹:アドルフィーネの学年-1~-3または-5 *3
弟か妹:アドルフィーネの学年-5~-7。養子の可能性が高い *4
弟か妹:アドルフィーネの学年-6~-8。養子の可能性が高い *5

容姿

髪の色:波を描くワインレッドの髪
000000000
瞳の色:琥珀
000000000

地位

階級:領主一族→王族→領主一族→上級貴族(予定)
職種:領主候補生→王子妃→領主候補生→ギーベ(予定) *6

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+4 *7
  • 誕生季:冬 *8

作中での活躍

ドレヴァンヒェルの領主候補生。
エグランティーヌの友人。
波を描くワインレッドの髪、琥珀の瞳。
エーレンフェストの情報を虎視眈々と狙っている。
ローゼマインが一年生の時の全領地お茶会で配った試供品のリンシャンを分析。それっぽい物を作り出すなど研究肌のドレヴァンヒェルの領地候補生らしい動きをする。
エグランティーヌとは友人関係であったが、共に王族に嫁ぐにあたり比較されてしまうのではとコンプレックスを抱くが、ローゼマインの励ましを受けて前向きに自分を見つめなおす事が出来た。

14年春に最高神の祝福を受けてジギスヴァルトと婚姻する。それにより王族入りし、第一夫人になる。
数日後にエグランティーヌの懐妊が発覚。彼女が担当してた魔力の分を王族入りしたばかりで負担する事になった。

15年春の騒動の後、王族とエーレンフェストとダンケルフェルガーの間で行われた話し合いではジギスヴァルトの第一夫人として列席する。
話し合いの場で夫のジギスヴァルトが横暴を働いたことや、王族の解体により政変や結婚でドレヴァンヒェルが得るはずだった利益が失われてしまうこともあって、ローゼマインに助力を乞った。
最高神の祝福を受けても離婚が可能なことを知ると、即座にエグランティーヌやトラオクヴァールに対してドレヴァンヒェルと話し合いの場を設ける約束を取り付けた。
離婚することが正式に決まり、違約金として中央の一部がドレヴァンヒェルへ割譲される。自身は割譲された土地のギーベになり、ローゼマインに触発されて研究都市を目指す。

経歴

04年冬 洗礼式
07年冬 貴族院入学
12年冬 貴族院卒業
13年春 ジギスヴァルトと婚約する
14年春 ジギスヴァルトと婚姻し王族入り。第一夫人になる
15年春 貴族院防衛戦の戦後処理の結果、アウブとなるジギスヴァルトとの婚姻の継続が光の女神の契約魔術に違反する事になる
    光の女神に罰されることがないように、結婚の解消をローゼマインフェルディナンドに打診した。 *9

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 最終的な地位が上級貴族になっているけど、領主候補生がギーベになれないとはどこにも書いていないのでは? - 2017-04-19 04:28:43
    • その辺は領地によっても違いそう。領主候補生のままでギーベになれる所と、必ず上級貴族に落ちないといけない所と。 - 2017-04-20 13:31:34
    • 染められる礎は1つだから、ギーべの礎を染めるとアウブにはなれないし、ギーべでいる間は領主候補生からは外されるんじゃないかなあ - 2017-04-22 09:59:38
      • ギーベの領地に礎があるって記述は何処かにあったっけ? 夏の館の礎はあるけど、あれは建物の礎でしょ? - 2017-04-23 03:03:48
        • 616話ゲルラッハが「この館の礎である魔術具を染めた私が今はギーベ・ゲルラッハだ」と言ってる - 2017-04-23 04:19:16
          • 訂正グラオザムの台詞 - 2017-04-23 04:20:46
            • いや、だからそれは館の礎でしょ? 領地の礎とイコールなのかって話。 - 2017-04-23 08:47:54
      • 礎の魔術具の魔力供給者の登録はアウブ含めて七人までだし、それ以上領主候補生がいるならありかも - 2017-05-18 10:37:23
    • ふぁんぶっくで土地の広さと爵位と上級、中級、下級は連動していると書いてあり、また公爵や侯爵はないとのことなので、領主候補生のままギーベになることはないでしょう。これがローカルルールか否かは言及がありませんが、言及がない限りは普遍的なルールであると見るほうがより自然であると思います。 - 2017-08-11 00:49:24
  • ナーエラッヒェの出産時期からして結婚して王族として魔力負担をしただけで、夫婦らしい生活も語らいすらもまったくなかったのかな。政略結婚とはいえ本当に王族に一年無駄にされてるんだな。 - 2017-04-26 08:21:26
  • 領地の礎と館の礎は違うと思う - 2017-08-01 00:05:53
  • 領地の方は領主が守ってるし、館の方はギーべが守ってるのでは? - 2017-08-01 00:06:46


*1 名前不詳 ドレヴァンヒェルの五年生

*2 二年のときに領主候補生が四人在籍。今までの登場人物と魔力の色合わせ等の描写から、第一夫人の子供の年齢>第二夫人の子供の年齢である可能性が高い(仮にそうでなかったとしてもアドルフィーネの次にすぐ第二夫人と子作りしたり、養子を取るとは考えにくい)。ドレヴァンヒェルとのお茶会が女性のみの出席(クラッセンブルクが男性の領主候補生がいるのに上級貴族が出席、レスティラウトでなくハンネローレが出席)であることを考えると、異母妹が参加するためには、アドルフィーネ(6年)、第一夫人の息子(3-5年)、オルトヴィーン(2年)、第二夫人以降の娘(1年)の可能性が高い/ハンネローレの貴族院五年生 第3話のドレヴァンヒェルは「魔力が多くて優秀であれば領主と養子縁組し、領主候補生コースを治めさせた上でギーベに任じる」という慣習から、アドルフィーネの前後または同年に養子をとる可能性も高い為、年齢は不明

*3 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会/アドルフィーネが第一子とは限らない上、貴族院二年生時の残り一人がギーベ前提の養子の可能性もある為、年齢は不明

*4 第580話 親睦会(四年)で養子縁組を視野に入れて、14年冬に3年生の講義をうける学年かそれ以下の学年

*5 ハンネローレの貴族院五年生 第3話で、上位学年が減り下位学年が増えた状態で領主候補生総数が5名。養子縁組は3年生の講義を受ける前に実施するので上限は-2

*6 ハンネローレの貴族院五年生 第5話 「ギーベになることは決まっている」との表現からまだなってはいない

*7 ローゼマイン2年生時に最上級生 第378話

*8 卒業式の髪飾りの色が純白 第413話

*9 第656話 ランツェナーヴェの者達の扱いと褒賞