オルトヴィーン

初出:第378話

家族構成

父:アウブ・ドレヴァンヒェル
母:アウブ・ドレヴァンヒェルの第一夫人*1
 同母姉:アドルフィーネ

 義兄または義姉(または異母兄):オルトヴィーンの学年:+5*2
 義兄または義姉:オルトヴィーンの学年:+5*3。領主の養子
 異母兄(または義兄または義姉):オルトヴィーンの学年:+4~+2*4
 異母姉:オルトヴィーンの学年+3~+1*5
 弟か妹:オルトヴィーンの学年-2~-4。養子の可能性が高い*6
 弟か妹:オルトヴィーンの学年-3。養子の可能性が高い*7
 弟か妹:オルトヴィーンの学年-4。養子の可能性が高い*8

父方の親戚
大叔父:グンドルフ*9

容姿

髪の色:赤紫
000000000
瞳の色:薄い茶色
000000000
赤紫の髪に薄い茶色の瞳。

地位

階級:領主一族
職種:領主候補生

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:同学年*10
  • 誕生季:春*11
  • 三年生時に得られた加護:適性数と同じ*12

オルトヴィーン視点の回

書籍版 貴族院外伝 一年生「オルトヴィーン視点 ドレヴァンヒェルの姉弟」

作中での活躍

ドレヴァンヒェルの領主候補生。
ほどほどで切り上げる要領のよさを持つ。

領地の特性から、アウブの実子・養子を問わず全領主候補生が競い合う環境にいる。
同母姉であるアドルフィーネには、女性ばかりのお茶会に付き合わされ、興味のない宝飾品の見立てをさせられ、ゲヴィンネンでは負け続け、姉の愛として研究課題を一方的に振られ、まるで側近のようにこき使われて振り回されている。
反論すれば倍返しされるので、なるべく刺激しないように心がけているが、同母姉弟で仲良くしようとする姉の気持ちも理解している。
政略結婚の決まった姉にアウブを目指すように言われたが、アウブになって王族の姉に振り回され続けるのは真っ平だと思っている。*13

ローゼマイン入学以前はずっとドレヴァンヒェルが座学一位だったため、エーレンフェストをライバル視している。
エーレンフェスト、特にローゼマインの秘密を探るように姉に言われるが、貴族院にあまり滞在しないローゼマインと接点が持てず、結局わからなかった。
ローゼマインとの講義中の接点だけでも異常な優秀さと視点の違いを感じ取り、ヴィルフリートの言からも姉以上に面倒そうな相手と判じ、結婚相手候補からは早々に外した。*14
代わりにヴィルフリートとは姉妹に振り回される苦労を分かち合い、女性のお茶会への愚痴に共感し、呼び捨てしあう仲となる。*15
同じように、同学年の男の領主候補生の他2人(コンラーディンダーヴィット)とも仲良くなる社交性を持つ。*16
ヴィルフリートの発信した流行に乗り、紋章入りのシュタープを作った。

姉以外が丸く収まった形となった王子達との政略結婚の顛末には、姉の気持ちや立場を慮って憤慨する。
しかし、全領地のお茶会の後、姉からリンシャンの研究を丸投げされて、心配して損した気持ちになった。*17

2年生の表彰式で優秀者に、4年生の表彰式で最優秀に選ばれる。

ハンネローレに懸想しており、5年生の貴族院の領主候補生の講義中に、ハンネローレに求婚した*18

作者コメント

2018年 10月06日活動報告 10月14日返答
>ローゼマインの優秀さを薄気味悪く思うオルトヴィーン
 あまり関わり合いたくないと即座に判断できるのは、オルトヴィーンが保身に長けているからでしょうね。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 貴族院1年生時の宮廷作法の授業において「ご自分の話ばかりをするのではなく、周囲のお話にも耳を傾けてくださいませ」と注意を受けていた。(294話・宮廷作法とヒルシュールの来訪) - 2017-07-24 15:31:00
  • 神獣ってなんや (2018-10-27 03:24:05)

*1 書籍版 貴族院外伝 一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*2 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍/第378話より、二年のときに領主候補生が四人在籍⇒少なくとも2人は10年冬に6年生として在籍

*3 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍/第378話より、二年のときに領主候補生が四人在籍⇒少なくとも2人は10年冬に6年生として在籍

*4 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍/第378話より、二年のときに領主候補生が四人在籍

*5 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会/書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より11年冬に貴族院在籍/ローゼマインと同学年に、ドレヴァンヒェル領主候補生が複数名いる描写は無

*6 第378話より、二年のときに領主候補生が四人在籍。ハンネローレの貴族院五年生 第3話より、15年冬に領主候補生総数が増減の結果五名。/書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係の情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる

*7 第580話 親睦会(四年)で増えた小さい領主候補生/書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係の情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる

*8 ハンネローレの貴族院五年生 第3話より、15年冬に増えた領主候補生。/書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係の情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる

*9 書籍版 貴族院外伝 一年生「オルトヴィーン視点 ドレヴァンヒェルの姉弟」

*10 第378話

*11 書籍版 貴族院外伝 一年生/購入特典

*12 第467話

*13 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*14 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*15 書籍版外1「男の社交」

*16 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*17 書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*18 番外編第4~5話