ディートリンデ

初出:第286話

家族構成


父方の親戚
 従姉:アウレーリア
 従妹:マルティナ

母方の親戚
祖母:ヴェローニカ
叔母:コンスタンツェ
 従兄弟:リュディガー
叔父:ジルヴェスター
 従弟:ヴィルフリート
 従妹:シャルロッテ
 従弟:メルヒオール
 従妹:ジルヴェスターフロレンツィアの第4子
異母叔父 兼婚約者フェルディナンド (15年春に破棄)


容姿

髪の色:金
000000000
瞳の色:深緑
000000000
派手系美人。ふわふわとした金髪に深緑の瞳。
昔のヴェローニカにとても似ている。

地位

階級:領主一族→上級貴族→メダル廃棄により人として認められない
職種:領主候補生→元領主候補生→ユルゲンシュミットへの魔力供給者

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+3 *1
  • 誕生季:冬 *2
  • 属性:不明。もしかしたら全属性?(ツェント候補選出の魔法陣を光らせたことが、全属性なのかフェルディナンドの婚約の魔石等全属性の魔石を身につけたからなのか確認できず)

ディートリンデ視点の回

第568話 閑話 ランツェナーヴェの使者 前編
第569話 閑話 ランツェナーヴェの使者 後編

作中での活躍

自己顕示欲が強く、自身の行為が全て正しいと認識している。ゲオルギーネには構ってもらえなかったらしく、ゲオルギーネに助けとなる事を頼まれた時はようやく自分を見てくれると期待していた。
アーレンスバッハの慣習で他に領主候補生がいなくなったため、次期領主の最有力候補になった。
女性は男性の領主候補生と結婚しなければアウブになれないため、婿探しをしていた。
アーレンスバッハの血を引き、優秀生でもあるヴィルフリートに目を付けていたが、ローゼマインと婚約したので諦めた。
王命でフェルディナンドと婚約して、養女であるレティーツィアが成人になるまでの中継ぎのアウブになる事が決まる。
本人は中継ぎのアウブであることを知らず、自身が次期アウブになる事を公言していた。
フェルディナンドに好意を抱かれていると思っているが、フェルディナンドからはヴェローニカに似た容姿や振る舞いから視界に入れたくないほど嫌われている。
フェルディナンドの事を庶子であり神殿に入っていた経歴から見下していた。
アウブとしての業務も疎かにしているため、周囲はディートリンデを立ててはいるが殆どの判断をフェルディナンドに仰いでいる。 *3
エーレンフェストやフェルディナンドに対する振る舞いは、アウブ・ダンケルフェルガーの第一夫人ハンネローレも呆れるほどひどいものだった。
卒業式の奉納舞でツェント選定の魔法陣を不完全ながら浮かび上がらせた。ツェント候補の条件を満たせなかったが、勘違いした中央神殿の者達から次期ツェント候補と宣言される。
貴族院の卒業後、自分が中継ぎアウブであることをゲオルギーネから知らされる。
成人したがフェルディナンドとの結婚が一年間延期され、その猶予の間、次期ツェントを目指して活動する。
フェルディナンドに対して名捧げを要求したり、アーレンスバッハでは忌避されている神事などの業務を命じた。
一介の領主候補生の身分だが、王族相手に次期ツェントとして振る舞い、様々な不敬行為を行っている。 *4
アーレンスバッハの建て直しが完了した暁には、不敬による何らかの処分がほぼ決定していた。 *5
ランツェナーヴェの使者であるレオンツィオに次期ツェント候補を自称し、トルークを使った甘言を受けてしまう。次期ツェントの後ろ盾として、外国であるランツェナーヴェと手を組んだ。 *6
その後はレオンツィオの居館に入り浸たり、無料で魔石を譲ろうとしたりと、今までよりさらにひどい振る舞いをするようになる。そのため周囲からは早急なアウブの交代を望まれていた。

15年春にレティーツィアを騙してフェルディナンド供給の間で毒を盛り、ユルゲンシュミットの翻意を明確にした。
本人曰く『王族の命令によって上級貴族に落とされた兄や姉を救い、グルトリスハイトを持たない王族の変わりにユルゲンシュミットにグルトリスハイトをもたらす』との事。
なお、アウブが決まると他の領主候補生は上級貴族に落とされるのはアーレンスバッハのみの習慣であり、アウブの地位であれば撤回することができる。
フェルディナンドに反撃されるが、銀の布で防いで薬を嗅がせて、シュタープを封じるための手枷をつけた。そして供給の間で死ぬまで魔力を吸い取り続ける状態にさせた。 *7
供給の間から出た後、レティーツィア *8 とゲオルギーネ *9 にフェルディナンドが死亡したという虚偽報告を行った。
中央騎士団と共に行動している所をルーフェンに発見され、隠密行動という事を理解しておらずとても目立つ金髪と派手な髪飾りから特定されている。 *10

春の洗礼式から数えて6日後の未明に寝ていた所を、滞在していたアダルジーザの離宮にてアウブ・アーレンスバッハとフェルディナンド率いるアーレンスバッハ騎士団、アウブ・ダンケルフェルガー率いるダンケルフェルガー騎士団の混成騎士団に襲撃される。
外患誘致をした犯罪者として捕縛された。

トルークを使用されていたことが判明し、犯罪者として記憶を覗かれる。その際にグルトリスハイトを自分の物と思いこみ、エグランティーヌを盗人呼ばわりするなど相変わらずの自己中心的な言動を見せた。ローゼマインによりメダルを破棄され、シュタープを失った。 *11

側仕えのマルティナは「……ゲオルギーネ様を見て育っているはずですのに、どうしてこれほど何も考えずに生きていけるのでしょう?」と不思議がり、ゲオルギーネの側近であるグラオザムからは「とてもゲオルギーネ様の娘とは思えぬ無能だ。許し難い」、ジェルヴァージオからは「考えなしの我儘娘」と味方からも酷評されている。

トルークによる誘導もあって本人の認識ではツェントを目指してレオンツィオを王配に据えようとしていたが、レオンツィオはランツェナーヴェの王座を狙い、ジェルヴァージオはツェントの座を狙っていたため言い様に利用されていた。ゲオルギーネはその横暴な振る舞いを掣肘せず、陰謀の隠れ蓑にするなどしていたが教育不足から考えなしの行動をとり続け虚偽報告・情報漏洩など様々な失態を犯した。このように利用していたゲオルギーネやランツェナーヴェも彼女の手綱を制御できなかったため、ローゼマイン一行にとってはむしろ大きな助けとなった。

経歴

08年冬 貴族院に入学する
11年冬 貴族院のお茶会にて、リンシャンを手に入れようとしたところエグランティーヌに窘められ逆恨みする *12
12年夏 エーレンフェストとの領地境界門で星結びの儀式に立ち会う
  冬 貴族院のお茶会にて、髪飾りを手に入れようとしたところアドルフィーネに窘められ逆恨みする *13
13年春 王命によりフェルディナンドとの婚約する
  夏 エーレンフェストにて髪飾りを注文する
  冬 貴族院の卒業式で電飾奉納舞を行い中央神殿から次期ツェントと認定される
14年春 ゲオルギーネより中継ぎアウブである事を知らされ、グルトリスハイト探しに一年の期限をつけられた
    次期アウブ・アーレンスバッハとしてフェルディナンドとレティーツィアに祈念式を行うよう命じる
    次期ツェントの後ろ盾として他国であるランツェナーヴェを選んだ *14
15年春 グルトリスハイトを得る為ランツェナーヴェの王族達と共に貴族院へ赴くが *15 外患誘致を行った反逆者として捕縛された
    犯罪者として記憶を覗かれ、メダルを破棄され、シュタープを失った *16

作者コメント

2015年 11月03日 活動報告
ディートリンデは美人です。派手系美人。なので、別に髪飾りを盛り盛りにする必要はないのです。電飾ピカピカも……。


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 平民は洗礼式を終えて市民登録されたものしか神殿は認めてないです。登録証であるメダルを破棄された貴族が平民として表記されてるのに違和感を感じます。暫定的に罪人など表現を改めたほうがいいかと - 2017-03-09 03:39:16
  • 作中での活躍の「フェルディナンドの事を嫡子であり神殿に入っていた経歴から見下していた。」って非嫡子or嫡子でなく、の間違いでは? - 2017-03-24 15:42:24
    • 庶子の誤字だろうと思う - 2017-04-18 03:09:20
  • なんていうか、味方がいるようで誰もいないし、親からも教育を放棄されたってのを思うとざまぁとかむかつくとかより可哀そうに思えてくるね。利用されるだけ利用されたうえで誰にも理解されず報われない人生でした まる って感じ。 - 2017-07-16 02:36:45
    • 忠告しても馬耳東風の上ヒス持ち。ヴェロ・ゲオの血筋からして不利益は全部他人のせいの自己中なので味方がいないんじゃなくて味方がいても意味がない人というだけかと。 - 2017-07-16 20:44:15
  • 王族の命令で~って所、アーレンの風習って書いてあるけどディートリンデの兄姉はブラージウス夫妻のことだろうから、王命(連座による処刑を免れた代わりに上級貴族に落とされた)であってると思う - 2017-07-19 03:38:21
    • 第368話 『王命(粛清)を回避して助命する為に上級落ちした兄』はいても『王命で上級落ちした兄』はいないし、ゲオルギーネの『姉』に至っては、全員が、母親の出身領的に粛清対象外なので王命は一切関係ない。アルステーデとブラージウスと結婚したのは粛清後だから、領主候補生を一人でも多く残したければ、アルステーデを粛清対象者外と結婚させれば良かったのに、ヴォルフラムが領主になったらアーレンスバッハの慣習で上級落ちするのだからと、領地内派閥取り込みを優先した結果、ヴォルフラム亡き後に、夫(ブラージウス)の立場の関係で領主一族に戻せない人物となったのだから、王命に全責任を押し付けるのもまた違う。 - 2017-07-19 07:55:04
  • 第489話、本人曰く『想いを捧げてくださった殿方もいらっしゃいました』。すごい嘘くさいけど,ローゼマインは信じた。 - 2017-08-12 18:39:32
    • そりゃ領主候補生との婚姻は領主一族への婿入り~領主の覚えめでたく、と最短にして最高の出世手法だし、(心底愛してたかは別として)楽師に愛を捧げる歌を作らせて贈ったりしてたろう。魅力ナシを公言するわけにもいかないから、いなければ領主が子飼いの上級貴族あたりに命じて「仮に受け入れられても自分が許可出さなければ実現しないから安心して求婚しろ」とマッチポンプしてた可能性も。 - 2017-08-13 15:15:45