パウリーネ

初出:第289話 名前が判明するのは第380話

地位

階級:貴族
職種:貴族院の教師

作中での活躍

貴族院の教師。音楽担当。フレーベルタークの寮監。
音楽の講義でローゼマインが披露した新曲を気に入りお茶会に招待した。

13年冬では祝福付きで奏でたローゼマインのフェシュピールに合格を出す。
14年冬ではローゼマインにのみ「祝福が足りませんよ」と、前年と同じかそれ以上の事をするようにと指示を出した。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。