グンドルフ

初出:第298話 名前が判明するのは第390話

容姿

眼光の鋭いおじいちゃん先生。

地位

階級:貴族
職種:貴族院の教師

作中での活躍

貴族院の教師。ドレヴァンヒェルの寮監。
ヒルシュールの研究仲間で、好敵手でもある。ヒルシュールに師事するライムントとも交流がある。
ナンセーブ紙やローゼマインの行った採集場所の癒しの儀式に興味を持つ。
老獪で、ローゼマインから魔術具の紙の共同研究を得る。
共同研究に参加するも、ドレヴァンヒェルの学生と比べ、面白い着眼点が少ないイグナーツマリアンネを叱った。
エーレンフェストの研究発表で、研究していた内容とは違う展示品があることに驚いた。
元になるアイデアは同じなのに、ドレヴァンヒェルとエーレンフェストで逆方向の作品が出来たことを褒めた。
研究内容や重要な情報を垂れ流さずに秘匿するのは研究者にとって当然のことで、驚かされた事を喜んでいた。
グラフに興味を持ち、ローデリヒから教わった。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。