マイン(pukiwikiモード退避)

 初出:第2話

家族構成

父:ギュンター
母:エーファ
姉:トゥーリ
弟:カミル

容姿

髪の色:紺色
000000000
瞳の色:金色
000000000
光が浮き上がるように艶のある夜色の髪。
真っ白で汚れがない肌で、労働と生活感を感じさせない手。
全てがボロの服とちぐはぐな印象で、どう考えても不自然。

地位

階級:平民
職種:兵士の子→兵士の個人的助手→商人見習い志望→青色巫女見習い兼工房長
適性属性:全属性(判明したのはかなり後)

作中での活躍

本作の主人公、恐ろしく虚弱で異世界転生者。
身食いとしての魔力暴走により死にかけたところ、前世の記憶を覚醒させて一命を取り留めるが、代償としてこれまでマインとして生きてきた自覚を失う。 *1 *2
以後、前世の本須麗乃の人格が基本となり行動する。本の為にとんでもない行動をし、本が手に入らない絶望で死を受け入れかけるほどの本狂い。
オットーから時間つぶしに石板と石筆を譲ってもらい、文字の練習をするようになる。計算確認ができることから、オットーから報酬に石筆と文字の先生になってもらい、外壁の門の宿直室で助手として働く。
ルッツや商人のベンノ達の協力を得て、本を作るための紙作りを行う。
身食いで先が長くないことを知ってからは、貴族に飼い殺しにされるのではなく、家族と一緒にいて死ぬ道を選ぶ。
貯金が大金貨2枚を越えて、洗礼前の子供ではありえない額を稼いだ。
洗礼式の為に神殿へ行った所で図書室を発見した。本人は本めがけて一直線に暴走しただけだが、身食いの魔力を求められたりと、紆余曲折を経て神殿で青色巫女見習いとなる。
神殿では孤児院の環境改善等を行い、孤児たちが労働することで生活できる環境へと変える。
領主を上回るほどの膨大な魔力を持つことが発覚した為に、記憶をみる魔術具で調査され、その重要性に気がついたエーレンフェスト首脳陣が貴族院へ入れることを決定。
さらに視察に来たジルヴェスターに気に入られ、養女となる契約のために必要な魔術具のネックレスを渡される。
マインの魔力を求めた神殿長達と対峙する中、家族や仲間を守る為にジルヴェスターが領主であることを知らぬままに養女となることを決める。
しかし平民が領主の養女となることは世間の評判上問題があり、また平民の家族との縁が残る事が危険であるために表向きは死亡扱い。
以後はカルステッドの娘ローゼマインとして行動することになる

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。

編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。

表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。