ハッセの町長

初出:第198話

地位

階級:平民
職種:町長

作中での活躍

ハッセの町長。
数多くの罪を重ねていた前神殿長に賄賂を贈ることで便宜を図られていたため、貴族との普通の付き合い方を心得ていない。
後ろ盾を自分自身の権力と勘違いして、やりたい放題をしていた。
ハッセは特殊で町長の権力が大きく、周辺の農村に住む人への影響力が大きかった。
視察をしたベンノ達に碌な出迎えをしなかった。
フェルディナンド孤児を全員連れるように命令したが、ノーラマルテを隠して嘘をつき、処分されかけた。
カントーナへ売る契約をしていた孤児を取られたことに反発し、小神殿を襲撃したことで反逆罪に問われる。
ローゼマインに貴族としての常識を教育するための教材にされ、処刑される。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。