本須麗乃

初出:第1話

声 - 沢城みゆき

家族構成

父:営業系サラリーマン(故人)
母:専業主婦

容姿

肌が青白くて薄気味悪いと言われた
眼鏡をかけている

地位

階級:日本人
職種:大学生、大学図書館司書(内定)

本須麗乃視点の回

第1話 プロローグ ※第一部
書籍第一巻 プロローグ

作中での活躍

妖怪本スキー *1 。幼いころに父が亡くなり母子家庭で育つ *2
幼なじみのが隣家に住んでおり、麗乃係として何かと世話を焼かれていた。
家族以外に装飾品をもらったことがない。
ベッドはスプリングの利いたもので羽毛布団や柔らかい高級毛布を使っていた。
好奇心旺盛で飽きっぽい母の趣味で、おかんアートや花嫁修業から節約生活に自然派生活など統一性もなく様々な事に付き合わされていた。
母の趣味が暴走して、リビングはおかんアートなどで溢れかえり、不格好な形の籠の中に完成しなかった物が放り込まれている、混沌とした空間になっている。
高校時代に文化祭で強制的にふりふりのミニ丈メイド服を着せられていた。
大学も自宅からの通学だったため、親元を離れたことはなかった。
基本的に家事は全て専業主婦の母親任せで、やろうと思ったら出来たが、積極的にやったことはない。
司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていた *3 が、大学卒業直前で地震に遭い本に埋もれて死亡する。享年22歳 *4
エーレンフェストへ転生し、マインとして意識が覚醒する *5

人物像

  • 本に関してのみ、恐ろしくフットワークが軽い *6
  • 彼氏いない歴=年齢で、修にバカにされていた *7
  • 本好きで本を読む以外、自分から何かをすることはほとんどない *8
  • 本の重みとインクの匂いのする書籍の方が好きだが、電子書籍も読んでいた。理由は、旅行中にタブレット一つの重みで何十冊分も携帯できるから。 *9
  • 本を読みながら帰宅している最中に車にはねられたり *10 、閉館した図書館内に閉じ込められて警察沙汰になったりした経験をもつ *11
  • 友人関係を円滑にするために妄想の片思い相手を作り上げていた。特にと付き合っているのかと邪推されたり、の彼女に変な目で見られて問い詰められたりした時に大活躍させた。 *12
  • 本につられていたとは言え、振り回しタイプの母親に何度も最後まで付き合っていたり、家事(特に料理)知識量が多かったりすることから、本人視点ではダメダメだが、第三者視点ではそれなりに親孝行していた模様。

作者コメント

2015年 01月24日 活動報告返答
ちなみに、麗乃と修ちゃんの間にラブな関係は全くなく、修ちゃんの初恋の相手は麗乃のお母さんです。(笑)
2015年 02月19日 活動報告返答
麗乃と今のマインは同じようでいて別人ですね。環境が人を作ると私は思っているので、全く同じではいられないと思っています。その中でも変わらない物がありますけれどね。
2015年 08月01日 活動報告
担当さんと話をしていた時に「マインと麗乃を出すのはどうでしょう?」と言われて「これから先に出る予定がないので麗乃はいりません」とお断りしたことを思い出しました。そのせいで麗乃はキャラデザもないのです。
2016年 06月09日 活動報告返答
麗乃さんはもちろん電子書籍も読んでいましたよ。
本の重みとインクの匂いのする書籍の方が好きですが、旅行に行く時なんかはタブレット一つの重みで何十冊も入って便利ですからね。


このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 第42話 冬の手仕事 本を読みながら学校から帰っていて車にはねられたことがある - 2016-01-06 17:19:07
  • 「じじさまとのの対面」で「胸も麗乃時代より成長していて谷間が見えるとあるので、容姿はぺちゃなのでは? - 2016-11-26 21:06:01
    • ノーブラで天然谷間ができる素晴らしいおっぱいと比べて小さいってだけで - 2017-05-23 01:41:35