カントーナ

初出:第210話

容姿

中肉中背のおじさんだが、長い物には巻かれろ、という性格が完全に人相として出ている。

地位

階級:貴族
職種:文官

作中での活躍

領主主導で行う印刷業をハッセで進めることとなった担当文官。
身分が下の者には威張り散らして、身分が上の者には必要以上に媚びへつらうタイプ。
悋気の強い妻がいる。
工房を作るため、ハッセの孤児院を視察する際にベンノたちと同行したが、
「あの担当者では確実に計画は頓挫します」「文官達に全くやる気が感じられませんでした。」
と散々な評価であり *1 、最終的に担当を外される。 *2
ハッセの町長から孤児を買う契約をしていた *3 が、ローゼマインが横槍を入れたことで契約を撤回する。 *4
のちに文官見習いの講師として登場。 *5

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 201話に初めてカントーナの名前が出て来ましたよ - 2017-05-26 21:29:37