シッカーク

初出:第220話*1
名前の初出:第337話/ふぁんぶっく2以降はカッシークに変更*2

家族構成

先妻:テレージア(故人)
 娘:フィリーネ
 息子:コンラート
後妻:ヨナサーラ
 息子:ヨナサーラの長男

母方の親戚
 叔母:フィリーネの洗礼式で付き添いをした。

地位

階級:下級貴族
職種:文官

作中での活躍

先妻であるテレージアに入り婿し*3、二人の子を作った。

誕生後一季節程度で母を亡くしたコンラートの育児の為、長期間住み込みで働いてくれる乳母を雇うか、後妻を娶るか考えた結果、
金銭的な面と、たまたま自分の親族に身寄りが亡くなって生活が困窮しているヨナサーラがいたことから、
ヨナサーラを後妻、ヨナサーラの伯母であるエイネイラを側仕えとして引き取ることを選んだ。*4

母親の本能として、子を得れば我が子を一番大事にしようとするし、入り婿の後妻で立場が難しく余裕がないことから、
我が子を守ろうと必死になり、本来最も育児義務を負うコンラートやフィリーネの扱いが悪くなることが予想される為、
後妻との間に(少なくともコンラートが貴族院に入学するまでは)子供を作るべきではないと、イズベルガから繰り返し忠告を受けていたが、
コンラートが洗礼式を迎える前に、後妻であるヨナサーラとの間に子供を作った。*5

イズベルガの予想通りに、子ができたことでヨナサーラの態度が急変し、継子達を邪険に扱うようになったが、ヨナサーラの言葉を尊重し、家のことを全て任せた。
更に状況を告げるフィリーネ達の言葉を聞き流し、後妻となった経緯からコンラートの養育を放棄することは恩知らずに当たるとフィリーネに訴えられた際には、
恩知らずなのはフィリーネの方であり、子を生したヨナサーラに対し思いやりがないと叱責した。*6

ヨナサーラが、自身の子に魔術具を使わせるべく、コンラートの魔術具を奪い、魔力の登録を塗り変えたことを受け、
もう取り返しがつかないし魔力の強い者が跡取りになるのは当然だと答えて、コンラートを切り捨てた。*7
その結果、本来の家の跡取りであるフィリーネ*8が家を出た為、テレージアの血筋の家を乗っ取った形となった。

上級や中級貴族の下級貴族に対する扱いは良いものではないと考えており、
お披露目で初めて城に赴いたフィリーネに、上級、中級貴族にはどのように扱われても決して逆らってはならないと言い含めている。*9

下級貴族としての上級貴族に対する態度は、自身や家族に対する振る舞いでも一貫しており、
常時はヨナサーラを尊重している*10にも関わらず、フィリーネがローゼマインから貰った紙を、ヨナサーラが取り上げた際には、
フィリーネの持つ紙が領主の娘に与えられた物であることと、それを無下に扱うことによるリスクを告げた上で、
フィリーネの持っている紙には触るなとヨナサーラに命じ、フィリーネに紙を返したり*11、紙を切らした後に木札を準備したり*12した。
また、領主の娘が魔術具の買い取りを提案し、領主の弟が買い取り金額を提示した際には、中古品を購入するあてがないにも関わらず、
ヨナサーラがコンラートから奪った魔術具を取り上げて、提示金額と引き換えにフィリーネに売った。*13

経歴

~00年夏  テレージアと結婚(婿入り)*14
07or08年夏 ヨナサーラと再婚*15

作者コメント

2018年 05月21日 活動報告
 感想やコメントでいくつかご指摘をいただいた通り、フィリーネの父親の名前が変わっています。
 シッカーク→カッシーク
 web版で「名前が気になってストーリーが頭に入ってこない」というご意見をいただいたので、書籍では変えることにしました。
 ふぁんぶっく2の時から変わっているはずです。
 本当はweb版も修正した方が良いと思うのですが、「なろう」の誤字修正は時間がかかるのでしません。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 婿養子なのに…本家嫡男を排除するとは…父としても婿としても「しっかーく(失格)!」 - 2016-05-29 11:50:06
    • しかも娘が領主一族の側近になったのを知った後でも後妻優先だからな。貴族としても失格だわw - 2016-05-29 17:13:42
    • 婿養子なのに嫡男を排除して、親失格だしエーレンフェストの紙・印刷業に関わっていなかったら後妻から離婚されていたりして。 - 2017-09-21 10:18:49
  • ふぁんぶっくでは名前を間違えられていた - 2017-12-09 09:52:47
    • シッカークだと露骨だから、書籍版ではカッシークにすることにしたとかだったりして(爆) - 2017-12-10 12:29:23
      • そうじゃないのかな。電子書籍版でもカッシークだったし - 2018-02-13 17:51:03
        • SSもカッシークだし確定だな。 (2018-05-15 14:13:05)
  • 名前変更で確定ですね。 (2018-05-15 23:15:53)
    • twitterで変えたって言ってますね (2018-05-16 00:10:56)
  • キャラの名前が変わったけど、タイトル編集できるのかな? (2018-05-16 11:09:55)
    • ログインしてれば「編集→ページ名変更」で可能だと思うんだけど。 (2018-05-18 21:12:44)
      • web本編がシッカークのまま残されることが確定しているから、別ページを作成して誘導する形にしてみた。 (2018-05-18 21:25:29)
  • 表現として「恩知らずで子を生したヨナサーラに対し思いやりがない」よりも「子を生したヨナサーラに対し恩知らずで思いやりがない」と語順を変えた方がいいのでは。 (2018-05-18 23:00:07)
    • 主題は「恩知らずは誰か?」であり、思いやりがないは+αの要素なので、語順変更ではなく言葉を補ってみました。 (2018-05-19 07:38:29)
  • 後妻の子は少なくともコンラートが貴族院に入学するまでは待ってくれたらって言ってるのは今現在虐げられている未成年フィリーネの発言なので、貴族的に一般的な感覚かは疑問がある。イズベルガも同発言に反論はしていないけど、そもそも子を産ませること自体に反発しているように感じた (2018-05-19 21:11:59)
    • フィリーネの認識では、親戚も貴族院に入学するまではと言っていた模様(特典SS) まあ、子供用の魔術具は、貴族院1年生以降に使用する騎獣用の魔石(+鎧の魔石?)作成目的で使用しているから、貴族院入学までという時間制限は妥当と言えば妥当? (2018-06-09 12:28:54)
  • 特典SS読んで、そもそも下半身の自制心が足りなくて、まともに子作り計画を実践できない人間な気がした。 家に子供用の魔術具の余剰がないのにも関わらず、フィリーネが貴族院に入学する前にコンラートを産ませたり。 コンラート用の魔術具を確保した結果、魔術具の余剰どころか次を確保する金銭的なあてすらなくなったにも関わらず、コンラートの貴族院入りどころかフィリーネの貴族院入りすら待たずに、ヨナサーラに子供を産ませたり。  コンラートの出産が、最初から下働き確保目的だったのなら、子作り計画内だろうけど、テレージアが死んでできた魔石とテレージアの遺産でコンラートの魔術具を確保して貴族として育てようとした辺り、計画外だし。(テレージアが死ななかったらどうする気だったのだか(遠い目)) ……実は単なる節操無? (2018-06-10 11:26:58)
    • 下半身の自制は関係ないよ。作ろうとしないと子どもできない。意図的に乗っ取ろうとしたのか、ヨナサーラに押しきられたのか、あまりにもなにも考えなしだったのかは分からんが、ユルゲン貴族(魔力持ち)はそもそも魔力持ちは子ども作ろうとして相手を染めないと子ども作れない。……もしくは、カッシークもヨナサーラも魔力激低で、ヨナサーラの子が実は魔力なんか全然ないなら、神殿の青色の落とし子レベルでうっかりで子が出来ちゃう可能性もあるかもしれんが……流石にそれはないよな? (2018-09-05 02:05:50)
      • なんとなく下級貴族は魔力による避妊効果が低い気がする<全体的に魔力が低い上、適性が一つしかないので。 結婚できる=色合わせした結果、魔力の相性が良い → 誕生季が一緒(確率4分の1)の場合、属性も魔力量も自然に釣り合っている=相手を意識して魔力で染めなくても、染まっている状態に近いという流れで。  子供を作る気はなかった青色が、灰色や青色の間に、子供を作ってしまうのと類似ケースではないかな(リリーの子やグレーティアなど) (2018-09-05 06:41:12)
        • 勿論、二人の適性が同じかどうかは知らないけど。無作為で選んでも夫婦が同適性の確率は4分の1だから、色合わせのふるいをかけたら、結構高確率で同適性となってても不思議ではないかと。 (2018-09-05 06:44:34)
        • ちなみに神殿の青色は、上級や中級の家の子が、家格に合わない魔力レベルだった場合に預けられるケースが多いので、下級より適性数がある者も、下級同等以上に魔力がある者も普通にいる。魔力圧縮しない分だけ不利だけど、元の差があるから。 (2018-09-05 06:57:02)
          • 上級に足りなくても中級に足りる場合は養子に出す場合もあるらしいから、神殿にいるのは中級未満、養うだけの財力がある下級以上ってところじゃね? その場合適性数は1か2だな。元の差は成長期の魔力圧縮であっさり覆されるだろ。 (2018-09-05 22:13:25)
            • 一応、ベーゼヴァンス(上級貴族の息子)やクリスティーネ(上級貴族の娘(ふぁんぶっくQ&A))のような例もあるから。 「その家にふさわしい魔力がなければ、洗礼式前に格下の家に養子に出されたり、神殿に預けられたりする(第166話)」の並列表記でフェルが説明しているから、上級貴族でも養子に出されず神殿行きになる子供はいるかと。  青色を養うのはかなりの費用が掛かるので、絵本・カルタ・トランプの購入状況(第227話、第386話他)やコンラート状況(第337話)や中級出身の孤児院残留組状況(第540話)から考えるに、上級~上位中級⇒青色or養子、中位中級⇒青色or養子or下働き、下位中級~中位下級⇒下働き、下位下級⇒見殺しというところではないだろうか。 ……フェルの家庭事情精通範囲から考えても、並列表記となる主対象は上級階級がメインかと…… (2018-09-05 23:40:41)
            • フリーダが貴族院にいかなくても(=魔力圧縮をしなくても)成人時に下級と中級の間になる(ふぁんぶっくQ&A)とのことだし、ロゼマ圧縮法を用いない下級貴族の魔力圧縮だと、生まれの差を逆転して引き離すほど、大きな差はうまないのではないかな。 特にシッカーク達は下級の中でも最底辺の方だから、中級出身の青色より低い魔力量の気がする。 (2018-09-05 23:41:38)
              • フリーダは元々マインより魔力量が多かったんじゃなかったっけ? マインは魔術具がなくて自分で圧縮する方法を見つけ出して、圧縮しまくってたから馬鹿みたいに増えただけで。 (2018-09-06 01:10:08)
                • 確か元はマインより強い筈。 ただヘンリックと契約して魔術具を安定確保できたのが5~6歳(第169話)だから、5歳になって季節一つ(05年秋)で力尽きた上、それ以前に何度も死にかけていたマインと大幅な差はない気もする。  少し強めの中級貴族程度のディルクが赤子段階で死んでもおかしくなかったから、二人とも良くて中位中級? いずれにせよ、それだけマインの圧縮が、命がけ&効果的(第242話)だったということだね。 (2018-09-06 08:06:15)
  • アウブ・アレキサンドリアの覚えが悪い文官として今後微妙な立場になるだろうな。フィリーネがアレキサンドリアに移籍するまでは上司が配慮するかもしれんが、それ以降はどんどん閑職に追いやられそう。 (2018-12-13 07:52:25)
    • ……なぜにシッカークがアウブ・アレキサンドリアの文官? ロゼマの側近ではないし、印刷事業に関わっている描写もないし、アレキサンドリアの領地業務に至っては全く関係ないが。 (2018-12-13 08:18:53)
      • 敢えて言うなら、アウブ・アレキサンドリアの文官の親族。但し、当の本人(フィリーネ)から見切られ済。という評価だと思うが。 (2018-12-13 08:22:06)
      • いや元コメは「アウブ・アレキサンドリアの覚えが悪い『エーレンフェストの』文官」って意味っしょ…アウブアレキの文官な訳ないので。アレキとの繋がりを重視するエーレンフェスト内で閑職に追いやられそうって話では。 (2018-12-13 14:04:10)
        • 覚えがめでたいの逆を表現したかったということ?<覚えの悪い / 職場の貴族達は、親子問題とか気を見る能力の問題とかで片づけてそうな気がするが。 何せ別離当時ですら、文官達の職場では「聖女の慈悲を上手く利用した下級貴族(フィリーネ)」という評価だったし。 ただ、職場(文官の立場)ではなく、親族や派閥における立場なら、間違いなく悪いだろうし、今後改善する余地もないだろうね。<シッカーク (2018-12-13 19:45:24)
          • 「覚えがめでたい」は「覚えが良い」とも言うので、逆は「覚えが悪い」であってるぞ。この場合の「めでたい」は「称賛に値するほど素晴らしい」と言う意味なので、表現的には「めでたい」の方が強いけど。 (2018-12-14 03:20:36)
            • 【世間の】評判のときは良し悪し両方で使うけど、【上の人(個人)の】評価の場合は悪い方は使わないかな。そもそも悪いがセットになる覚えの使い方は圧倒的に「理解力とか記憶力とか」の方だけど。……まあ、日本語慣例用法をとやかくいう場所でもなし。そういう意味で言いたかったの?の確認レベルで済ますのが良いのでは? (2018-12-14 07:56:24)
              • 脱線してるから最後にするけど、この「覚え」は「他人からどう思われているか」、つまり「他者からの評価」のこと。「世間の評判」も「目上の人からの評価」もここから派生した意味なんだよ。評価の程度を表す言葉も「良い」「悪い」であっている。「めでたい」になると強調表現だから、「信用を置かれている」とか「可愛がられている」とか、悪い意味の「依怙贔屓されている」と言うニュアンスが付いてきたりするけれど。 (2018-12-14 20:59:31)
    • ロゼマとフィリーネが転出した後は、むしろ楽になるのでは? エーレンがアレキ属国みたいな雰囲気になるならともかく、そうはなるまいし。 (2018-12-13 14:44:13)
      • ファンブック3によれば現在カッシークは当主ではなく、亡きテレージアの娘であるフィリーネの代理らしい。成人したフィリーネが相続放棄してアレキサンドリアに栄転するのに、祝儀を包んだりと臨時の支出を強いられる可能性がある。当主に成れるメリットもあるが、まだ子の魔術具を得られてないのだし生活苦は続きそうだ。 (2018-12-14 03:05:05)
        • それ以前に、フィリーネが成人して正式な当主になれば相続できるようになるので、家財を買い取らざるを得なくなる可能性がある。じゃないと他人に売却されて追い出されかねない。フィリーネがやるかどうかは別だけど。 (2018-12-14 03:28:41)
          • 「縁を切りたい」と考えていたフィリーネならやらないかもしれないが、その庇護者であるエルヴィーラならば絶対ふんだくるはず。フィリーネにしても「ローゼマイン様に借金があるのでしょう?領地を移る前に精算できるようにしなくては!」と上級貴族に断言されたら従わざるを得ないと思う。「相続放棄してカッシークを正式に当主にするため」というもっともな建前もあるので、カッシークも相応の相続放棄料をフィリーネに支払わざるを得ないだろう。フィリーネは父親を路頭に迷わせたいとまでは思わないだろうが、エルヴィーラは辣腕。死なない程度にきっちり回収するのでは? (2018-12-14 19:42:42)
            • 1年の冬だけで小金貨2枚以上稼いだフィリーネに借金はあるんだろうか? (2018-12-14 22:21:41)
              • 図書館登録料分の返済については何も書かれていないなそう言えば。ヨナサーラに盗まれた分は天引き済みの金額だったとは思うが (2018-12-14 23:39:36)