ユルゲンシュミット国王

概要

ユルゲンシュミットの国王。「ツェント・人名」と呼称する。
本来は、グルトリスハイトを持つものがツェントの資格を有し、その中から選定される。

ツェントの一覧

第n期についてはグルトリスハイトのページの記載に準拠

人物 年代 備考
初代ユルゲンシュミット国王 第1期 神殿長を兼任。メスティオノーラの書を写しとる許可を得た
ダンケルフェルガー出身の王 3期以前 歴代ツェント。ダンケルフェルガーの歴史書に登場
王族を創始した女王 第3期 地下書庫の奥をツェントの一族として登録された者以外、
立ち入れないようにした。
抗議した者を粛清した。
図書館の白黒シュミルを作成した「ひめさま」と推定される
王族の居住地をエアヴェルミーンのいる「聖地」から「中央」へ移し、
転移陣でしか移動できないようにした。 *1
オイサヴァール 第4期または第5期
(400年程前)
四百年ほど前の時代を統治
ハイルアインド 第4期または第5期
(400年程前)
オイサヴァールの次代ツェントでランツェナーヴェ初代国王の兄弟
ランツェナーヴェ(トルキューンハイト)とアダルジーザの取り決めをしたと推定される。
ボースガイツの侵攻を退けアイゼンライヒを
解体した王
第4期から第6期
(200年程前)
二百年ほど前の時代を統治
中央神殿を建立した王 第5期 ひ弱な子供のために中央にある住居のそばに神殿を立てる *2
中央神殿で神事を行ったひ弱な王 第5期 *3
グルトリスハイトの魔術具を作成した女王 第5期 溺愛する息子にツェントを継がせるために属性が一つ足りなくても
使える魔術具グルトリスハイトを作成する *4
グルトリスハイトの魔術具を作成した女王が
溺愛する息子
第6期 グルトリスハイトの魔術具でツェントを継承する
グルトリスハイトの魔術具継承と、それによるツェント継承が、本来と異なる特殊事例であることと、
グルトリスハイトの魔術具の継承者が死亡した際に、魔術具が地下書庫の奥へ返ることを子に伝えなかった *5
グルトリスハイトの魔術具を作成した女王が
溺愛する息子の息子
第6期 グルトリスハイトの魔術具でツェントを継承する
グルトリスハイトの魔術具が親から子へシュタープで魔力を通して継承する物だと考え、地下書庫へ行かなかった。
自身の子にも魔術具を継がせた。 *6
前ユルゲンシュミット国王と同一人物の可能性有
前ユルゲンシュミット国王 第6期 先代ユルゲンシュミット国王。故人。
前王の第二王子を次代に指名し、魔術具のグルトリスハイトを譲った
(前ユルゲンシュミット国王
の第二王子)
第6期
(政変の切欠)
病床の先代ユルゲンシュミット国王から魔術具のグルトリスハイトを継承するも、即位前に暗殺される。故人。
その死と共に、魔術具のグルトリスハイトは地下書庫奥へ戻った。 *7
一時的に魔術具のグルトリスハイトを所持していたが、即位前に暗殺されたので公式には王であった期間はない。
トラオクヴァール 第7期
(政変~15年春)
当代ユルゲンシュミット国王。前国王の第五王子。
政変の結果、グルトリスハイトを所有しないまま王位に就任
ローゼマイン 第8期
(15年春)
エアヴェルミーンに任命されて、神々の祝福を受ける
授かった神々の御力でユルゲンシュミットの礎を染めたことで魔力的にツェントとなる
ローゼマインが礎を染めたことは秘匿され、公式には王として即位していない
エグランティーヌ 第8期
(15年春~)
女神の化身よりグルトリスハイト(フェルディナンド製)を授かり、即位する。
ツェントを世襲する王族の特権を廃し、ツェントの継承制度を古代の方法に戻す使命を帯びている
ゲゼッツケッテ 不明 歴代ツェント。領主候補生の移動に関する法を制定

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。