初代ギーベ・グレッシェル

初出:第322話 (先々代アウブ・エーレンフェストの弟として登場)

家族構成

父:四代目アウブ・エーレンフェスト
第一夫人:ガブリエーレ
 息子:ガブリエーレの長男 (グレッシェルの跡継ぎ候補だったが早くに死去)
 娘:ヴェローニカ
  孫娘:ゲオルギーネ
   曾孫娘:アルステーデ
    玄孫娘:ベネディクタ
   曾孫:ヴォルフラム
   曾孫娘:ディートリンデ
  孫娘:コンスタンツェ
   曾孫:リュディガー
  孫:ジルヴェスター
   曾孫:ヴィルフリート
   曾孫娘:シャルロッテ
   曾孫:メルヒオール
 息子:ベーゼヴァンス (前神殿長)
第二夫人(元第一夫人):初代ギーベ・グレッシェルの妻 (前ライゼガング伯爵の娘)
 子:※ガブリエーレ輿入れの時点で二人の子が居た
 娘:エルヴィーラの母 (ヴェローニカの異母姉)
  孫:ギーベ・ハルデンツェル
  孫娘:エルヴィーラ
   曾孫:エックハルト
   曾孫:ランプレヒト
   曾孫:コルネリウス
   曾孫娘:ローゼマイン
 息子:二代目ギーベ・グレッシェル (ヴェローニカの異母弟)
  孫:ギーベ・グレッシェル
   曾孫娘:ブリュンヒルデ
   曾孫娘:ベルティルデ
兄:先々代(五代目)アウブ・エーレンフェスト
 甥:ボニファティウス
 甥:先代アウブ・エーレンフェスト

父方の親戚
叔母:グレートヒェン

地位

階級:領主一族→上級貴族

作中での活躍

先々代アウブ・エーレンフェストの弟。次期領主と目されていた。
領地対抗戦を観戦した際、ガブリエーレに優しくしたことで惚れられる。
ガブリエーレの輿入れによってライゼガング伯爵家の娘を第二夫人に押し出すこととなったため、騒動を懸念した当時の領主から領主候補を外される。 *1
当時の領主直轄地を与えられギーベ・グレッシェルとなった。 *2
ガブリエーレ輿入れの時点で、第二夫人に押しやられたライゼガング伯の娘との間に2子があり、この子供たちは領主候補生として育てられていたが、同時に上級貴族へ落とされた。何人もの領主候補生が一斉に上級貴族に落ちたためエーレンフェストは一時的に魔力不足に陥り、下町エントヴィッケルンが先送りされた原因となった。 *3 この2子のうち一人はハルデンツェル伯爵家に嫁いだエルヴィーラの母であり、もう一人が男子であったことが判っている。 *4
ガブリエーレの死後、第二夫人は第一夫人に復帰し、ガブリエーレの長男が早逝したこともあり、ライゼガング伯の娘との間にできた息子(ヴェローニカの異母弟)を二代目ギーベ・グレッシェルとした。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 四代目は推定父親では? - 2015-12-10 10:28:34