ギーベ

ギーベは、領地内にある、直轄地以外の土地の管理を任された貴族のことである。

対象

本ページの説明対象は、この背景色で記された階級である。

ユルゲンシュミット内組織階層
序列 階級 別称 最終承認者 任命対象 土地の広さ
1 ツェント 前任の王 (本来はグルトリスハイト取得者) ユルゲンシュミット全体
2 アウブ 領主 ツェント 各領地の領主候補生 領地全体 大・中・小3段階存在
3 ギーベ 伯爵 アウブ 各領地の上級貴族 領地内分割
4 子爵 各領地の中級貴族
5 男爵 各領地の下級貴族

概要

領主から土地を下賜された陪臣に相当する。「ギーベ・地名」と呼称する。
土地の大きさに応じて任される貴族の階級が異なり、
上級貴族のギーベは「伯爵」、中級貴族のギーベは「子爵」、下級貴族のギーベは「男爵」の爵位で呼ばれている。
爵位は土地に付属しており、伯・子・男の位が存在する。(公・侯の爵位は存在しない)*1
ギーベ以外に爵位を持つ貴族はいない。土地の広さと爵位と上級・中級・下級は連動している。*2

ギーベの一覧

『人物, ギーベ』のタグを含むページを一覧表示しています。