灰色神官

灰色神官とは、神殿に務める平民の男性である。女性の場合は灰色巫女と呼ばれる。


概要

他の仕事に就けない孤児たちの主要な就職先で、青色神官や貴族に仕えるため教育される。
灰色神官・灰色巫女である間は結婚できない。 *1
金銭で身柄を取引され、出来る事の内容で金額が変わる。
孤児院の赤子は産んだことのある灰色巫女が管理していたが、前神殿長に売り払われたため、育児についての知識が途絶えていた。
神殿長が変わってからは、領主の娘のローゼマインが灰色巫女に役職を与えているため、貴族間に供給される数が極端に減っている。
その一方で、ローゼマインによる教育と工房勤務経験により、灰色神官・巫女としての金銭価値が高まっている。 *2

マインが孤児院長となることで、孤児院で生活する者達の生活環境が劇的に変わった。
その為、孤児院の者は、ローゼマインがいなくなることを極端に恐れている。 *3

情緒面と教育面でお互いに良い影響を与え合うことを目的とし、エーレンフェストの神殿の灰色神官達を、毎年四、五人ほど入れ替えでハッセの小神殿に送り出している。 *4
情緒教育の成果かどうかはともかく、ギルの機嫌と、ローゼマイン工房の灰色神官達の食事への心待ち度で、ローゼマインが神殿にいるかどうかが判断できる。 *5

灰色神官・灰色神官見習いの一覧

エーレンフェスト神殿組


ハッセ小神殿組

灰色巫女・灰色巫女見習いの一覧

エーレンフェスト神殿組

  • イェニー (灰色巫女(側仕え)→故人)
  • ロジーナ (灰色巫女(側仕え)→還俗(ローゼマインの専属楽師))

ハッセ小神殿組

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。