青色神官

青色神官とは、神殿に務める貴族の男性である。女性の場合は青色巫女と呼ばれる。


対象

本ページの説明対象は、 この背景色 に分類される存在である。

神殿内組織階層
序列 分類 役職 呼称 性別 備考
1 青色 神殿長 神殿長 不問 神殿の長に就任した青色を指す。聖典及び聖典の鍵の管理者でもある
2 神官長 神官長 不問 予算や人事等の神殿実務の取り纏めに就任した青色を指す
3 孤児院長 孤児院長 不問 孤児院の長に就任した青色を指す
- 青色神官 (成人)男性 建前上は平等だが、実家の権力のよる序列が存在する

領主の示達により、貴族の身分のまま職務として配属されたものは、
貴族階級によらず、貴族院に就学しなかった青色よりも上位
青色巫女 (成人)女性
青色神官見習い (未成年)男子
青色巫女見習い (未成年)女子
4 灰色 筆頭側仕え 筆頭側仕え 不問 青色の側仕えの取り纏め。主毎に存在
5 側仕え 側仕え 不問 青色の側仕えになった灰色神官,灰色巫女,灰色神官見習い,灰色巫女見習いを指す
6 - 灰色神官 (成人)男性 神殿業務に従事する、成人後の孤児達
灰色巫女 (成人)女性
7 - 灰色神官見習い (未成年)男子 神殿業務に従事する、洗礼後、成人前の孤児達
灰色巫女見習い (未成年)女子
8 洗礼前 - - 不問 孤児院で生活する、洗礼前の孤児達

概要

青色神官は平民から見れば貴族同然であるが、フェルディナンドのような例外を除いて貴族院を卒業していないため貴族の称号は与えられておらず、正確には貴族の血を引き、魔力を持つ者である。 *1
日常的に神具に魔力を注いで溜めこみ、土地に魔力を込める癒しの儀式を行ったりする。
貴族も上級貴族の方は魔力が強く、下級貴族は魔力が弱い傾向がある。そして、金もない貧乏貴族は生まれた子供全員のために魔術具を準備できないため、魔力の多い跡取りだけ家に残して、他の子供は神殿に預けるということも珍しくはない。
そういう経緯で預けられた場合は魔石の入った魔術具を持たないため、魔術を扱えず、神具を持たずに祝福を与えることができない。 *2
また、洗礼前の幼い貴族の子供が、成人の青色神官を後見人として匿われたりすることもある。 *3
青色神官や巫女には神からの恵みである衣食住を下の者に分け与える義務があり、側仕えに部屋と衣を与え、共に生活する。 *4
青色神官はそれほど魔力が強くないため人海戦術で神事をこなしていた。
しかし中央の政変で貴族の数が激減して、幼い見習いが実家に呼び出され、結婚が可能な年若い神官や巫女が貴族社会へと戻っていった。 *5
さらに各領地から中央へ青色神官たちが集められたため、10人ほどに減り、エーレンフェストは中央の神殿で必要とされる魔力量に満たない者ばかりで一人一人の負担が重くなっていた。 *6
平均5~6人の側仕えを召し抱え、青色神官の寄付や生活費で神殿の人員を維持している。 *7
青色神官は神殿で子供ができると、貴族社会には戻れない。 *8
第二章開始までに残ってる青色巫女はいなかった。

生活

基本的に神殿で暮らす。冬の奉納式のために、日常的に神具へ魔力を奉納する。
神殿の収入は、領主から与えられる奉納金、儀式の際の平民や貴族のお布施、青色神官の実家が負担する支援金になっている。
寄付金の5割が神殿の維持費として使われ、残りは青色神官に分配される。
一年に何度もある儀式の度に、商業ギルドを通して下町からお布施が集金される。
季節の初めの季節の日に、平民の洗礼式が行い、子供達を登録証に登録していく。
洗礼式の翌日に会議を行い、貴族街の洗礼式をいつどこで行い、誰を派遣するか決める。春は祈念式の派遣先、秋は収穫祭の派遣先も取り決める。
貴族の洗礼式ではお礼金をもらえるため、神官にとって貴重な収入の機会。
トロンベなどで土地が枯れて癒しの儀式を行う必要がある領地では、魔力の高い者は貴族の洗礼式に行かず、騎士団の召集のため待機していることもある。通常の神官は回復薬を持たないため、魔力の回復を待ちながら数日かけて土地を癒やす。
季節の終わりの季節の日に平民の成人式を行う。
春の祈念式は重要な神事ではあるが、農村の冬籠りが終わった後で、側仕えを含めた一行の食事を全て準備できるほどの食料がまだないため、穀物や油などはある程度持参する必要があり、行きたがらない。土地持ちの貴族には小聖杯を渡す。
秋の収穫祭では文官と共に向かい、受け取った寄付の作物を文官に城へ転送してもらう。また、小聖杯を回収する。
取り分の作物は城からそれぞれの実家へと運ばれ、それを受け取るために実家へと里帰りする。実家では基本的に世話する者はつけられないため、仕えている灰色神官達を連れて行く。
受け取る際は神殿へ大きな荷物がたくさん出入りすることになるため、順番を決めて運ばれる。この作物が青色神官の冬支度になる。
冬は奉納式を行い、聖杯に魔力を籠め、一年かけて神具へ籠めた魔力を小聖杯へと移し変える。

特殊な例として、クラッセンブルクでは、神話を元にした演劇が領地内のエンターテインメントとなっており、青色神官や青色巫女が演じている *9

エーレンフェスト神殿における青色人数

第二章開始時点での人数推定
  • 寄付金の分配は5割が神殿の維持費、残りが青色神官に分配される *10
  • マイン初回の寄付金は小金貨5枚(500万リオン)
  • マインの分け前は大銀貨1枚と小銀貨6枚(16万リオン) *11
  • 500万 / 2 / 16万 = 15.625 → 全15人と思われる
  • 神殿長、神官長、マインを除くと12人?

実際には、寄付金を均等割りされず、地位によって多少の差がある *12 上、神殿長の権力下での分配だった為、
神殿長>>(フェルディナンド≧)神殿長の腰巾着>>他の青色神官達>>ローゼマイン
となっていたと推測されるため、上記算出人数は上限値。

人数推移
時期 青色神官・巫女 青色神官見習い・巫女見習い 備考
政変による粛清前 20人程度 *13 神官見習い:1人 *14 以上
巫女見習い:1人 *15 以上
トータルで30人程度? *16
07年夏の始め 神官:神殿長+10人程度 *17
巫女:0人
0人 *18
07年夏~08年春 (変動無) 神官見習い:0人
巫女見習い:1人 *19
08年夏~13年春 神官:神官長+10人程度 *20
巫女:0人
神官見習い:0人
巫女見習い:1人 *21
13年春 神官:+1人 (変動無) ハルトムート追加 *22
13年秋 神官:-1人 (変動無) エグモント除名 *23
13年冬の初め 神官:-1人 (変動無) フェルディナンド除名 *24
13年冬の粛清~14年春 神官:神官長+5人程度? *25
巫女:0人
(変動無) 粛清で実家が旧ヴェローニカ派の神官が神殿を去る
13年冬の奉納式限定で
コルネリウスダームエル追加 *26
14年春(祈念式前) 神官:+1人 (変動無) フリターク復帰 *27
14年春(祈念式後) 神官:+1人 神官見習い:3人
巫女見習い:3人
メルヒオールの側近文官追加
メルヒオール追加
洗礼式後・貴族院就学前の
旧ヴェローニカ派の子供達追加(ニコラウス含む) *28
14年夏~14年冬 (変動無) 神官見習い:3人
巫女見習い:4人
フィリーネ追加 *29
14年冬~15年春 (変動無) 神官見習い:5~6人
巫女見習い:4人
ディルクベルトラム追加
コンラートも追加された可能性有
15年春 神官:-2人 神官見習い:5~6人
巫女見習い:3人
クラペッヒ死亡 *30
ハルトムート除名
ローゼマイン除名

青色神官・青色神官見習いの一覧

エーレンフェスト

貴族院就学組
  • メルヒオール (第540話より。領主命令でローゼマインの後任となるべく教育を受ける。15年春から神殿長就任)
  • ハルトムート (第473話より。領主命令でフェルディナンドの後任を務める。13年冬~15年春の間、神官長就任)
  • フェルディナンド (還俗済/領主命令で神官長を務める。13年冬に神官長退任)
  • メルヒオールの側近(内一人は15年春から神官長就任)
  • ディルク (領主を後見人とした孤児扱い)
  • ベルトラム (領主を後見人とした孤児扱い)
  • 粛清で子供部屋残留となった2名 (貴族院就学前提の青色神官見習い)、内1人はニコラウス

  • シキコーザ (元青色神官見習い/還俗後は神殿に関わっていない)

貴族院非就学組
  • ベーゼヴァンス (08年春まで神殿長就任。処刑済)
  • エグモント (第449話で捕縛・除籍)
  • カンフェル
  • クラペッヒ (ライゼガング寄りの中級貴族出身。ローゼマインとの接点少 *31 。15年春にゲオルギーネによって殺害される)
  • コンラート (洗礼式の後、フィリーネの援助で青色神官見習いに就任)
  • フリターク
  • グレーティアの実父(神殿に残留しているか否かは不明)
  • 元々中立だったが、カンフェルらの様子を見て神官長の下で神殿業務をするようになった青色神官数名 *32
  • シキコーザの一族と仲が良かった青色神官3名の内、エグモント以外の2名 (実家が旧ヴェローニカ派) *33
  • 暴言を吐いてハルトムートに短剣の柄で殴られた青色神官 (旧ヴェローニカ派) *34

中央


青色巫女・青色巫女見習いの一覧

エーレンフェスト

貴族院就学組
  • ローゼマイン(08年夏~15年春の間、神殿長就任)
  • フィリーネ(第570話より。ローゼマインの孤児院長後任として引継ぎを始める)
  • 粛清で子供部屋残留となった2名 (貴族院就学前提の青色巫女見習い)


貴族院非就学組


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 他の青色神官からの寄付金が考慮されてないのもあるけど、前神殿長は青色神官への配分の半分を自分で取ってあとは都合のいい腰巾着に取り分を多く与えていた(181話)ので、計算では人数を割り出せないかと - 2015-12-12 01:38:14
    • 「これは君が持ってきた寄付金だ」と神官長が言ってますし、受領したのも神官長なので神殿長の自由には出来ないのではと思います。確実だとも思いませんが目安にはなるかと - 2015-12-12 09:10:06
  • 前神殿長と中央の神殿長がいるのにローゼマインがいない - 2016-03-25 19:49:38
    • フェルディナンドの職種の変遷からローゼマインを青色(本来貴族と見なされない存在)に入れない方がよいという考え方があります。これに従うとハルトムートをこの表から外すべきとなりますが。 - 2016-03-25 20:51:06
      • ハルトムートは神官長になる前は数か月は正式に青色だったんじゃないの - 2016-03-25 21:16:50
      • そうするとメルヒオールが青色になってしまうのでそこら辺のところがどうなっているのか難しいですね - 2016-03-25 21:54:58
      • 貴族とみなされないのは条件じゃなくて状態じゃない。初代国王は神殿長だったし - 2016-03-27 21:40:58
        • 青色神官であることと貴族であることは別と考えたほうがいい。通常は、領主によって貴族が刑罰として青色神官に落されれば自動的に貴族としての資格も停止されるが、領主の命令で貴族の資格を維持したまま青色神官になることも可能ということだろう。そもそも、貴族の資格を持たない青色神官とは格が違う上に扱いが異なる。 - 2016-03-28 09:40:22
          • 他の領地では、現在は「貴族が青色神官になる」=「刑罰として左遷され貴族としての資格を失った」という扱いだからね。 - 2016-03-28 09:46:13
            • 資格を失うってどこ? - 2016-04-29 07:12:29
          • 資格の停止って表現あった? - 2016-04-29 07:11:33
            • トラウゴットが辞任したときにリヒャルダが「貴族としての位を剥奪し、神殿にでも入れて反省させた方が良い」って言ってたから貴族でなくなる場合はあるのだろうね。ただ作中だといろんな理由で貴族のまま神殿に入ってる人が結構いるからどのケースが例外に当たるのかはわからないよね。 - 2016-05-02 00:00:07
              • それだと神殿に入るや青色神官になる事が剥奪とイコールと表現されていない。 - 2016-05-02 12:17:35
              • こういう意味だと思うのだが→「貴族としての位を剥奪した後、その後の処遇は神殿にでも入れて反省させた方が良い」 - 2016-05-02 23:40:47
  • 第二章開始時点での人数だけどベンノとの会話で10人くらいと書いてあるから先ずはそれを書いた方が良いんじゃないかな。計算式の補足になるだろうし。 - 2016-05-07 23:12:59
  • 神殿長の服は白なので青色神官には含まれないと思います。あと概要の1行目に青色神官≠貴族と書いてあるが本文で言及していないはず。 - 2016-05-12 22:15:45
    • ……? 引用のお話(第119話 マイン十進分類法)内のマインとフェルの会話でフェルが明言している内容だと思いますが。<一部例外を除いて、(貴族院を卒業していないので)貴族ではない - 2016-05-13 02:01:26
      • 仰る通りですね、失礼しました。 - 2016-05-13 08:16:48
  • 読んだ限りでは「神殿」=「貴族の落ちこぼれの就職先」、落ちこぼれは神殿行きだが神殿にいるからといって落ちこぼれとは限らない - 2016-05-13 01:38:53
    • その通りですね指摘ありがとうございます。 - 2016-05-13 08:18:07
  • 元だけど、グレーティアの両親どっかに反映できれば... - 2016-05-21 22:00:58
  • メルヒオールも誓いの儀式と青の衣を受け取ったので青色神官になったと思うよ。 - 2016-05-21 23:42:37
  • ディルクがいるけど、むしろコンラートじゃないかな.., - 2016-06-23 14:16:43
    • ディルクとベルトラムは、青色見習いとしての部屋と家具の選定済、コンラートは成長して魔力が増えたら部屋取得希望<「第578話 ディルクとベルトラムの洗礼式(の真ん中位の記載)」 - 2016-06-24 19:55:53
  • グレーティアの実父だけど、グレーティアが中級だから両親も中級相当で、中央に取られてるか実家に帰ったんじゃない? - 2016-11-02 21:54:58
  • 神殿って嫌われていて女性貴族が特に立ち入る場所でないと言われているけど要は女を買う場所扱いだよな - 2017-06-02 09:33:32
    • 特に神殿長が処分される前は神殿長はいわば人材派遣、もしくは奴隷商人、風俗店の経営者だったわけだ - 2017-06-02 09:35:24


*1 第119 マイン十進分類法

*2 第181話 星結びの儀式 下町編

*3 第171話 閑話 私とフラン

*4 第87話 与えるべきもの

*5 第78話 プロローグ

*6 第69話 ベンノのお説教

*7 第92話 神官長の言い分とわたしの決意

*8 第92話 神官長の言い分とわたしの決意

*9 本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく2 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン

*10 第80話 巫女のお仕事

*11 第87話 与えるべきもの

*12 第80話 巫女のお仕事

*13 第69話で「常時20人ほどいる」/第197話で「学校の教室位の広さのある会議の間に、青色神官10人程が全員そろっているのに、テーブルは半分も埋まっていない」

*14 シキコーザ

*15 クリスティーネ

*16 第92話 青の衣は08年夏の倍以上の人数がいたが、十数人がエーレンフェスト神殿から去った。/ふぁんぶっく 神殿見取り図より、「男性階と女性階の部屋割りがほぼ同じ場合、神官や巫女用の部屋は90程度存在する」ことになるが、神殿の本来の役割から、神官または巫女一人につき、本人用と側仕えや護衛騎士用で複数の部屋を確保する前提で、部屋数が決められたものと思われる。従って、ローゼマインの例(=本人+護衛騎士2部屋で計3部屋)で概算すると神官・巫女30人程度までを想定した部屋数

*17 第66話/フェルディナンドは10人程度の内数

*18 第78話

*19 マイン

*20 第178話

*21 神殿長=ローゼマイン

*22 第437話

*23 第449話

*24 第454話

*25 第525話より「粛清で神殿業務に支障が出る人数まで減少」/少なくとも、第449話で「実家が旧ヴェローニカ派で、シキコーザの一族と仲が良かった青色3人(エグモント含む)+ハルトムートに対してローゼマインに関する暴言を吐いた旧ヴェローニカ派の青色神官1人」+第529話より「フリターク」の計5人は、08年夏時点にいた10人程度の青色神官から除外されたと推定される

*26 第530話

*27 第537話

*28 第530話及び第540話

*29 第570話

*30 第629話

*31 第629話より、執務能力や魔力量の問題で執務室や奉納式で顔を合わせることが少なかったとある為、後述の「神官長の下で神殿業務をするようになった青色神官数名」に含まれない

*32 第243話より複数名。第321話より2名の可能性が考えられるが、追加が2名だけだったのは、単純に準備できた魔石の数による制約の可能性もある

*33 第449話

*34 第449話