コメント > フェルディナンド

  • イラスト祭り 2014年06月30日(月) の割烹によると神官長の身長は185~188くらいらしいです - 2015-07-28 20:00:43
  • 痩せ型だか筋肉はついているそうです - 2015-11-21 10:53:09
  • 人間不信で女性不信。 - 2015-11-29 20:15:33
  • 老け顔です - 2016-05-20 00:45:09
  • 騎士団長の経歴がある様なことをジルベスターが言ってました。 - 2016-05-22 11:22:56
  • ジルヴェスターの側近として育てられてはいないのでは? - 2016-06-29 14:59:50
  • 側仕えコースは取ってないと思います - 2016-06-29 15:15:45
    • 文官コースと勘違いしてるんじゃないですかね。 - 2016-06-29 15:20:33
      • 修正しました - 2016-06-29 18:54:29
  • 領主候補生は側近にはなれませんよね?側近ではなく補佐では? - 2016-06-30 00:41:37
  • 〉全属性でない可能性がある グルトリスハイト持ちで選別の魔法陣を起動済だから全属性確定でいいのでは? - 2016-07-01 02:53:23
    • これは「公表してる属性」だから、フェルディナンドが対外的に全属性を隠してる可能性もあるという話ですね。 本人は全属性で確定でそれがその一つ上の欄。 - 2016-07-01 02:57:13
  • 自分の魔力で染まってしまっているローゼマインと闇と光の最高神の名を共有している - 2016-07-02 02:26:08
  • メスティオノーラ書の権利をローゼマインと共有しており凡そ三割から四割の知識を不正なルートで取得している - 2016-07-06 02:10:16
  • 名捧げの石に使った魔石は、自分の体内で作った魔石だったりして? それをローゼマインが手に入れる事で殺さずに10割手に入るとか。 - 2016-07-12 16:36:39
    • あと、名前がクインタなのは、名前を変えずに偽名としてフェルディナンドと名乗ってる可能性がある。マインがローゼマインになったとき契約書の名前が書き換わったのに、魔石が変わらないのはおかしいし、じじさまにもクインタとしか言われてなかったし。 - 2016-07-12 22:19:39
      • …単純に自分の魔石だというのを伏せる為に、クインタの石と言っただけでは? 包んでいる紙をはがして名前を確認した訳ではないし。マインなら、人様の名捧げ石という手紙が同封されていたら、わざわざ紙をはがして名を確認したりしないだろうと考えて、別人と思われそうな名前を記しただけだと思うけど。 - 2016-07-28 02:06:10
    • 一応書いておくけど、体内の魔石はエーヴィリーベの印の事で、作った時期は320話だと思う。 - 2016-07-12 23:23:19
  • 名捧げの石, - 2016-07-12 20:30:55
    • 続きです。521の閑話でヴェローニカに無理矢理縛られたのかと思えた - 2016-07-12 20:36:12
  • 加護の儀式で(その過程で写し取った魔法陣を元に加護取得の儀式の陣を自家製する - 2016-09-10 14:52:06
    • ↑続き:フェルディナbンドも儀式時に確保って、マインの予想では? 貴族院地下書庫とか3割グルトリスハイトで知った可能性もあるのでは? - 2016-09-10 15:00:58
  • たまにスレの方でシュタープ二刀流について話してるけど、騎士コースでは剣と盾を同時に出すのは常識だし(495話)、フェルディナンドは最低でも5つは出せる。(251話) - 2016-10-04 23:08:30
  • なんか、グルトリスハイトに書かれていない事は相手の方に書かれているとお互いに思っていて、そこに作者の罠がありそう。 - 2016-10-11 21:39:45
  • 活躍部が流石に長いな。そのせいで同じ内容が二度出てきてたりするし。結果や変化だけ本文で書いてその経緯は注でまとめたら現状のあらすじ状態はマシにならないかな - 2016-12-15 17:23:00
  • 332話のヴィルフリートの発言から、騎士団長をしていたのは確定かな。 - 2017-01-05 22:51:34
  • 20歳のときの外見年齢ですが>よく25歳くらい、下手したら30歳くらいと間違われるが、20歳である。(第二部プロローグ)>「見たところ22~23だろう? あんまり世間に揉まれてない不慣れな感じだから、もうちょっと若い可能性もあるが……」>でも、落ち着きがあるし、何となく貫禄と言うか、人を使い慣れているところもあるし、「長」なんて位についているんだから、そこそこのお年だと思うんだけど? (84話倒れた理由) ベンノさんは22~23、フェルディナンド自身は25歳によく間違われると言っています。マインがベンノさんと同じくらいだと誤解したのは高い地位と貫禄ある雰囲気が影響しているので外見だけなら30歳に見えるほど老けてはいないと思います。 - 2017-02-12 00:43:21
  • 20歳の時に5歳だった娘と結婚。光源氏だな。 - 2017-03-06 22:50:58
  • 20の頃から面倒見てた5歳児が、後に甲斐甲斐しく自分の面倒見てくれたり心配してくれたりするわけか。家族同然になってもしかたないな - 2017-03-09 18:19:02
  • 完全能力主義のフェルディナンドが一番欲しかったのは、能力や利益関係なく相手を親身になって思いやれる心だったっていうのはなんか好き - 2017-03-11 11:13:22
  • 72話でマインの魔力を受けてもお守りの反撃がなかったけど身につけてなかったの? - 2017-05-09 14:15:47
    • 416話でディッターの前にローゼマインから取り上げるくらいなので、マントくらいしか身につけてないんだろうね。 - 2017-05-09 16:42:13
  • ローゼマインとフェルディナンド様しあわせになってほしい… - 2017-06-26 18:01:03
  • 始まりの庭への出入り禁止は、ローゼマインが祈っただけで、決定はしていないのでは? - 2017-07-04 23:45:37
  • >報告・連絡・相談をきちんとしろと叱るがグルトリスハイトを取得していることを隠匿するなど ←国家レベルの機密を一体誰に報連相できるというのか - 2017-07-24 04:19:51
    • ジルかなぁ。どちらにしろグル典だけでなく、加護の再取得や春の儀式や魔力圧縮などエーレンに大きな利になる地下書庫関連情報も黙っていた時点で秘密主義というより情報を取捨選択できない政治センスとかに欠陥ある人という印象。 - 2017-07-24 17:46:15
      • 報告してたら高みに昇ってたんじゃないの? 地下書庫の事を報告したらグルトリスハイド持ってそうだと睨まれるだろ。 - 2017-07-24 21:53:46
        • ジルに報告したら死ぬとかありえないでしょ。側近排してカルステッドと話すことも良くあることだし、地下書庫に行くんじゃなくてその知識を伝えればいいんだから中央に情報漏洩はまずない。 - 2017-07-24 23:32:19
          • 教えて活用したら、出処は何処だ→ヴェローニカにバレて死亡。加護の再取得は、祝詞だけ教えて子供が年頃になったら分かるようにした感じだと思う。 - 2017-07-25 12:23:44
            • そもそも王族が地下書庫の知識を失っていたと思ってもいなかった(=地下書庫を話題に出すと処刑される可能性があると想定していなかった)し、483話に「12年の領主会議の時にジル・フェルで入ろうとしたが、司書がいないため入れないとシュバルツ達にお断りされた」とあるのだから、ジルに隠す必要性も感じていない。単に、仕入れた有用な情報を、ジルに対して、自主的にホウレンソウする気がないだけだと思う。敢えて言えば、領地の礎に魔力を注ぐときの祝詞は、フェルから先代へのホウレンソウの結果かもしれないけど。 - 2017-07-25 19:27:57
              • 安全になったから報告してるって事で、情報を取捨選択出来る政治センス抜群な人って事だな。 - 2017-07-25 22:14:21
                • 多分↑は自分でも苦しいと思ってるんだろうが、ヴェロ排除後安全になっても加護の再取得や魔力圧縮など有用情報を全く教えていないんだよなぁ。あと、礎の祝詞はフェルが引き取られた直後に加えられたから、フェルの情報提供の可能性は低いかと。グル典入手は貴族院在学時だし。 - 2017-07-25 22:56:51
                  • 魔力圧縮はローゼマインのを教えてる。祝詞は、フェルディナンドを良い魔石に育てるために親が教えた可能性がある。で、再取得は時間が来れば話題になるから問題なし。平和になった→ペラペラ喋りだす性格じゃないし。 - 2017-07-25 23:25:20
                    • なぜローゼマインが後で全て教えることがわかってたのでフェルはそれまで有用な情報言いませんでしたとかいうフェルは未来がわかってました解釈になるの?ひょっとして作者視点で、後でローゼマイン活躍するためあえて秘密にしましたと言ってる?まぁ、正直そう思わざるを得ないほどこの点に関してはフェルが役立たずすぎで、性格というか領地の発展に尽くす義務を放棄してるともいえる。最低でも地下書庫の知識にある魔力圧縮・加護再取得は、ヴェロがいてもジルやカルには知らせるべき情報だ。 - 2017-07-26 01:34:08
                      • 教えるべきって、ヴェローニカが居た時に3人だけでコソコソ出来ると思ってるのか。何を話していたか分からなくても、その状態だけで殺されるだろ。あと、平和になってから話していないという根拠はなんだ?ローゼマインの圧縮を知った途端、アウブにも話すべきだと言ってるのに、自分の圧縮方法を教えてないとかありえるの? - 2017-07-26 06:07:22
                        • [1] ローゼマイン式魔力圧縮方法第二段階は、ジルら圧縮率大幅Up・フェルの圧縮法とほぼ同じでフェルは効果なし(266話)なのだから、フェルが知ったり編み出したりした圧縮方法をジルらに教えたりはしていない。[2] ジルは特殊脱出経路も確保(第451話)している脱出の常習犯で、ジル・フェル・カルのみが貴族人員同行した祈念式(145~149話)はヴェローニカ現役時代。つまり、ヴェロが居た頃も普通に三者密談はしていた。[3] そもそもヴェロが白の塔入り(8年春)してからフェルがアーレンスバッハに行くまで(13年冬)まで5年以上あるけれど、その間ですら加護の取得関係の情報を(お祈りをすれば加護が増えるレベルですら)リークしていない。 - 2017-07-26 06:50:25
                          • 1は、同じ方法でも人によって圧縮率は違う。それにフェルディナンドは無理して圧縮していた。2は読み直しても反論は無いな。その通りだ。 - 2017-07-26 17:19:04
                            • …[1]のポイントは、「ローゼマイン魔力圧縮法第二段階(折り畳み)」は「フェルディナンドが、ロゼマ第三段階(布団圧縮袋)を知るまで行っていた圧縮方法(第266話(※1)、第320話(※2))」とほぼ同じだったのだが、「ジルはその方法を知らなかった(教えて貰っていなかった)」の箇所なのだが……。ついでに言えば、ゲオルギーネがマティアスらに教えた圧縮方法も第二段階と同じ(第577話)で、二人とも自分で服を畳んだりしない領主候補生なのに、その発想に辿り着いていることから、情報元は、領主候補生以上なら政変粛清前は普通に入れていた地下書庫の可能性が高い。<※1「同じようなイメージで魔力を畳むようにして圧縮していた」 ※2「畳むようにして詰め込む方が多く詰め込めることに気付いて、圧縮のやり方を変えた(※3)」 ※3 魔力圧縮を習った当初との対比ででていることと、マイン式圧縮第二段階では圧縮量は大差なしとのコメントがあったことから、貴族院時代の話> [2]は納得してもらえたようで何より。 - 2017-07-26 22:03:59
                              • 人によって相性の良い圧縮方法は違う。フェルディナンド達は折りたたむのが性格に合ってただけ。ローゼマインの圧縮方法が全員に受け入れられるのは、ダームエルという実績と実演の相乗効果。 - 2017-07-27 05:38:27
                                • ???[1]は、「アウブ(ジル)にも話すべきだと言ってるのに、自分(フェル)の圧縮方法を(ジルに)教えてないとかありえるの?」の問いに対して、「フェルは、自分の圧縮方法を、ジルに教えていない」という回答を本編内の表現を引用して示したものなのだが。……まあ、同じような圧縮方法を、フェルもゲオルギーネもローゼマインも他者に説明していて、ゲオやロゼマは説明に成功しているけど、フェルは説明に失敗したという考えもあり得るが……(フェルだしね)。 - 2017-07-27 06:54:16

                    • 横から失礼。グル典とか地下書庫の知識教えないのは中央やヴェロに伝わって殺されかねないからでしょ→側近排してカルやジルと内緒話よくししてるしこの二人とは信頼関係もある。ヴェロは最初から殺意MAXだし、加護や魔力圧縮など中央に伝わることはまずない超有用情報もある→超有用情報だけど、自主的に報告してないんだろうな→(唐突に)安全になったから報告したんだな→ヴェロ排除とかで安全になってもフェルが自主的に報告した事は殆どなし→そういう性格なんだろう→つまりは有用な情報持ってても教えない(報連相しない)性格ということだね と整理した。 - 2017-07-26 01:53:17
    • どちらかと言うと、例がやや極端というケースだろうね。<まあ、印象が強いからあげてあるのだろうけど。どちらかというと、ヴェローニカがフェルやフェル側近やヒルシュールにやっていたこととか、青色神官らが減った後、神殿で抱え込んでいた仕事量とかをジルヴェスターにホウレンソウしていなかったことの方が例として適している。……もっとも、フェルディナンドのホウレンソウ発言は、「自分(フェルディナンド)に対して全ての情報を開示せよ」というのを外聞の良い一般的かつ教育的な表現で言っているだけで、自分が誰かに情報を開示するというのは想定していないというのが実態だと思うけどね。 - 2017-07-25 07:26:01