オルタンシア

初出:第465話

家族構成


容姿

髪の色:淡い水色
000000000
40代くらいで淡い水色の髪が印象的。
エグランティーヌと似たような雰囲気のおっとりとした人。

地位

階級:上級貴族
職種:文官

年齢と属性関連

  • ローゼマイン(3年生)視点で40代くらい *1
  • 洗礼時の属性(適性):少なくとも闇と光 *2

作中での活躍

貴族院図書館に新しく赴任してきた上級司書で中央の上級貴族。
中央騎士団の騎士団長ラオブルートの第一夫人。
クラッセンブルクの出身で、中央へ移動した。
13年冬の貴族院より司書として貴族院の図書館勤務になる。
当初は貴族院の上級司書という役職には乗り気ではなく、ラオブルートが粘り強く説得して就任した。 *3
ローゼマインよりシュバルツとヴァイスの新たな主として登録の変更を行い、更に地下書庫の鍵の管理者となる。
文官であり図書館の司書になるだけあってか、かなりの本好きの様子。
一番最初に地下書庫に行った際には地下書庫に入れるのが王族または礎の魔力供給に登録された者のみであり「しりょうもちだしきんし」だったため、中の本を読む事が出来ずに絶望を表した。

14年春の領主会議の折には地下書庫の開閉や司書の仕事に携わる。
その際にディートリンデを案内しつつ、身を隠しているヒルデブラントローゼマインハンネローレらとその側近に向けて「シュラートラウムの花は今年も美しく咲くのでしょうか?」と意味深な発言を向ける。
その真意を知る事も出来ず、14年冬の貴族院ではソランジュよりオルタンシアは夏から実家に戻っていて臥せっているため貴族院も休みと教えられ、再会する事が出来なかった。

15年春 図書館を訪れたの「はるか高みに上がっていった」という言葉と彼女の魔石によって、同僚のソランジュに死亡が知らされた。 *4

ヒルデブラント王子が夫のラオブルートにシュラートラウムの花」のことを尋ねたため、謀反を密告する存在としてラオブルートに殺害されたのではないかと読者に推測される。


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 一時はヴァイスとシュバルツの主になったので、闇と光に適性はあるんじゃないかな? - 2016-06-05 18:24:23
  • 557話と64で「シュラートラウムの〜」発言をヒルデブランドから - 2017-01-28 08:00:10
    • 誤送信失礼。557話と641話の流れからいくと、シュラートラウムの合言葉で謀反のことをほのめかしたせいで夫に殺されたのでは? - 2017-01-28 08:04:30
      • もし密告しているならアーレンスバッハに聞けとは言わないのでは? - 2017-07-06 08:01:06
  • "本が好き"とローゼマインは認識してるけれど、それが事実かどうかはわからないね - 2017-07-06 08:05:07
  • シュラートラウムの花がトルークの隠語では? シュラートラウムの花が咲くと甘い匂いがする→トルークを使う(火で焙る等?)と甘い匂いがする、トルークの原産地はアーレンスバッハ又はランツェナーヴェ、シュラートラウムの夢=トルークで幻覚症状、意識混濁など - 2017-11-08 16:30:07