バルトルト

初出:第472話

地位

階級:貴族
職種:文官見習い

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+1~+3*1
  • 洗礼時の属性(適性):3以下*2
  • 第五部でヴィルフリートに名を捧げた際、属性が増えた可能性がある*3

作中での活躍

旧ヴェローニカ派の子供。
親が処刑され、連座を逃れるためにヴィルフリートに名捧げをした。
ドレヴァンヒェルと共同で魔木を使った紙の研究をすることになった。
ローゼマイン2年時の領地対抗戦ではシュツェーリアの盾に問題なく入れたことから、この時点ではローゼマインやヴィルフリートに敵意まで持っていなかったと考えられる。しかし親の処刑を契機にヴェローニカに育てられていながら、派閥を裏切ったアウブやヴィルフリートに強い反感を抱き暗躍するようになる。
ヴィルフリートに名を捧げ、命令に反することができないことを利用して、甘言を吹き込んだり、
ヴィルフリートの側近にそれとなく仲間割れを仕掛けたり、ライゼガングの課題として無理難題を押し付けたり、
領主候補生間の情報交換をさせないように手を出したりしていた。



コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 青色巫女見習いの妹がいる可能性 - 2017-07-15 04:29:59
  • 親の処刑+ヴィルの日ごろの言動や扱いに不満を持ったので害意を持つようになったっぽいな。 - 2017-07-16 23:06:03
  • 結局、その後お咎めなしだったのかな?ヴィルが気づいてない可能性もあるけど - 2017-10-03 19:36:09
    • 親の連座で処刑を免れるために「名捧げ」だがらヴィルが解らない場合はそのまま、解っていた場合はお咎めあったかも。 - 2017-10-03 20:33:13
      • ヴィルがわからない場合でもフロレンツィアに気付かれて泳がされているのだから、最終的には何らかの処分はあるだろう。 - 2017-10-05 02:50:11
        • これの結末が読みたい。どうやって始末されたか、に限定されるけれども。 (2018-11-05 13:27:13)
        • さすかにその後の処罰が知りたいが、本人かヴィルかフロレンツィア視点かでしょう。 (2018-12-10 04:04:54)
  • ロゼマとの学年差+3はないんじゃないかな?+3だったらロゼマ3年の時の卒業式後の加護再取得で適正について話が出るだろうし。 - 2018-02-03 18:20:46
    • どうだろうね。おそらく眷属の属性増えはなくて、最初の段階の属性増えのみあるという、ある意味想定外な変化だから、加護取得の儀式直後に、主ではないロゼマに気軽に伝えられなかったという可能性もありうるかと。<話題に出なかったから+3はない? (2018-11-05 19:27:46)
  • 外伝やら書籍版読むと、裏切る気持ちもわかるくらいヴィルと側近がク◯でしたな (2018-11-19 14:03:16)
    • 「気持ち」では自爆テロに近い強烈な裏切りを正当化できません。名捧げ組全員の命を連帯責任で失わせて良い、という判断をしたのは異常な判断。その異常な判断に見合うほどの仕打ちを主が直接的にしたという描写もありません。 (2018-11-19 18:31:06)
      • しかし名捧石作るための魔石採取時に、ローゼマインのシュツーリア盾に入れたと想定すると、反感はあっても害意はない位なのか、名捧げした後に心変わりしたのか、ハルトムートの報告通りとは思えんのよな (2018-11-25 17:47:59)
        • 寮などで旧ヴェローニカ派に冷たくするヴィルフリートの様子を見ていながら名捧げする主に選んだのを、奇異に思っていた。ローデリヒが名捧げ後幸せそうにしているのを見ていても、あえてヴィルフリートに名捧げする方を選んだからには、『次期アウブ側近』の座に目がくらんだのかもしれない。それなのに、他の側近の面々が気を利かせて体面を保てるだけの資金援助をしてもらえていたとは考えにくい。孤立して「下手に欲にかられずローゼマインに名捧げしていれば」と己の失策を悔やむべきなのを、ヴィルフリートへの恨みにすり替えて…という筋立てはどうだろうか? (2018-12-10 08:55:33)
          • ありそうな話ではあるけど、その判断レベルでロゼマを選んだら、トラウゴットの二の舞だよね…。自爆テロなんかせず、嫌いな主に仕えず、素直に領主に名捧げして無難に仕事しとけば良かったのに。 (2018-12-19 15:32:46)