黒の武器の事件

黒の武器による内乱事件

ずっと昔に起きた政変の後、黒の武器で他領に侵攻し、魔力を奪う領主が出た。
周囲も真似て、政変の混乱に拍車がかかり、大混乱に陥った。*1

影響

以後、黒の武器に変化させる呪文(=黒の呪文)は
黒の武器が絶対に必要な魔物が出現する領地の、騎士見習いだけに教えられるようになり、
他の領地では王の定めにより使用禁止となった。

黒の武器とは

闇の神の加護を受けて、魔力を吸収する闇の属性の性質を持つ武器。
闇のように黒く光る。
魔力を込めて攻撃すると、その倍ほどの魔力を奪うことができる。*2

黒の武器が絶対に必要な魔物とは

攻撃した魔力を吸収して成長するため、黒の武器でないとダメージを与えられない魔獣や魔木。
魔物名 出現領地
トロンベ エーレンフェスト
ターニスベファレン 旧ベルケシュトック ダンケルフェルガー*3
アーレンスバッハ*4

エーレンフェストにおける黒の呪文の扱い

以前は、騎士見習いのコースに入る貴族院3年生時には教えられていた呪文だった。
政変で騎士の質が下がり、07年秋のトロンベ討伐でシキコーザの事件が起こり、新人教育の見直しが行われる。
結果、遠征に連れて行けると騎士団の中で合格が出た者だけに教えることになった。
アンゲリカより少し上の学年の騎士見習いは知っている者もいるが、
アンゲリカの年代では合格した成人騎士のみが知る呪文となった。

闇の神の祝詞

黒の呪文と同じ効果を持つ闇の神の祝詞が聖典に載っている。
しかし、聖典は所有者によって可読範囲が違うため、ローゼマインには見えても、中央神殿長には見えていなかった。
その事が、エーレンフェストの採集地が襲われたターニスベファレン事件*5の事情聴取*6で問題となり、聖典検証会議*7に繋がった。



コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。