リュールラディ

初出:第490話

家族構成

姉:フェアツィーレ
叔母:ヨースブレンナーの図書室の鍵を管理している文官
祖母:ヨースブレンナーの古い文献を整理する文官

容姿

髪の色:黄色に近いオレンジ色
000000000
瞳の色:淡い緑
000000000

地位

階級:上級貴族
職種:文官見習い *1

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:同学年 *2
  • 3年生時に得られた加護:適性の大神に加えて、芽吹き *3
  • 加護取得後の属性:少なくとも水 *4

リュールラディ視点の回

第493話 閑話 聖女の儀式 前編
第494話 閑話 聖女の儀式 後編
SS24話 リュールラディ視点 領地対抗戦での決意
SS28話 リュールラディ視点 構想中

作中での活躍

ヨースブレンナーにおける上級文官見習い。ローゼマインと同学年。
領主候補生の側近になれる姉と違って、とても平凡。
おっとりぼんやりしていて領主候補生の側近には向かないので、一つくらいは専門的なことができた方が良いという理由で古い文字を教えられた。
普通の文字より先に古い言葉を教えられたせいで、洗礼式の時に「自分の名前以外の文字が書けない上級貴族」と笑われた。
文官としての仕事は、各地のギーベからの荷物や手紙の仕分けをして、担当部署に運んだり、逆にギーベへ荷物や手紙を送ったりすること。
上級貴族は領主一族の側近になることが多いため、担当者は中級貴族が多い。リュールラディは魔力が多い上級貴族であるため、部署で重宝されている。
独り言を呟く癖があるので、他の人に聞かれたくない時はすぐに隠し部屋へ入ることにしている。
恋物語を読むのが好きで、ミュリエラと仲が良い。
シャルロッテからエーレンフェストの本を借りた。
エーレンフェストとダンケルフェルガーの共同研究の神事に領主候補生の代理として参加した。 *5
奉納式を終えて、周囲の勧めもあって最終試験までお守りを作って真摯にお祈りをした結果、芽生えの女神ブルーアンファの加護を得た。 *6
ミュリエラと話して盛り上がった結果、場の雰囲気に流されてローゼマインとフェルディナンドの切ない恋物語を書くことになった。
モデルを悟られないためにメスティオノーラエアヴェルミーンの恋物語に偽装した恋物語を一年間で書き上げようと頑張っている。

推測情報

姉のフェアツィーレが領主候補生の代理としてローゼマイン1年生次の全領地のお茶会に出席していたことから、領主に近い血筋の上級貴族であると推測される。
また、第622話に登場した「神々の恋物語」がリュールラディの著作ではないかとの説がある。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • トルステンに嫁げば、色々と丸く収まりそう。 - 2017-10-11 03:36:38