ムレンロイエ

初出:第493話

容姿

髪の色:紫
000000000
瞳の色:オレンジ
000000000

地位

階級:領主一族
職種:領主候補生

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+1 *1

作中での活躍

インメルディンクの領主候補生
ダンケルフェルガーとエーレンフェストの共同研究に参加したいとお願いしたが、条件のディッターへの参加を辞退した。
14年冬の親睦会にてローゼマインが中央神殿入りすると蔑みを向ける。
が、ローゼマインが「そのような事実は無いが、自分が中央神殿入りする時は全領地の領主候補生と王族も道連れ」と答えた事で、血相を変えた。

経歴

07年  洗礼式
10年冬 貴族院入学
13年冬 貴族院のお茶会でダンケルフェルガーとエーレンフェストの共同研究に関わろうとするも条件によりインメルディンクは不参加
14年冬 貴族院の親睦会にて下位であるのにもかかわらず上位のエーレンフェストに聖女の中央神殿入りを示唆しローゼマイン
    蔑みを向けるが、厭味に気付かないヴィルフリートからキッパリと否定され赤っ恥をかく

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ヴィルフリートが厭味に気付いていないという描写はなかったと思います - 2017-07-30 20:47:00