魔術具と神具

魔術を行使する道具を記述している。
魔力を一切通さない道具は銀製品参照。


神具

神に魔力を捧げ、その祝福で魔術を行使する道具。
神殿に置かれている神具や聖典は礎を設置する際にツェントが作り出す魔術具の一種である。*1
神殿の神具と、「神の意志」によりシュタープを変形させて構築するものとがある。
本来、神殿の神具は、シュタープで構築する神具の雛形あるいは、シュタープで構築する方法を学習するためのものである。神殿の神具に魔力を通し、神に一定以上の魔力を奉納することで、シュタープで神具を構築するための魔法陣が強制学習される。シュタープで構築する神具は、構築し維持するのに大量の魔力が必要となるため、中級貴族や下級貴族の魔力量では構築することすらできないことがある。

名称 形状 用途/説明 初登場回 ソース
闇の神のマント 星が輝く夜空のように金色が散りばめられた黒の布 夜空を意味する闇の神の象徴
敵の魔力を吸い取り、自分の物にすることができる神具
魔術での敵の攻撃を防ぐために使われる
フェルディナンドはローゼマインに最後の手段や隠し玉として教えた
マントに触れたものの魔力を奪うため、土地にも被害が出ることも
神々が生み出した光の柱にも干渉して吸収できる
魔力に対して非常に強力だが、使用者の魔力容量の最大値までしか吸収できないため魔力を消費してない場合は吸収できないもしくは許容量を超えた魔力が暴走して危険な状態になる。祝詞と組み合わせることで吸収した魔力を神々に奉納することもできる。
395話
光の女神の金の冠 光を表現するように先の尖った細長い棒が放射状に広がっているような金色の冠 太陽を意味する光の女神の象徴
王の継承の儀式では神殿長がこの冠を被って行う
契約の時に使う物で、戦いの最中に使える物ではない
485話
フリュートレーネの杖 大人の手のひら大の緑に透き通った大きな魔石がはめられている
持ち手の部分にも魔石が並べられている
黄金製
雪や氷を押し流す水の女神の象徴
トロンベなどで消耗した大地を癒やすために使用された
最後まで魔力を込めると、薬草や木々もほとんど元通りになる
この杖を使用してルングシュメールの癒しを行うと、辺りにいる人全員を近づかずに癒せる*2
126話
ライデンシャフトの槍 柄の部分が魔石で装飾されている 長く高く成長を促す火の神の象徴
装備できる武器が他に無いという理由から、冬の主シュネティルムとの戦いでローゼマインに使われた
224話
シュツェーリアの盾 直径50-60cm
黄金色
複雑な文様が彫り込まれている
中央に(マインの)手のひらサイズの黄色の宝玉、盾を縁取るようにビー玉サイズの同色の魔石が嵌められている
冷たい冬の到来を防ぐ風の女神の象徴
本編に魔術具として登場しないが、それらしき神具が登場する*3
神官長はこの神具でマインの魔力量を測った
呪文と祝詞で作成した場合、琥珀色・半透明の盾(というよりバリア)で、形状・大きさ・位置を指定して展開できる
使用者と内部にいる者に害意や悪意を持つ人、または害をなす物は侵入もしくは相手を閉じ込めて展開した場合は突破できず、風で吹き飛ばされる
(害意の判定は本人への直接的な意思に限らない*4
敵対的な魔法でも接触しなければ影響はない*5
祝詞由来の祝福は内部から通過できる*6
発動範囲、形状、位置、盾の防御力に応じて魔力消費量が変動する。
神具と呪文による盾両方ともにバリアのような力場が展開され、害意の判定も行われるなど機能的には殆ど差異は見られず双方にどういう違いがあるかは不明。
また、攻撃を受けるたびに、その盾の魔力量よりも威力が高い(近い?)場合、維持し続けるために魔力を消費するらしい
80話
ゲドゥルリーヒの杯(聖杯) 宝石の煌めく黄金に輝く聖杯
ワイングラスのような形状
丸いボウル部分に大きな魔石がはめ込まれていて、ステム部分からプレート部分にかけて、複雑な彫刻と小魔石が並んでいる
ローゼマインでは持てそうもない程大きい、80cmほどの高さ
全てを受け入れる土の女神の象徴
土地の収穫量に直結する魔力を蓄えるバッテリー
大型と小型の聖杯がある
大きな聖杯はアウブの直轄地で使用され、小聖杯はギーベ領で使用される
大きな聖杯は、各農村の冬の館のある土地で行う祈念式で魔力を満たされ、その場で各村長が用意した入れ物に移し替えられる*7
小聖杯は、収穫祭で回収され、神殿で行う奉納式で魔力を満たされ、各ギーベ領における祈念式で、伯爵領に三つ、子爵領に二つ、男爵領に一つずつ配られる*8
収穫量を増やすために、エーレンフェストのギーベは、小聖杯に加えて自身の魔力も注ぎ*9フレーベルタークのギーベは、小聖杯を満たす儀式に参加している*10
奉納式で込められた魔力は赤い液体に、祈念式では緑の液体になる*11
68話
エーヴィリーベの剣 刀身は白の魔石でできている 堅い大地に切りこむ命の神の象徴
雪と氷でできた冬の主の眷属達を生み出す
冬にしか使えなくて、必要な魔力が多すぎるため、使い勝手が悪い
468話
(シュタープで構築する)フェアフューレメーアの杖 大きくて丸い水晶玉のような魔石を中心に、大きく開かれた魚のひれや蝙蝠の羽のような飾りのある杖 ダンケルフェルガーの領主一族の血脈に代々伝わる、海の女神の神具と言われている杖
神殿には置かれておらず、神具としての実物が存在する訳ではない
親が構築した物を見て、触れて、自分の魔力を流すことで作れるようになる
魔力を流すと魔法陣が浮かび上がる*12
変形させる際はフリュートレーネの杖と区別するため、海の女神の記号をシュタープで描いてシュトレイトコルベンを唱える*13
地下書庫の白い石板によると暑さを和らげるための儀式で使用されていた
ダンケルフェルガーではディッターの後で行う儀式で使用される
儀式を行う事で魔力が返還奉納され、祝福を打ち消す効果と鎮静作用がある
487話 488話
497話
500話
(シュタープで構築する)グルトリスハイト <フェルディナンド版>
(神殿の聖典と同じ見た目)
四隅が金細工の装飾で補強され
魔石で守られた大きくて豪奢な本
歴代ツェント版の器の形も本だと思われる
構築する為の神殿の神具と同等の物は貴族院図書館2Fにある英知の女神メスティオノーラの像が持つグルトリスハイト
調べたい項目が勝手に開き、文字が光るので暗い所でも読むことが出来る
必要な魔法陣も開くと同時に浮かび上がる
詳細は個別ページを参照
611話 612話
<ローゼマイン版>
片手で持てる単行本サイズのタブレット型
指先で検索ワードを入れて雑多に詰め込まれた知識を検索できる機能付き
画面が光っているので暗い所でも読むことが出来る
詳細は個別ページを参照
585話

魔術具

魔術を行使するために作られた道具。
作成には、貴族院で学ぶ基礎知識のほか、工芸的な加工技術、専用の魔法陣や各種の魔石素材、大量の魔力が必要になるため、貴族にしか作成できない。
平民相手でも、利があると思えば、魔術具を与えることを躊躇わない貴族は多い。*14
厳密に言えば道具類だけでなく、からお守り類まで広範囲に様々なものを含む。
・街の根幹を守るのは、ほとんど魔術具。*15
・自然から採集できる魔石以外の、オルドナンツの魔石や婚約の魔石なども魔術具。*16
・魔獣の皮や魔木を素材として作成した魔紙も魔術具。*17
  • 名称がないものについては(仮称:)を付けて区別しています

名称 形状 用途/説明 初登場回 ソース
仮称:契約魔術用セット 羊皮紙と青インク 契約魔術に用いる
魔力が込められており、非常に高価
領内用・全国用とグレードがある
平民が持つ契約魔術用のインクは、平民の血に含まれる微量の魔力でも反応するように、作成者の魔力を一度魔石に移し、属性や個々の色合いを除いた魔力で作られる
貴族は魔術具のペンを使って自分の魔力で書くため、インクは特に必要ない
30話
仮称:認証柵 金属製(?)の柵 商業ギルド三階へ至る階段前に設置されている柵
金属製のように見える
認証を受けると、白い光とともに消える
消音機能有り
37話
ギルドカード 金属製(?)のカード
光に当てると虹色に反射する
身分証兼通行証兼決済機能付きカード
商業ギルド三階への通行証であり、商談の際に必ず必要になる
決済機能がついており、ギルドカード同士を合わせるとピンと弦を弾いたような音とともに決済される
魔力で個人認証している
37話
ギルドカードによく似たカード 虹色に輝くカード ギルドカードに見た目も使い方も良く似たカード
決済機能が付いており、カード同士をカチリと音を立てて合わせると決済される
貴族同士での決済に日常的に使われている様子
338話
魔力を測る魔術具 緊箍児にズラリと魔石をはめ込んだような形状 生まれた貴族の子供の魔力量を測る魔術具
リサイズ機能付き
頭に装着させ、魔力を吸い出すと並んだ魔石が色を変えるのでその数で測定する
ディルクの魔力量を測定するために神官長が使用した
155話
仮称:壊れかけの魔術具 不明 本来の機能は失われているが、一定量の魔力を吸い出すことの出来る壊れかけの魔術具
貴族にとって利用価値が無いにもかかわらず、小金貨2枚と大銀貨8枚の価値がある
関連:魔力を溜めこむ魔術具
49話
仮称:フリーダのブレスレット 複数の黒の魔石がはめられたブレスレット ヘンリックからフリーダに貸し出されている魔術具
フリーダの魔力を受け止めている
一定量魔力が貯まるとフリーダはヘンリックに魔力を空にしてもらっている
169話
魔力を溜めこむ魔術具 不明
貴族院講義用の魔石が複数入る、または入れ替えられる形状
常に携帯または身に着けられる大きさ
貴族が生まれた時に与えられる魔術具
魔力が溢れそうになるたび吸い取り、中に入れられた魔石に少しずつ溜めていく物
登録した者の魔力以外を受け付けず、親族や側仕えの魔力が魔石に流れ込む事を防ぐ機能付き
染めた魔石は、貴族院に入ってから騎獣用魔石などに利用する
洗礼前の子供にとっては命を繋ぐ魔術具となり得、またその後も魔力の暴走に備える為に一生使い続ける物となる
調合には、使用者の属性に合った貴族の遺体の魔石(相当の魔力容量を持つ品質の魔石)と上級貴族以上の魔力が必要
属性が合わないと魔力を吸いにくくなるため、一番簡単に合う血族の魔石が望ましい*18
その為、貴族社会でも入手できずに貴族院に入れず、貴族になれない子供も存在する
登場したものは元々はフィリーネの母の形見
関連:文化>出産・生誕葬式
337話*19 ふぁん3
魔力を吸い取る魔術具 豪華な飾りのついた棒
魔石が埋め込まれている
貴族の洗礼式で用いられる
平民は血でメダル登録するが、貴族はこの棒を使ってメダルへ魔力登録する
176話
登録証 白いメダル
石のような材質
洗礼式で領民の登録をするために使う
平民は血判、貴族は魔力を吸い取る魔術具を使って魔力登録をする
住民票として機能している
また、領主に反逆した者に対する処刑の魔術葬式にも用いられる
貴族は登録された領地の外にいる時に処刑の魔術を受けメダル破棄されると、命は失わないがシュタープを失う
関連:アオスヴァール
66話 232話
673話
仮称:神官長の指輪1 大きな青い石のついた指輪 神官長からマインに貸し出された指輪
自動で装着者の指にリサイズする機能が付いている
マインの助けに応じ、青色の光の玉を上空に発射した
ロート(救援信号)に似ているが、ロートは赤色なので別物
126話
仮称:神官長の指輪2&
ブレスレット
指輪には薄い黄色、
ブレスレットには七色の魔石ががはめられている
神官長からマインに貸し出された
神官長は少なくとももう一セット持っている
このブレスレットを使い、ローゼマインは初めてシュツェーリアの盾を出した
145話
仮称:黄色の石がはまった指輪 従属の指輪の魔石とは大きさも透明度も違う フェルディナンドがマインに臨時に渡した指輪
マインはこの指輪を使ってシュツェーリアの盾を出した
164話
魔術具の指輪 季節の貴色の魔石がついた指輪 貴族の子供が洗礼式の舞台上で父親から渡される指輪
挨拶や隠し部屋の魔力登録をする時など、生活で使う魔力を放出する為の魔術具なので、洗礼式を終えた貴族は必ず着けている
生まれ季節の貴色の魔石がついているが、魔石の大きさは家庭によってまちまち(下級貴族は小さめ)
指輪のサイズは自動調整でジャストフィットする
220話
マインの小さい手に吊り合わないほど
大きな青い魔石がはめられた指輪
カルステッドからの贈り物
マインローゼマインとなった時に渡された指輪
最初は孤児院長室の隠し部屋に魔力登録をする為にフェルディナンドから渡されたが、洗礼式直前にカルステッドが1度外し、改めて渡された
この話以降、この指輪を使って魔術や祝福を出したり漏らしたりしている
171話 173話
選別の魔術具 魔石のブローチ アウブが作成、授与式にて新入生に渡される、メダル登録されている領民か否かを判別するブローチ
所有者の魔力と住民登録された魔力を照合、識別するアウブの魔術がかかっている*20
その2つの魔力が合致しないと機能しないので領民以外が奪っても意味が無く、貴族院の寮を出入りする際の認証として使われている
城と寮を繋ぐ転移陣は、ブローチに込められたアウブの魔力に反応して転移する
学生だけでなく領主会議を始め貴族院に向かう者には全て必要となり、失くしてはいけない
ただし、領地の礎を染めるアウブの魔力が変わると効力を失う
寮を守る魔術結界が礎と紐付いているため、ブローチ側の旧アウブの魔力では通れなくなる為だと思われる
転移陣も同様に使用不可となる
礎の魔力が染め変えられていなかった廃領地の者達には使用できてしまい、強襲事件が起きた*21
また、他領の者が寮に入るだけであれば、自領民かどうかは照合しないアウブの魔力が籠った魔石を一時入館証として代用する事はできる*22
219話
284話*23
282話
赤いカーペット 祭壇に繋がる赤い布 奉納式の際、聖杯への魔力充填に用いる
魔力の籠もった糸が織り込まれており、神官はこの布に手をついて間接的に聖杯へ魔力を込める
魔力を込めるとキラキラ光る
139話
貯蔵用氷室 不明 神殿にある冷蔵庫 133話
仮称:揺れ軽減の魔術具 不明 馬車の揺れを軽減する魔術具
貴族街の馬車に装備されている
169話
仮称:魔力ランプ ランプ ロウソクの小さな明かりを増幅させる魔術具
貴族の間では一般的な魔術具
183話
掃除のための魔術具 たまご型 指定された範囲内にある物体をすべてゴミとみなし掃除する魔道具
片付けられないヒルシュールライムントのためにリーゼレータが持ちだした
390話
緑の魔石 水差しの底に埋め込まれている 水瓶と水差しを繋ぐ魔術具
水差しの底にはめ込まれた魔石をシュタープで叩くと、水瓶とリンクされた水差しから水がでてくる
専ら側仕えがお風呂を満たすために使われている
299話
オルドナンツ 黄色い魔石 魔石を調合することによって作られる、通信用の魔術具
シュタープで魔力を込めて白い鳥に変形させた後、鳥がくちばしを開けたら音声を入力
その後、魔力で押し出すようにシュタープを振れば送信相手にオルドナンツが飛んでいく
相手に到着したら、入力された音声を相手の手元で三回繰り返し、魔石に戻る。魔石は相手方に返信に使用される。
少量の魔力で操作できる
シュタープを持っていない相手には使えない*24
相手が確実に同一領地内にいる状況下でオルドナンツが飛び立たない場合は、相手は既に死亡したものと判断される*25
建物の内外を、窓や壁をすり抜けて移動する*26
飛び立ってからしばらくと降り立つまでのしばらくは、目や足で追える程度の低速飛行*27だが、一定以上離れている間は騎獣移動より遥かに高速で移動する*28
戦場でオルドナンツを使用すると敵に自身の存在がばれる可能性が高い為、戦場で潜伏している際の通信手段としては不向き*29
オルドナンツは領地の境界を越えることができない。領地を跨いだやり取りは基本的に魔術具の手紙になる。*30
緊急連絡用の魔術具が別途ある
126話
魔術具の手紙 羊皮紙 魔力を込めると返信出来る特殊な紙
前神殿長が亡くなったことをゲオルギーネに知らせた
シュタープを持たない者へのオルドナンツ代わりに使われている
手紙の鳥は境界門で一度検閲を受け、問題がなければ相手に向かって飛ばされる
223話
緊急連絡のための魔術具 水鏡状 アウブが使用する、緊急連絡用の魔術具。アウブの執務室にある
アウブからギーベ、アウブ同士、アウブからツェントなどに連絡できる
オルドナンツでは間に合わないと判断したとき、あるいは秘密裏に連絡するために使われる*31*32
367話 367話
535話
596話
盗聴防止の魔術具 <人物指定>
マインが小さいと思う程の大きさ
鎖で繋がっている
手に握りこむと同じ魔術具を握っている相手にしか話す声が聞こえなくなる、聞かれたくない会話をする際に使用される魔術具
読唇術の心得がある文官が周囲にいると役に立たない
作中で頻出するのは2人で使用する双方向タイプ
複数人の会議で全員が握ったり、受け手側の魔術具を物陰に隠して渡す描写もある為、会議用の複数が鎖で繋がっているタイプ、もしくは会議用・隠密用には鎖で繋がっていないタイプが存在する可能性もある
103話
136話*33
406話
<範囲指定>
4つの魔石
盗聴防止の結界を作る魔術具
指定したい範囲の隅に魔石を設置して使用する
魔石に魔力を込め、何らかの呪文(不明)を唱えると四角柱の形で空間が淡い青の光に包まれ、内側からも外側からも声が聞こえなくなる
通常、魔力の負担は魔術具を持ちこんだ者が行い、平民や魔力量の少ない年少者がいる場合などに使用される
136話
静寂の魔術具 風鈴に似た形状
不思議な色の石がついている
神殿で使われた消音機能付きベル
様々なイベントで青色神官が用いる
66話
仮称:部屋の外に音が漏れない魔術具 不明 フェシュピール演奏会で使われた 195話
拡声用の魔術具 ローゼマインがマイクのように口元に持っていけるサイズ フェシュピール演奏会で使われた 195話
録音の魔術具 不明
シュミルのぬいぐるみに入った物が4つ存在する(創作物一覧参照)
フェルディナンドによる督促によって本の返却が捗ったことから作中に登場した
後にライムントにより省魔力版が設計され、ローゼマインの製作により完成した
フェルディナンドが一気に調合した4つの内2つはシュミルのぬいぐるみに入れられず、1つは二重底の革袋に入っていた「大変結構」入り、1つはディートリンデの発言の証拠集め等に有効活用された
389話
隠し部屋 赤い魔石がついた扉の部屋 魔術具と呼んで良いのか、魔術的な空間と言うべきか不明
魔力量によって部屋の大きさは様々
個別ページ参照
93話
仮称:隠し部屋を開けるための魔術具 不明 隠し部屋の扉は魔力を使わないと開かないため、平民の側仕えや下働きが扉を開ける時に使用する
ギルに渡して小神殿の隠し部屋を整えてもらった
232話
仮称:入室認証の魔術具 魔石のブローチ 隠し部屋の魔力登録者の魔力で染めた魔石のブローチ
神殿長室の隠し部屋に入るためには絶対に必要で、入室制限に引っかかる側仕えなどに使わせた
266話
仮称:来訪を知らせる魔術具 光る魔石がついている 隠し部屋の外側の者が魔石を押すと、魔石が光って内側の者に来訪者の存在を知らせる
平民でも光らせられる様子
扉近くの壁(か、扉)に設置されている様子
179話 341話
仮称:小槌のような魔術具 小槌状 隠し部屋の内側から外側へ合図を送る際に使われる
これで室内の何か(?)を叩くと、外側の魔石が光る
ブリギッテの衣装を仕立てる際にモニカが使用した
229話 237話
仮称:室内に呼びかける魔術具 不明 隠し部屋の外側の者が触れると光り、内側の者と話せる
外側から呼びかけるのに使用される
320話 453話
632話
不明 時刻を知らせる鐘
神殿・貴族街・冬の館・貴族院等に配置されている
鳴らす時間は季節によって多少差がある
1の鐘 4時頃/2の鐘 7時~7時半頃/3の鐘 9時半~10時/4の鐘 12時/5の鐘 14時半~15時/6の鐘 17時~17時半頃/7の鐘 20時*34
講義のある日の貴族院は、2と半の鐘(午前の講義開始/図書館開館)、3と半の鐘(講義科目変更)、4と半の鐘(午後の講義開始)が追加される*35
領主が街を作る際に、貴族街の城や外壁、神殿、下町の東西南北の門に、街の守りの魔術具と一緒に設置される
20話 ふぁんぶっく1Q&A
守りの魔術具 魔石 ハッセの小神殿を守る魔術具
礼拝室の一番奥に埋め込まれている
アウブ創造の魔術で街を作る時に施す守りと同じ結界機能を持つ
198話
仮称:遠見の盆 複雑な魔法陣が刻まれた八角形の盆
角に黄色の魔石がはめ込まれている
神官長の所持品
魔石に魔力を注いで魔法陣を満たすと底から液体のようなものが湧いて盆を満たす
その水面にシュタープで触れて「シュピーゲルン」と唱えると自分の魔力が籠もった守りの魔石がある場所の周辺を覗ける
ハッセの小神殿の様子を確認するために使用した
201話
仮称:ビーコン 不明 設置した魔術具の場所がわかる
神官長が所持
先行してゲルラッハ子爵領へ向かっている馬車に設置していた
147話
救援信号を出す魔術具 赤い石の埋め込まれたハンマー&
赤い石
騎士団から門番に預けられた魔術具
赤い石とハンマーはセットで、赤い石をハンマーで叩くことで赤い光(救援信号)が花火のように上がる
使用者に魔力は必要ない
160話
従属の指輪 小さくて品質が良くない
(ダームエル評)
貴族の紋章入り
従属の契約をした身食いが付ける指輪
マインを襲った誘拐犯が所持していた
指輪をはめると主に対して攻撃できなくなり、契約の破棄なく外すことができない
命令に逆らった際、無理やり主の魔力を流し込んで苦痛を与えることができる
マインが威圧のために魔力を高めると魔石が弾け飛び粉々に壊れた
162話
仮称:騎士の鎧 書籍挿絵やふぁんぶっく1参照 魔石を加工して作られる
防寒耐火性能が付いているが、元になる魔石のグレードによって性能差が出る
223話
ゲヴィンネン チェスの様な物
詳細は不明
騎獣に乗った騎士に見立てた駒を魔力で動かす領地取りのボードゲーム
魔力を使うことになるので中級以上の貴族がよく遊ぶ傾向にある
前話で「アンゲリカの成績上げ隊」が兵法の教材として使用を決定
名前だけなら136話が初出
229話
仮称:騎獣固定魔術具 不明 騎獣所持者が騎獣から離れても騎獣が消えなくする魔術具 234話
シュティンルーク 刀身は約50cm
柄頭(つかがしら)に魔石が付いている
アンゲリカの魔剣。声 - 櫻井孝宏
最初はナイフ程の刀身だったが、アンゲリカが魔力を注いで現在の刀身になった
魔剣には属性の適性が付き、その適性によって魔物が倒しやすくなったり加護を授かりやすくなったりする
アンゲリカに請われてローゼマインが魔力を注入し、その後神官長が魔剣に触ったことで、魔剣に神官長の擬似人格が宿った
剣の名はシュティンルークと名付けられていて、魔力を流されていなければ、魔剣は周囲の声を拾えない
そのため、勉強からは逃れられない
また、アンゲリカの魔力量では、一日中魔力を流し続けるようなことはできないらしい*36
242話
身体強化の魔術を補助する魔術具 リング状
装飾的
太ももと二の腕に装着する
神官長の所持品
ユレーヴェ漬けで鈍りに鈍ったローゼマインの体を動かせるようにした
250話
黒い盾 つるりと光る黒い大きな盾 最高品質の闇の魔石で作られた盾で、魔力攻撃に対して高い防御力を発揮する
ダンケルフェルガーの秘宝
使用者に対するシュツェーリアの盾の効果も無効化できる
ローゼマインが魔力を込めたライデンシャフトの槍レスティラウトが黒い盾で受けたため、魔力飽和して金粉化した
502話
義手や義足の魔術具 義手または義足 大怪我をして癒しが間に合わなかった場合に使用される
騎士にはそれなりに使用者が存在する
521話
仮称:小爆弾の魔術具 魔石のような形 ピンと弾くと小爆発を起こす攻撃用の魔術具
剣で斬り飛ばしても爆発する
417話
虫爆弾 不明 銀の布対策に作られた魔術具の一つ
生粋の貴族育ちの者が怯むことを期待されていた
598話
範囲攻撃用の魔術具 不明 攻撃範囲内に爆発を起こす魔術具
嫁盗りディッター用にケントリプスが作成しハンネローレに渡したが、威力が大きすぎて使用されなかった
呪文で起動すると魔力登録者を守る黄色の魔法陣と攻撃範囲を定める青の魔法陣が広く展開し、爆発を起こす
番外編17話
記憶を探る魔術具 赤い石のついた金色の環
サークレットのように見える
記憶を覗く魔術具
対象者の頭部に装着し、対象者の睡眠時に使用する
領主の許可がないと使用できない
普段は領主が直々に裁く重大事件の証言に裏を取るため使用される
この魔術具を使うには対象者と使用者が同調する必要がある為、使用前に同調薬が使われる。
131話
シュタープを封じる手枷 魔石のような石の輪が鎖で繋がれている手錠 シュタープを封じられると貴族は魔術を完全に使えなくなる
外すには開錠の魔法陣が必要
253話 595話
605話
法律の書 不明 中央に存在する、ユルゲンシュミットの法がまとめられた書
法律を細かく決めすぎて昔揉めたため、曖昧な記述になっている
・普遍的に決まっていること→領主候補生は結婚以外で中央へ移動できない
・王の裁量で多少の幅が出ること
・領主間で決めること
・領主が勝手に決められること
379話
名捧げの石 婚約指輪でも入っているような感じの箱に白い魔石が箱の上部についている
中に名前が刻まれた石がある
名捧げの石に魔力を籠め終わると真っ白の繭のような物になる
自分の名を封じた魔石を捧げ、命を預け、忠誠を誓う
名を捧げた者は主に生殺与奪の権利を委ねていて、主の命令に縛られる
作製には自分の魔力量にあう高品質の素材がいる
386話 414話
456話
時を止める魔術具 不明 主に領主の遺体を保存する目的で使われる魔術具
この魔術具を使い、アウレーリアは地元の魚を海なし領エーレンフェストに持ち込んだ
消費魔力は結構高め
322話
見た目を写し取る魔術具 不明 エーレンフェスト神殿の聖典に偽装された 447話
魔術具のペン 細かい意匠が施されたペン
万年筆に似ている
魔力をインクとして使うペン
貴族の契約魔術で使われる
魔力を溶かす液に浸すと用紙が再利用できるため、貴族院のテストでも使われる
177話
魔術具のナイフ ナイフ シュタープをまだ使えないローゼマインのために神官長が作成した魔術具
マインの細腕でも魔力を込めるとスッと切れる
209話
魔術具のインク 青色インク 全属性持ちが、金粉を混ぜて製作するとできる特殊インク
他、クルアイゼの油干からびた木の根っこなどから調合された
書き手の所持属性数、魔力量に比例してにじむ性質がある。
書き手が全属性持ちだともこもこ膨れ、一晩後に透明化し、
インク製作者が触れると光るという危険物になった
シュバルツ達の衣装やフェルディナンドのマントの魔法陣、フェルディナンドとローゼマイン間の秘密文書に使用された
346話
属性を調べる魔術具 七色に七分割されているお盆と、
七色に輝く不思議金属製のお皿で構成されている
お盆の中央にお皿がある
フェルディナンド謹製魔術具
魔術具中央のお皿に載せられた物質の属性を調べることが出来る
デリケートなので使用毎洗浄する必要がある
作成はとても大変(フェルディナンド評)
346話
品質を測定するための魔術具 不明 ヒルシュールとフェルディナンドが所持している魔術具
貴族院の授業で使われた
385話
映写機のような魔術具 不明 プロジェクター、もっと厳密に言えばOHPのようなもの
紙に書いたものをスライドのように白い布に投影できる
320話
仮称:貼り出したものを大きくする魔術具 不明(板状?) 音楽の授業で楽譜を拡大表示するのに使用された
映写機のような魔術具のように投影するのではなく、貼った楽譜そのものが大きくなった
380話
映写の魔術具 映像再生部分はギルドカードと同じくつるりとして光に当たると虹色に輝くA4大の金属板
本体には動力用の魔石が付いている
講義用にフェルディナンドが作成した魔術具
ビデオカメラと同等の機能を持つ
一応カラー映像だが解像度は低く音声は無し
撮影にも再生にも大量の魔力を必要とする
334話
ディッターの様子を収めるための魔術具 不明だが、大型 アウブ・ダンケルフェルガー嫁取りディッターの直接観戦を我慢する代わりに、学生たちに持たせた魔術具
学生たち数人が観客席に持ち込んだ
詳細は不明だが映写の魔術具と同じような機能を持つと思われる
500話
シュバルツとヴァイス ローゼマインの肩ほどの大きさの二匹のうさぎ
黒うさぎがシュバルツ
白うさぎがヴァイス
額に濃い金色の魔石が付いている
目は金色
色違いのワンピースに魔術加工を施されたベストを着用
貴族院の図書館へ入れる喜びからローゼマインの祝福の魔力が溢れ、再起動した魔術具
政変で上級貴族の司書がいなくなって1年程は稼働していたが、ソランジュでは属性不足(光と闇)で主になれず、機能を停止していた
司書業務の補佐用で、多岐にわたる機能を有する
ひょこっと立ち上がり、ほてほて歩く
ひらがな口調でしゃべり、主(管理者)のことを男女問わず「ひめさま」と呼ぶ
主が許可を出した者以外は触れることができない
主は供給されている魔力量が上回ると変更される
主:ローゼマインハンネローレオルタンシアローゼマイン
・その他詳細は、貴族院の図書館>シュバルツとヴァイスを参照
292話
仮称:シュバルツとヴァイツの新衣装 シュバルツは白いシャツにベスト、
ヴァイスはワンピースにエプロンを付けている
マイン謹製の消えるインク、フェルディナンドの魔法陣、エーレンフェスト女性陣の裁縫技術によって完成した 392話
時間を示して光る魔術具 不明 読書に没頭する生徒に時間を知らせるために作られた魔術具
貴族院の図書館では鐘の代わりにこの魔術具が時間を知らせる
ステンドグラスを通したような様々な色の光が降り注ぐ
293話
閲覧室内の大きな声を抑えるための魔術具 不明 貴族院の図書館で使用されている
神殿で使用されている静寂の魔術具と同じか否かは不明
405話
館内を掃除する魔術具 不明 貴族院の図書館で使用されている
390話の掃除の為の魔術具と同じか否かは不明
405話
時を止める魔術がかけられた書箱 不明 貴族院の図書館で使用されている
古い資料が朽ちないように保存しておくための魔術具
書籍版*37に登場する、第三閉架書庫の保存の魔術具と同じか否かは不明
405話
日光で本が傷まないようにするための魔術具 不明 貴族院の図書館で使用されている
日光で本が傷まないようにするための魔術具
405話
図書館の礎とも言える魔術具 大きな魔石があり、魔力を注ぐと虹色に染まる 貴族院の図書館の運営上、最も大事な魔術具 495話 495話
583話
三本の鍵 貴族院の図書館の地下書庫の鍵
入室には三本必要で、一本ずつ異なる人間の魔力登録が必要になる
上級司書が一人につき一本受け持ち、自身の部屋に保管していた
魔力登録に必要な魔力量が、領主候補生にとっては大した量ではないが上級司書には負担となるレベル
398話 479話
484話
本を書箱に送る魔術具 不明 ローゼマインのアイデアとライムントにより改良された小さな転移陣を元に
ナンセーブ紙を用いて製作された魔術具
ローゼマインのアイディアと助言、フィリーネやローデリヒの助言、
ヴィルフリートの魔力サポートを経て、イグナーツが設計製作した
完成品を見たグンドルフが自分の研究室にも採用したいと述べた
506話 492話
442話
511話
音楽を奏でる魔術具 不明 ローゼマインのアイデアを元にエイフォン紙を用いて製作された魔術具
ローゼマインのアイディアと助言、フィリーネやローデリヒの助言、
シャルロッテの魔力サポートを経て、マリアンネが設計製作した
楽譜の書かれたエイフォン紙をセットし、ハンドルを回すことで
オルゴールのように音を奏でる省エネ版と、
ドレヴァンヒェルが独自に開発した自動演奏する魔力消費版が存在する
506話 492話
504話
戦闘特化のシュミル シュミル型魔術具3体
ピンク色、水色、クリーム色のパステルカラー
リボンやレースをあしらった衣装を着せられていて、とても可愛い
シュバルツとヴァイスの戦闘特化版で、魔力と物理どちらの攻撃にも反撃する
三カある神殿の門を守る為に、門番に持たせる魔石で主を認識させるようになっている
ローゼマイン基準では少ない魔力で動くが、一般的には相当量必要となる為、門番と共に門へ常置し、神殿の門に誰かが来た場合や下町の門で騎士団への救援信号が上がった場合のみ作動させる
金色に輝く魔術具の鎌で次々と敵を切り捨てる、電光石火の早業持ち
593話 593話
594話
620話
アドレット 淡い緑のシュミル
リーゼレータがシュバルツ達用に準備していた服を着用
シュバルツとヴァイスの資料検索機能特化版
自力で動く魔術具を作るためには命の属性が必要で、シュバルツ達を作るためには全属性の者でなければ調合が不可能
一つの作業に特化させ、お喋りをさせなければ作成が簡単になり、稼働の魔力が大幅に節減できる
ローゼマインはケンサクかオパックと名付けようとしたが、コルネリウスレオノーレに却下され、リーゼレータが付けていた名(アドレット)で呼ばれることになった
ディナンらと貴族院同行したアドレットが、上述のアドレットと同一魔術具か、第1号・第2号の関係の別魔術具かは明示されていない*38
592話
リサ 茶色のシュミル 図書館における護衛に特化した魔術具で、本を傷めないように戦う
普段はアレキサンドリア図書館を荒らす者を排除する図書館の守り手だが、貴族院ではローゼマインの護衛騎士
番外編8話
ネリー 赤色のシュミル 図書館における護衛に特化した魔術具で、本を傷めないように戦う
普段はアレキサンドリア図書館を荒らす者を排除する図書館の守り手だが、貴族院ではローゼマインの護衛騎士
番外編8話
ディナン 水色のシュミル シュミル達のまとめ役。愛称はディーノ
シュバルツとヴァイスと同じように図書館業務も護衛もできて、少し喋る
・通話機能がある(七の鐘の定時報告に使用)
手を繋ぐように魔石に触れている間だけ相手側の魔術具に自分の声を送れるが、自分が送っている間は相手の声が聞こえない一方通行のもの。特殊機能を使用する際に使う合図である「ディーノ」で通話機能が終了する
・録音機能がある
番外編8話 SS41話
仮称:通話の魔術具 金属と魔石製の片手サイズの懐中時計のような形 ディナンの通話機能を使用する際に、フェルディナンド側が使用する魔術具
「マイン」で通話終了する
通話機能のみあれば良く、連れ歩く必要もないと言ってシュミル型にはならなかった
SS41話 twitter
魔術具のグルトリスハイト 本の形であるのはほぼ確定と思われる 過去の女王が溺愛する子にツェントを継がせるために製作した、属性が一つ足りなくても使える魔術具のグルトリスハイト
シュタープの魔力を通し合うことで継承することが可能
継承者が死亡すると地下書庫の最奥に転移する
神殿が管理する神具の加護不足補助機能と礎と同じような所有者認定機能があると推測される
585話 606話
一代限りの魔術具のグルトリスハイト 大きめの魔石が付いたブレスレット型
「グルトリスハイト」の呪文で分厚い本の形となる
最初に所有者登録した者以外は使えない一代限りの魔術具
15年春のツェント継承の儀式の最中、始まりの庭でエグランティーヌが登録を行った
14年春の領主会議でローゼマイン中央神殿に移動させると各領地が言い出した頃から、フェルディナンドが計画を立てて製作した
最高品質の魔紙300枚以上と最高品質のゲシュテフェールトの革ゾネンシュラークの魔石レーギッシュの魔石などから調合されている
・魔紙は当初フェルディナンドの依頼によりローゼマインが1年かけて完成させる予定だった
→14年夏に出来た試作品が想定外に魔力を使いすぎる品質だった為、フェルディナンドによる改良レシピで最高品質の一歩手前までの調合×300枚をローゼマインが行った
→14年冬の領地対抗戦でフェルディナンドが受け取り、完成させた
・内容はフェルディナンドの持つメスティオノーラの書から書き写した物で、欠けていた魔法陣などはローゼマインのメスティオノーラの書からフェルディナンドのメスティオノーラの書へコピーシテペッタンして補い完成させている
・シュタープを変形させたように見せかけるために、普段は装飾品として身に付けられるブレスレット型をしているのはフェルディナンド曰く「母の愛」の為、形態は過去の女王が製作した魔術具を参考にしていると思われる
662話
660話
605話
551話
573話
574話
SS34話
632話
黒いお守り 真っ黒の石がはまったネックレス ジルヴェスターがマインに渡した魔術具
血判すると黒い石の中で金色の炎がゆらめくようになる
マインはお守りだと思っていたが、血判をすることで養子縁組の契約になる魔術具だった
151話
神々の印を刻んだお守り ブレスレット型など 神に祈り(魔力)を捧げて加護を得るための神の記号を彫り込んだ魔石
貴族院の奉納式*39で効果が周知された事で流行しはじめた
ドレヴァンヒェルではすぐ学生全員が持つようになった
ハンネローレの物はコルドゥラ作
469話 496話
497話
534話
番外編1話
フェアベルッケンのお守り*40 何らかの身に着けられる形状 フェアベルッケンの印が刻まれた魔石が使用された隠蔽のお守り
身につけると姿を隠す事が出来る
636話
お守り*41 魔石または魔石を身に着けられるように加工した形状

<補足>
用語一覧>お守り
魔石に守りの魔法陣を刻み、物理攻撃や魔術攻撃に反応して防御したり反撃を返す魔術具
少し強めに肩がぶつかった程度で反応する*42
1度使った後は何らかの作業をすれば再び使えるようになる*43
強すぎる衝撃を受けると弾け飛ぶ*44
体内に余剰魔力が溢れたり、暴走しそうになるとそれぞれの属性の色で光る*45
ゲオルギーネ*46ジェルヴァージオ*47も身に着けていた
286話
<フェルディナンド作>
ブレスレット型を含む
全身に色々着けられる形状
<ローゼマイン用・貴族院1年時>
肌身離さず身に着けることで、勝手に魔力を補充して攻撃された時すぐに発動する
常に魔力が消費されるため沢山着けると魔力の流出に鈍感になる*48
襲ってきた相手の方が可哀想になるような危険な機能が満載らしい
フェルディナンド基準でこの表現なので、よっぽどだと思われる
286話
<ローゼマイン用・貴族院2年時>
シュバルツ達の衣装に刺繍されていた自動反撃の魔法陣を改良した凶悪な魔法陣を組み込んだ
攻撃を受けると光り、2倍の威力にするなどして反撃を返す
最弱の物は攻撃を受けると青白い魔力が矢のように飛んで反撃する物
一番えげつないのは死ねない反撃を返す物となった
373話 382話
416話
417話
419話
<ローゼマイン用・貴族院3年時以降>
アーレンスバッハへの移動前に出来る限り作ったので全部着けると袖の中や服の下が魔石で一杯になる
地下書庫の奥の扉の魔法陣の反撃で何個か壊れ、ローゼマインがヴェーリヌールの花を使って追加作成した*49
470話 459話
<その他>
餞別としてヴィルフリート、シャルロッテ、ジルヴェスター夫妻に贈ったブレスレット型の対物理・対魔力の反撃のお守り
463話 501話
<ローゼマイン作>
大きさ5cm以上の丸みを帯びた滴型の虹色魔石
フェルディナンドに餞別として渡したお守り
レーギッシュの鱗で作った虹色魔石に、シュバルツ達の新衣装の魔法陣が組み込まれている
ローゼマインは裸石の状態で渡したがフェルディナンドが胸元に身に着けられる形状に加工した模様
攻撃を受けると淡く虹色に光る魔力が全身を包む
444話 595話
<ローゼマイン作>
形状は不明
<貴族用>
ヴィルフリート、シャルロッテ、メルヒオール、側近達に渡した対物理・対魔力の反撃のお守り
フェルディナンドが神殿長室の工房に残してくれた平民用よりも良い素材を使っている
ローゼマインが持つお守りの中で魔力消費が少なめの物と同じ物
532話 533話
538話
<平民用>
ローゼマインが家族、専属神殿の側仕え達に渡した対物理・対魔力の反撃のお守り
フェルディナンドの館に残っていた素材とフェルディナンドのレシピで使った
魔力が無くても使えるようになっている
貴族仕様と違い、大怪我をするような衝撃に反応するようにした
反撃はヴォルヘニールが爆散する威力
532話 535話
537話
538話
621話
虹色魔石の髪飾り 虹色魔石5つ付きの簪
虹色魔石はオパールに似ていて光の当たり方で複雑に色を変える
フェルディナンドがローゼマインに餞別として渡したお守り
細い金属が周囲を装飾しながら取り巻いている2cm程度の滴型の虹色魔石が5つ、簪の先に長さの違う細い鎖で繋がっている
魔石にはシュバルツ達の新衣装の魔法陣が組み込まれている
金属部分はフェルディナンドの魔力で出来ている
シンプルだが装飾の金属によって少し豪華に見える
虹色魔石をジルヴェスター、フロレンツィア、カルステッド、フェルディナンド、ヴィルフリートが準備し、フェルディナンドがデザインして、ヴィルフリートが贈った事になった
他領からは婚約者からの愛の証と思われている
身につけた状態で奉納舞を舞ったりすると他のお守り同様に光る
445話 463話
494話
518話
<貴族院5年時>
魔石の周囲を取り巻く金属の部分が多くなり、簪部分にもいくつか魔石が埋め込まれている
番外編3話
仮称:神々対策の腕飾り 細い鎖で緩く編まれた手甲型の腕飾り フェルディナンドが3~4日で作った、ローゼマインへの神々の降臨を防ぐ機能を持つお守り
奉納舞の邪魔にならない形にデザインしてある
魔石が苦手なローゼマインの為に魔石の使用は少なめ
細い鎖を緩く大きな目で編んだ手甲の形で、手の甲から二の腕を覆い、留め金で留める
所々に付いているビーズ状の虹色魔石一つ一つにお守りの魔法陣が刻まれている
神の降臨を防ぐ際にバチバチと音を立てる
658話 661話
662話
求愛の魔石 中に贈り主の名前や紋章が金色で浮かび上がる魔石 求婚の魔石より少し格が落ち、誰が求愛したのかわかるように贈り主の紋章や名前が刻まれている魔石
作中でジギスヴァルトからローゼマインに贈られたものは六属性の魔石に金色で王族の紋章とそれほど強固ではない守りの魔法陣(ローゼマイン基準)が刻まれていた
ほんのりと魔力が滲み出ているのが特徴だがローゼマインは気づかなかった
600話
Twitter
607話
求愛の魔術具 一般的な外見のネックレス
求愛の魔石と贈り主の魔力の鎖で出来たネックレス
作中では王族の許可証としてジギスヴァルトからローゼマインに贈られ、後に求愛の魔術具であることが判明した
鎖部分は作成者の魔力で作る為、作成者を超える魔力で負荷をかけすぎると金粉化する
<補足>
・鎖が金粉化するのは「魔力差も分からない身の程知らず」であることが公になる、大変不名誉なこと
600話 600話
607話
Twitter
求婚の魔石 中に贈り主の愛の言葉が金色で浮かび上がる魔石

講義で調合した物は染めた魔力の属性の色をしたビー玉のような形状
求婚をする時も求婚を受ける時にも必要
婚約式でもお互いに交換する
自分に準備できる中で最も品質の高い魔石を自分の魔力で染め、相手の属性の魔力も加える
羊皮紙にスティロのペンで愛の言葉を書き、調合して文字を刻む
「わたくしの闇の神へ」「貴方の光の女神でありたい」などは定例文としてよく使われ「私の心を貴女に」は最もシンプルで愛情を感じられない言葉とされる
じわりと魔力が漏れる物でこれから自分はこの魔力を受け入れるのだ、と心の準備をする
247話 388話
440話
581話
672話
676話
婚約の魔術具 求愛の魔術具とは形状が違うネックレス
求婚の魔石と贈り主の魔力の鎖で出来たネックレス

<補足>
・同じ物だが呼称/俗称が変化すると思われる
求婚のネックレス/魔石→婚約成立or婚約式→婚約のネックレス/魔石
婚約者・配偶者がいる証の婚約のネックレス
婚約指輪(~結婚指輪)に相当し、女性は婚約式以降これを身につける(結婚ネックレスは無い)
第四部終了の頃のレオノーレなど、特に婚約直後の女性は相手の魔力を自分に馴染ませるのも大事なため服の下に隠している場合もたくさんある
<補足>
・これ以外のネックレスも装飾品として身につける事は普通にある(普通の装飾品は鎖部分が相手の魔力で出来ていない)
・男性は腕輪やネックレスなど様々。第二夫人や第三夫人を迎えるため、結婚後はあまり見えるようにはしない
番外編1話
番外編3話*50
Twitter
確実に「ディッターの誘い」を止めるための魔術具 不明
喉を押さえていることから首輪の可能性有
ディッターの申し込みをさせないように強制的に声を奪う魔術具。他領へ迷惑をかけそうなディッター狂いを何人も止めてきた実績有。ダンケルフェルガーになくてはならない魔術具 番外編3話

門・礎関連

ツェントやアウブによって作られる街の根幹を守る魔術具や魔術的な効果を持った建造物も魔術具と言えるが、
範囲が広く曖昧となるため、特に国境門・境界門・礎関連の物をここに分類する
名称 形状 用途/説明 初登場回 ソース
国境門 螺鈿細工に使われる
貝の真珠層のようなきらめきを持つ
淡い虹色の門
ほんのりと光っているように見える
扉には複雑な模様が刻まれている
奥行きは三、四mくらいで
傾斜のある三角屋根になっている
ユルゲンシュミットと他国の間を行き来する為の転移門
門、門柱、屋根、国と国を繋ぐ巨大な転移陣(門の外側)、国境門間を繋ぐ転移陣(屋根の内側)で構成される
神の記号が刻まれており、国内に7つある国境門を有する領地の属性に影響を及ぼす
グルトリスハイトを壁にくっつけて魔力を供給すると強く光り、屋根や門の開閉や転移陣の起動が可能となる
三角屋根は、左右に滑るようにして開く
屋根を開けた者以外の騎獣がはじかれる為、屋根内に入るには、人力で門柱にある階段を登るか、開けた者の騎獣への同乗が必要となる
初代ツェントによって作られ、ツェントとアウブ、両方の許可がなければ開かない
・設置場所、属性等の詳細は地理>国境門を参照
473話 473話
539話
585話
600話
境界門 白くて巨大な門
奥行きがあり、何人もの騎士が
騎獣で降りられるくらいに
平らで広い屋上がある
領地の礎に注がれた魔力によって形成されている領地を囲う結界に開けられた通行門
隣り合う領地のアウブが許可を出して初めて製作可能となり、両方から魔法陣で同時に結界に穴を作って固定する
門の中には、待合室や執務室がいくつもある
輿入れで貴族が利用することを前提に作られているので、街の門よりずっと大きくて広い
アウブがシュタープで「エフネトーア」と唱えながら門を軽く叩くことで開門する
境界門からは目には見えない結界が伸びている
なお、539話時のキルンベルガの開門時にアウブが直接赴いて開いたのか、礎の間からならば遠距離開閉ができるのかは不明
・設置場所等の詳細は地理>境界門を参照
366話 366話
473話
539話
600話
国の礎の魔術 各領地の礎の魔術と似たような
見た目だが何倍も大きい
初代ツェントエアヴェルミーンの協力を得て設置した
ユルゲンシュミットの国境を引き、国の結界が張られた時の物
各領地の礎の魔術より何倍も大きな礎本体の上に七つの貴色の魔石が回っている
魔力を供給すると魔石の動きが早くなる
この礎を直接染めて初めてツェントでありグルトリスハイトを持つ者はあくまでもツェント候補である
入口は貴族院図書館2Fのメスティオノーラの像
像が持つグルトリスハイトの背表紙を開けると鍵穴がある
中央神殿の聖典の鍵を挿すと像が動き、現れた階段を降りると虹色油膜の転移入口がある
658話
礎の間 窓がない真っ白な壁の部屋
領地の礎の魔術具
の本体がある
魔力的に区切られている空間
平常時、立ち入れるのはアウブのみとされるが、結界や魔力による入室制限がある訳ではなく、鍵さえあれば簒奪者も入室可能(ゲオルギーネ・ローゼマイン)
エントヴィッケルンはアウブがこの部屋に入ってに溜めた魔力を使って行う
連絡用に城の執務室と繋がるオルドナンツ専用の円いワープ穴がある
長らく場所が不明だったが、全領地とも神殿の礼拝室の地下にある事が明らかになった
この部屋に転移する為の入口と鍵は2つある
1.代々アウブに継承される鍵で開くアウブの部屋にある扉
2.代々神殿長(本来の次期アウブ)に継承される聖典の鍵で開く神殿図書室本棚のメスティオノーラの彫刻
アーレンスバッハを癒やす古の大規模魔術もこの部屋で礎を基点として行われた
603話*51 588話
623話
668話
礎の魔術具 ソフトボールほどの大きさで
大神の貴色に輝く魔石が
天球儀のように回りながら7つ浮かぶ
床の一部が切り取られて大きな球体の
一部が見えているような部分があり
その球体が領地のの本体
通常時は供給の間から魔力を供給する
供給の間から魔力供給すると7つの魔石からキラキラと様々な色合いに見える光の粉が降り、本体に降り注ぐ
注がれた魔力は礎を染めたアウブの魔力の色をした液体状になる
領主一族以外の者に礎を取られると領を乗っ取られる
乗っ取りや継承の時は直接シュタープで礎本体に魔力を注ぎ込んで自分の魔力で染める必要がある
603話
78話*52
623話
礎に向かう鍵になる魔術具 不明 代々アウブに継承される鍵
アウブが身につけていたりアウブの隠し部屋においてあることが多い
継承前にアウブが死亡すると次期アウブは形状もわからないため探すのに苦労する
本来はその場合の予備として予め次期アウブである神殿長に聖典の鍵が渡されるので、執務を問題なく行いながらゆっくり探せるようになっていた
聖典の鍵登録の魔石と同様、領地の礎の魔術と対になっていると考えられる
そのため、継承の際も魔力登録や「エンダーン」などの手続きは必要なく、単にアウブから次期アウブへ受け渡されるだけだと考えられる(形状が秘匿されているのもこのためだと思われる)
588話 668話*53
供給の間 真っ白な部屋
中央にスイカより大き目の魔石が浮かぶ
魔石は支える棒がない天球儀のように
魔力を帯びて光る複雑な魔法陣が
いくつも重なり浮かび
周りをくるくる回っている
礎の魔術アウブ以外の者も魔力供給できるように、アウブが設置する部屋
アウブの執務室に扉がある
アウブが作る登録の魔石に魔力登録をして扉にある7つの穴に嵌めた者だけが入れる為、同時入室は7人まで
部屋の中央の魔石の真下の魔法陣に魔力を流すと起動し、床と壁に複雑な文様が淡い光を放ちながら浮かぶ
床の文様の中には7つの魔法陣があり登録魔石と対応した場所の魔法陣でそれぞれ魔力供給する
240話 594話
604話
登録の魔石 ビー玉のような魔石 アウブだけが作れる魔石
供給の間に出入りする為に領主候補生が魔力登録をし、
扉に嵌める事で入口の虹色油膜の通り抜けが出来るようになる
魔石自体はいくつでも作れる
礎の魔術と対になっており、礎の魔術を継承するとこの魔石も使えるようになる
240話 582話
606話
607話*54
聖典 四隅が金細工の装飾で補強され、魔石で守られた豪奢な聖典
年代物の羊皮紙に流暢な筆致で綴られている
所々カンペらしき書き込みが見られる
ツェントが各領地の礎を開設する際に同時に作られる本で、マインが本好き世界で初めて読んでもらった本
開くには聖典の鍵が必要
魔石で守られ神殿長にしか読むことが出来ないが、神殿長が権限を与えれば神殿長以外でも読むことが出来る
読める範囲は、魔力登録した者と閲覧許可を得た者の魔力の質(推定:属性と祈り)で異なる
条件をクリアした者には、王を選別する魔法陣と王に至る手段を記した文字が読めるようになる
神々>聖典も参照
066話 66話
68話
181話
405話
411話
579話
聖典の鍵 魔力登録用の魔石のついた鍵
登録用魔石の上に小さい魔石があり
その魔石は領地と同じ色
代々の神殿長に引き継がれている鍵
聖典の錠と、神殿図書室から礎の間に入る為の扉の錠を開けることができる
礎の魔術と対になっており、礎の間に繋がる扉はその領地の鍵でなければ開かない
聖典と鍵の登録用魔石に登録されている魔力が同じであれば聖典は開ける
398話
(実物 405話)
588話
589話
神殿図書室 チェインドライブラリー 結界で守られており、神殿長が許可した神殿関係者しか入れないようになっている
平民も含め、誓いの儀式を行うと神殿関係者と認められて入れるようになる。
アーレンスバッハの神殿では、魔紙の入室許可証への神殿長か神官長のサインだけで入れるようになった為、入室許可手順は各領地で違う可能性もある*55
67話 602話
本棚のメスティオノーラの彫刻 非常に凝った彫刻 神殿図書室にある、神殿長の鍵がなければ開けられない扉付きの本棚に掘られた凝った彫刻
聖典の部分が可動で鍵穴があり、そこに領地に対応した、神殿長の聖典の鍵を差し込むと、神殿の礼拝室の真下にある、領地の礎へと転移する
454話 454話
591話
像が持つグルトリスハイト 黄色の革が使われている装飾的な本
様々な色合いの魔石が散りばめられている
貴族院の図書館2Fにある英知の女神メスティオノーラの像が抱いている本
シュバルツとヴァイスにお願いされ、グルトリスハイトの魔石にローゼマインが触れると、大量の魔力を吸引された
背表紙を開けると鍵穴があり中央神殿の聖典の鍵国の礎に入る事ができる。
一定量魔力供給をするとグルトリスハイトの魔法陣を得られる事から、神殿の神具と似たような位置付けであると思われる
381話
ギーベの礎 不明 ギーべ夏の館にある礎の魔術具
アウブに任命されたギーべが魔力で染めてギーべになる
防衛機能があり、最高レベルにすると館にギーベが許可した者、血族、上位管理者である領主一族しか入れなくなる
616話 618話

魔法陣

通常の魔法陣スティロのペンで空中に描かれて使用後は消えるが、
転移陣および魔紙などに描かれて作中で魔術具のように使用された物をここに分類する
名称 形状 用途/説明 初登場回 ソース
仮称:転移陣 大きく魔法陣の描かれた布 発送専用の魔法陣と受け取り専用の魔法陣でセットになっている魔術具
収穫祭で徴税官が食料などを城へ送る
徴税用の物は四隅に魔石を置いて呪文(不明)を唱えると上に置いた作物などが転移する
作中では調合の道具を運ぶ為などにもよく使われている
危険性を考えて基本的に転送範囲は領地内だけとされているが、両方の領主が許可すれば境界を跨げないこともない
197話 213話
452話
人を転移させるための転移陣 巨大な魔法陣
魔力を注ぐと闇と光が渦巻く
アウブにしか設置できない、アウブの許可と魔力がなければ動かせない、人を転移するための転移陣
転送範囲は領地内に限られる
領地内で変事が起こった時に騎士団が駆けつけられるようにギーべの夏の館に設置してあり、
アウブが任意に作成した転移陣から「ネンリュッセル (移動先の地名)」で転移できる
1度に転移できる人数は最大で30人
境界門にも夏の館と同様に設置してあり、同じように転移できる(呪文の地名部分は不明)*56
600話 452話
631話
<3人までの固定版>
魔法陣
魔力を注ぐと闇と光が渦巻く
転移先が固定され1度に3人までしか転移できない常設タイプの物が
領地の城と貴族院の転移の間を繋いでいる
アウブの許可と魔力で起動し、転移する者はブローチで選別される
・同じ物がアーレンスバッハランツェナーヴェの館と貴族院のアダルジーザの離宮も繋いでいる
・このような領地間を跨ぐ転移陣は、設置にツェントの許可が必要
283話 452話
607話
国境門間を繋ぐ
転移陣
大神の記号が描かれた大きな転移陣 グルトリスハイトを持つツェントおよびツェント候補しか起動できない転移陣
国境門の屋根の内部の虹色のつるりとした床に描かれている
ケーシュルッセル(移動先の領地名)」と唱えると
グルトリスハイトから全属性の光を放つ魔法陣が空中に浮いて回転、
それに呼応して動き、上下から光が奔流して転移できる
毎年ツェントが国境門を開閉する際の転移に使われていた
グルトリスハイトに記載されている各門の転移陣と対応した転移陣を任意の場所に設置して転移することもできる
600話 634話
649話
650話
国と国を繋ぐ
転移陣
不明 グルトリスハイトを持つツェントおよびツェント候補は任意で転移先を変えられる転移陣
国境門が開いた部分に設置されており、ユルゲンシュミットと外側を空間的に区切っている国の結界上にある
その為、国境門が開いているとこの転移陣を境にして内側の海や土地が急に途切れ、その先が白い砂漠となっているのが見える
使用するには魔力か許可証の魔石が必要*57
611話 656話
仮称:神官長の魔法陣 魔法陣の描かれた羊皮紙 フェルディナンドが所持している魔力の流れを調べる魔法陣
本来医者の持ち物だが、フェルディナンドが自作
176話
加護を得るための魔法陣 複雑な全属性の魔法陣が刺繍された大きなカーペット 加護を得る儀式の実技の際に最奥の間の祭壇の前に敷かれるカーペット
祭壇に向かい、魔法陣の中央で立って儀式を行う
466話 472話
<フェルディナンド作>
インクで魔法陣が描かれた大きな布
フェルディナンドが自作して1人で神殿で検証し、成人後も自分だけ加護を増やしていた
アーレンスバッハへの移動の際に神殿の工房からの工房に運び込まれていた
詳しい検証結果と引き換えにローゼマインにも使用許可を出した
533話 482話
532話
オルドシュネーリの魔法陣 魔法陣が描かれた魔紙 声を吹き込み宛先をスティロで書き込んで紙飛行機にして飛ばすことでオルドナンツの代わりとして使える
飛ばされた紙飛行機は宛先側の人物の体にくっつく
文章を書き込むことも出来る
この魔法陣はオルドナンツにも使われている
636話
アンハルトゥングの魔法陣 魔法陣が描かれた魔紙 フェアベルッケンの力で隠された物を探し当てる特殊な魔法陣
シュタープで魔法陣へ魔力を注ぎ込み祝詞を唱えると光の魔法陣が上空へ上がっていき一点を照らす
637話 636話
フリュートレーネの魔法陣 魔法陣が描かれた緑の縁取りの魔紙 シュタープで魔力を込め、緑に光る魔法陣を魔力で打ち出すと緑の光を放つ
フリュートレーネの杖と同じ清めの効果があるが予め指定した対象にしか効かない
644話
ルングシュメールの魔法陣 魔法陣が描かれた緑の縁取りの魔紙 シュタープで魔力を込め、魔法陣を魔力で打ち出すと癒しの光を放つ
ルングシュメールの癒しと同じ癒しの効果があるが予め指定した対象にしか効かない
644話
フェアドレンナの魔法陣 魔法陣が描かれた魔紙 シュタープで魔力を込め、魔法陣を魔力で打ち出すと雷を放つ 646話
広域魔術の補助魔法陣 魔法陣が描かれた魔紙 クラリッサが研究開発した魔法陣で、順次改良が加えられている
シュタープで魔力を籠めて起動させると補助魔法陣が金色に光って空中に浮かび上がる
浮かんだ補助魔法陣を目がけて魔術や魔法陣をぶつけると、使用魔術の魔法陣が複数に分裂して出現したり、広域に効力を発揮する事ができる
546話 576話
592話
644話

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 501話にて、エーヴィリーベの剣は、白い魔石で刀身が出来ている、とあります。本ページにて「詳細不明」としている箇所を見直しては如何でしょうか? - 2016-09-24 14:49:04
  • もしかしてディナンってフェル”ディナン”ドから取られた? - (2017-08-28 21:31:20)
    • 深読みすればネリーも。コルネリウスの女性形コルネリアの短縮形がネリー(Nelli)で、レオノーレの英語形愛称もネリー(Nellie)だったりする。 - 2017-12-07 04:35:10
    • 水色のディナンでそうとしか思えなかった。むしろ他2体 - 2017-12-17 17:32:09
      • 他2体のモデルが気になった。 - 2017-12-17 17:32:36
  • 338話、「ギルドカードによく似た、虹色に輝くカード」を追加しませんか? 使い方がギルドカードそっくりなので。 (2018-04-07 09:41:39)
    • 追加しました (2018-04-07 11:32:48)
  • 仮称:騎獣固定魔術具ってもしかして、フェルディナンドがローゼマインのためにわざわざ作ったんじゃ?普通の騎獣を固定しておく理由が思いつかないんだけど。 (2018-04-08 20:43:09)
    • 誰かを騎獣に乗せた状態で本人だけ降りらないといけないときに使うのでは 自分で作れない状態の者や貴族院入学前の者を護衛するときに必要になるからね (2018-11-03 08:25:51)
  • 騎獣や鎧や靴のように形や大きさが変化する魔石は、やはり調合で作る魔術具なのだろうか? (2018-05-20 14:25:19)
    • 生まれた時に魔術具とセットで贈られる魔石(290話)が、自然物(魔物や親戚(人間)の死体や魔木の実)か人工物(調合品)かということ? 290話や189話で、魔術具と言葉を使い分けているので、自然物のような気がするが。  採取で入手した魔石(260話等)や死去した親族が使用していた魔石を、魔力を抜いて空にし(337話・288話・SS43話)、子供に与えているのではないかな。 元になる魔石の質で性能が変わる(223話)という辺りからも、性能が比較的似通ったものになる調合品ではなく、性能に差があって当然な自然物の印象。 (2018-05-20 18:07:03)
      • なんとなくそうじゃないかと思っていたが、ロゼマさんが魔力込めて大きくしても金粉化しないので気になってる。とてつもなく品質が良かったからだろうか? (2018-05-20 19:48:17)
        • フェルが貴重な魔石と言う(189話)位だから、相当高品質だったのではないかと。 (2018-05-20 20:30:49)
          • 虹色魔石が貴重と言っても、全属性のフェルなら魔力を込めるだけでレーギッシュ一匹から複数取れるレベルではある。 (2018-10-17 21:10:54)
    • オルドナンツは調合で作るけど「魔石」と表現されるんだから、調合後も形状が石状の物は「魔石」と呼ぶんだと思う。騎獣の魔石や鎧や靴の魔石が、採取してきたままの素の魔石に魔力を込めただけで変形させているとは思えんし、厳密には調合してある魔術具だと思うぞ。 (2018-10-17 21:44:45)
      • つか、鎧や靴の魔石はともかく、騎獣は変形させただけでなぜ動いたり飛んだりするのかを考えたら。移動や飛行が記述された魔法陣を調合してあると考えた方が自然じゃね? (2018-10-17 21:52:05)
  • 魔力が体内にこもり過ぎると体が変形したり、時には爆散したり、、魔力を込めて相手を威圧するだけで吐血させたり、魔力を込めて全身全霊で助けを請うと相手に音と映像が届いたり(マイン→ルッツ、フェル→ロゼマ)、ただの紙漉きでできた魔紙が燃えにくかったり(トロンベ紙)動いたり(ナンセーブ紙)する世界だしね。魔石の元の魔獣やら魔木(パルゥとかトロンベとか)やらの特性を考えるに、唯の魔石でも魔力を込めたら浮くぐらいはしてくれそうな気もする。勿論調合してできた物でも良いけど。 (2018-10-17 23:24:56)
    • 単に滑るように動くとか飛ぶとかならまだしも、騎獣は地上を歩いたり走ったりするし空も駆けてるからなあ。魔力のみでそんな複雑な動作が出来るなら、そもそも魔法陣とかを調合して魔術具を作らなくても、全部採取したままの魔石で出来るってことになるはず。 (2018-10-18 00:07:28)
      • むしろ逆に、普通の天馬からレッサーバス、引いては虹色スペシャルレッサーバスまで対応してしまう魔法陣(同一魔法陣で多様に対応)と言う方が凄い気もする。 オルドナンツのように、誰が使おうと同じ基本動作のみをさせるものは、下級貴族の一年生でも容易にできる位に省魔力で動作させる為に、用途を限定させた調合魔石を使用しているというオチかもしれない。 勿論、真相は知らない。 (2018-10-18 00:16:42)
        • 動きとしては足を動かして歩くor走ると、空を飛ぶだけだから、動作はほとんど同じで違うのは形だけでしょ。 (2018-10-18 01:03:07)
        • 乗り込み型の入口を開けたり閉じたりは毎回自分で変形させてるようだから、その辺は魔法陣には含まれてないだろうし。つか、レッサーバスは特殊動作が多いから、他の人物が真似できないと言う話な気もする。 (2018-10-18 01:07:12)
          • 真似できないってのは大きさを変えるとかの部分ね。大きさだけでなく座席なんかの内部構成なんかまで変わるし。 (2018-10-18 01:08:49)
          • 浮く、動くの為だけの魔法陣で、魔石から任意形状(騎乗型か乗り込み型、任意動物、羽付き羽無、手綱かハンドルか、乗り込み型の椅子個数等々)への変形や扉開閉(乗り込み型共通)等は魔法陣に頼らない普通の魔石能力という考え?  共通項以外の(=魔法陣に頼らない)動作や変化の方が多くない??  オルドナンツなんかは想像や魔力に頼ることなく小鳥型一択再現だけど……。 逆に魔力が満ちたあの世界なら、浮く動く程度のことの方が、魔法陣なくてもできそうな気もするけど……。/ 気圧差の浮力で浮く気球や磁力反発で動くモノレールのように、魔力濃度差とか属性の違う魔力の反発とかだけで動けそうな気もする。<浮く、動くの動作 (2018-10-18 06:42:32)
            • いや、根本的に必要なのは思い浮かべたイメージに応じて魔力で変形する機能。後は変形後の形状記憶補助機能くらいはありそうだと思ってるけど、最初に変形させる訓練から始めるところからして、魔法陣に形状そのものまで設定されていないと思ってる。じゃなきゃ人によって全部違う魔法陣ってことになるし。 (2018-10-18 07:13:19)
            • と言うか、オルドナンツすら調合が必要なのに、騎獣の魔石が調合不要の採取したままの魔石だと考える方がおかしいと思わない? (2018-10-18 07:14:37)
              • そこは魔法陣を何の目的で使用しているのか? によると思う。 エクセルを使用するとき、マクロなくても色々できるけど、マクロを作って使用した方が反復動作が楽なのでマクロ作るみたいに、魔法のある世界で、魔法陣なくても色々できるけど、魔法陣を使った方が省魔力かつ反復動作を深く考えずにできるから使ってる……という可能性も考えられる。(勿論違う可能性も有るが) (2018-11-03 08:48:00)
              • 後は、騎獣用魔石に調合が必要だったら、下級貴族の最下層まで準備できないのではないか?……という疑問がある。 もし調合が必要だとすると、サイズ的にも機能的にも、お金も魔力も非常にかかりそうな上、生涯使用品なので、子供用魔術具と違って使い回しが利かないので。 (2018-11-03 08:48:36)
                • 補足:使い回し→短サイクルでの使い回し (2018-11-03 08:51:22)
              • ついでにいえば、使用する前に自分の魔力で完全に染めきることが必要なので……(他者が作った)魔法陣が邪魔だったり、魔法陣が消されたりしないか?という疑問もある。  シュミル達の衣装の魔法陣の説明で、魔法陣は陣に魔力を込めて作る必要があり、魔法陣製作者と魔法陣使用者の魔力が異なると効率悪い云々とあったので…… (2018-11-03 09:00:26)
                • なるほど!シュミル達が衣装を欲しがったのは、「主が注いだ魔力を最も効率よく変換できる防衛・攻撃魔法陣」が欲しかったからか!しかしそうなると、ローゼマインの強力魔力に適応すべく作られた現在の服は消費魔力が多そうで、次の主にとって維持が難しくなるのでは?フェルディナンドに対抗できる質の魔石といい魔法陣といい、次の主(司書)は非常に大変だなあ…。 (2018-11-03 11:22:31)
                  • 国の礎の最終防衛ラインを構築する魔術具だと判明したし、ツェント本人が主となった上に国中の希少素材を掻き集めて新しい服を作らなきゃ。グンドルフ先生やヒルシュール先生がこき使われそう。全属性でないと調合すらできないのはシュミル本体だけで服はなんとかなったっけ。 (2018-11-03 17:37:23)
                    • 「ひめさま」と呼ばれることを嫌がり、男性ツェントが立つことが少なくなっちゃったりして。シュミルズを作った時姫様は既にツェントだったと思うけど、なぜ「ひめさま」と呼ばせたのやら。リヒャルダの言い方を見るに未婚だとずっと姫様呼ばわりで、シュミルズの制作に入れ込む余り婚期を逃したツェントだったりして。 (2018-11-03 17:54:45)
                      • 主となったエグへ向けて「ひめさま」「ひめさま」「わたくし、既婚の上一児の母ですのに……」orz (2018-11-03 18:03:35)
                        • 「坊ちゃま」と違って、「姫様」は別に未成年や未婚の女性に限った呼称じゃない。婚家では奥方と呼ばれても、実家に帰れば姫様のまま。姫に若年女性のイメージが定着したのは近代になってからだぞ。 (2018-11-03 18:36:44)
                          • 正式に婚約したロゼ魔さんをユストクスが「姫様」から呼び方を変えたから、少なくとも婚約式を済ませた女性は未成年でも「姫様」呼びが貴族にとって失礼に当たるのでは。成人し結婚し母親になってからでもロゼ魔さんは「若く見られてる?」って姫様呼びを喜ぶかもしれないけど。 (2018-11-03 18:54:07)
  • マントの魔法陣の刺繍なんですけど刺繍できるのは自分自身と家族だけなんですよね。独身男性騎士はある程度裁縫の心得があるのでしょうか?ユストクスは間違えなく出来るでしょうけど (2018-11-06 07:56:57)
    • ヴェローニカに取り上げられたフェルディナンドのマントは、その常識で行けば彼自身の刺繍だったと思われ(父アウブに刺繍させるなど、ヴェロが許すはずがない!フェルディナンドの魔力の糸を使ったユストクス刺繍が一部入っている可能性はあるが)。独身男性に裁縫の心得が必要かどうかはともかく、刺繍等の効率的な魔力が必要な魔法陣や調合薬には使用者と似た魔力が不可欠。それ故にユルゲンシュミットは『母親』や『血族』の存在が重要視される世界なのだろう。 (2018-11-06 10:04:43)
    • 効率重視なフェル様のことだから、マントを奪われることも考慮してインクでしか描いてなかったかも。御加護を得るための魔法陣もインクだったし。結婚前だけどロゼ魔さんの魔力の質はフェル様とほぼ同じだから、今から少しづつ刺繍してるのかな?光るインクで下書きしてるだろうから、刺繍中は目がシパシパしそう。 (2018-11-10 12:45:16)
      • ロゼ魔さん刺繍中のマントが完成するまでフェル様は自作マントを纏ってるんだろうけど、中に銀の布が縫い込んであったりと色々な魔改造が加わってそう。銀の布ならエアヴェルミーン様の魔力攻撃も防げそうだし。……防御力的にロゼ魔さん刺繍のマントいらなくね?あ、マグダレーナ様のように二枚のマントを纏えばいいか。 (2018-11-10 13:01:45)
  • 中央とアレキサンドリアは色が変更になったわけだけれど、聖典の鍵の宝石の色ってどうなったんだろう? ふぁんぶっく3のQAあたりで何か新情報あった? (2018-11-21 15:43:54)
    • 宝石の色云々は実際に変化する5部完結まで、書籍側での対応はまずないだろ。 (2018-11-21 17:28:41)
  • 領主候補生コースの練習用箱庭はこのページ的にどういう扱いになるんだろう。各領地に無いから予習できないはずと言われつつフェルが普通に用意していたことを考えると、グル典持ってない人に作れないとか? ギーベ領だの小神殿だのの礎は領主候補生が任意に作れるっぽいけれど、アウブ領の礎は (礼拝室・聖典・鍵・神具等とセットで?) ツェント候補生にしか作れないとかなんとかそういう設定あったっけ? (2018-11-30 01:31:09)
    • [1] グル典持ちでないと作れない、[2] グル典のみにある知識がないと作れない、[2]' [2]+光と闇の属性持ちである必要がある、 [3] 貴族院図書館にある知識で作れる、[3]' [3]+光と闇の属性持ちである必要がある ([3]の場合は地下書庫のみとか、非常に古い文字で記載されているとかの制約付き) ……ざっとこれくらいかな? 可能性としては。<領主候補生コースの練習用箱庭 (2018-11-30 06:53:06)
    • ツェント候補生【にしか】作れないかどうかは知らないけど、ツェントが作ったという記載はあるね。 まあ、付与される権限(適用される結界範囲含む)上、領地用ではなく国用の供給の間への登録が必要と言うのはあってもおかしくないとは思うけど。 (2018-11-30 06:53:35)
    • 本物のアウブ領の礎がグル典無いとどうにもならなくて現状辛いって話は頻出するのに、フェルは(講義内容の領主候補生以外への秘匿はしているのに)箱庭使って自領で予習させたこと自体は口止めしていないんだよね。あと、領主候補生コースの実技で使った箱庭とフェルが予習に使わせた箱庭とでは礎の形状に差異がある。これらを複合して考えると、貴族院の授業で実際に使うツェント謹製の箱庭と予習用箱庭が実は別種の魔術具という可能性もあるか。その場合、前者の扱いがツェント専管の代物なのかどうか不明なのは相変わらずとして、エーレン領の予習用箱庭は(アウブならツェント候補生であった古代とは事情の異なる現在の)領主候補生の権限で十分製作可能なもの(↑の[3]とか) なのかもね。さすがに200年しか歴史の無いエーレンが、アウブがツェント候補だった御世から大切に箱庭を保管してきて代々受け継いできた(あるいは、エーレン成立時に当時のツェントから下賜されていた)というのはさすがに考えにくい (2018-11-30 10:25:16)
      • そういえばトラ王はグル典無いから何も出来ないと専らの評判だったけど、境界線の引きなおしとか廃領の礎の管理とか、国の礎の魔術さえ押さえていればグル典無しでも領主候補生の知識の範囲だけで何とかなる余地あったのかな?そこら辺の設定は箱庭制作権限?技術?周りの設定とも連動していそうではある。具体的なことは作者に聞かないとわからんけど、このページで箱庭扱うとしたら、領主候補生コースで実際に使うものと予習用を別項目にするべきか、それとも単一項目にした上で、説明上で両者が別物の可能性を記載するか。悩ましい (2018-11-30 10:36:38)
  • 貴族院外伝(kindle版)の最後の魔力供給イラスト見ていて気になったんだけど、シュバルツもヴァイスも右目の上に線がアンテナというかあほ毛というかな感じに突き出てないか? 本文での描写にもふぁんぶっく2のキャラデザにもそんな特徴かかれてなかったと思うんだが、なんだあれ? (2018-12-01 23:45:49)
    • 他のイラストでもその辺に生えてるのは眉毛くらいだけど、眉毛にしては向きがおかしいから、ソランジュの手の動きを表現した流線ってところだろ。だとしたら、シュバルツは供給の順番を待っているのではなく、終わって目を開いたところってことになる。 (2018-12-02 16:49:51)
    • 一応リアル兎の写真見ると、目の上あたりでヒゲのように硬い毛が、ヒゲより少ない本数あるみたいだな。4部1巻の表紙絵には両目の上に1本ずつ生えてるようだし、とりあえず眉毛? でいいかもしれない。 (2018-12-04 17:55:24)
      • ……本当だ、確かにまつげなんだかまゆげなんだかよくわからないのが数本立ってるウサギの写真が沢山出てくるね。リアル系シュミル人形の造形恐るべし (2018-12-04 19:44:09)
        • 目の上の眉間よりからぴょろっと数本ずつ伸びてるのは眉毛だよ。犬や猫にも生えてる。でも、4-1のカバーイラストみたいに外向きに生えるのが普通だから、外伝イラストの真上に向いてる線はちょっと変なんだよな。だから手の動きなんじゃないかって言ったんだけど。 (2018-12-04 22:35:41)
        • 4-1の259pとか4-2の口絵、133pなんかではちゃんと外向きに生えてる。外伝は表紙でも省略されてるから、あの線は眉毛じゃなさそうな気がするんだよな。 (2018-12-04 22:46:07)
          • 2例とも見たけど、比較的正面向きではないか? 外伝の挿絵はほぼ真横だからこそあの方向になったんだと思う。 (2018-12-05 01:40:29)

*1 第588話

*2 第494話

*3 第80話

*4 第231話

*5 第148話

*6 第417話

*7 第146話、第273話、第351話、第537話、SS26話

*8 分配数に関する表記は第537話

*9 第226話

*10 第512話。明言はされていないが、恐らく奉納式に参加している

*11 第146話、第495話

*12 第497話 親の神具に魔力を流すことで神殿の神具のように魔法陣が強制学習されて自然に脳裏に浮かぶようになるのかどうかは不明。第500話でローゼマインが使用しているように、血族以外の者でも白い石板の魔法陣を覚えて訓練する事で構築する事も可能なことや、第497話で強制学習の事を説明されたハンネローレから既知の反応が無いことから、血族の者も浮かび上がる魔法陣を自力で覚えている可能性が高いと思われる。

*13 第500話 ハンネローレがこの手順を行っているかどうかは不明。フリュートレーネの杖を強制学習するまでは不必要な手順である可能性が高いと推測される

*14 第37話 商業ギルド

*15 第72話 決着

*16 第299話、他

*17 第473話

*18 2018年11月10日活動報告 11/12感想返し https://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/372556/blogkey/2167133/

*19 存在自体は176話から言及されている

*20 書籍第四部V「ヒルシュールの来訪と進級式」

*21 第506話

*22 第416話

*23 名称の初出

*24 325話「わたしが帰る場所」

*25 第603話、SS37話/実際には、相手が異なる領地にいた為に届かなかっただけというケースもある(第621話)為、死亡証明にはならない

*26 第126話、第160話他

*27 第387話、SS24話、第602話他

*28 エーレンフェストとイルクナーの間は、騎獣で数刻かかるが(第248話より、朝出て昼休み挟んで午後着)、オルドナンツだと極短時間でやりとりができる(第598話、第621話)

*29 但し、近距離かつお互いの間に障害物が少ない場合以外は追跡が難しく、居場所の特定が難しい(SS37話)為か、極特殊なケース(第603話)以外は使用を控えない模様(第615話)

*30 440話「来訪者と対策」

*31 オルドナンツの飛行速度の問題(※)もあるかもしれないが、一方通行かつ三度繰り返すという伝言を行き来させるより、直接対話した方が話が速いという効率の問題もあるものと思われる。※それでも長距離の場合、騎獣の全力疾走より遥かに速い

*32 535話

*33 複数人での初使用。他、209話のユストクス達との祈念式打ち合わせや558話のエーレンフェスト領主一族全員での会議など

*34 設定等まとめ 季節・曜日・時間設定

*35 第288話 算術・神学・魔力の扱い

*36 第243話 印刷物を増やそう

*37 外伝1「閉架書庫と古い日誌」

*38 ハンネローレに対して、フェルディナンドが新しく作ってくれたと言っていることから、貴族院でヒルシュールとフェルディナンドが合作しエーレンフェストで図書館(旧フェル邸)管理をしていたアドレットと、貴族院に同行したアドレットは別物(第一号と第二号の関係)の可能性も考えられる。人ではなく物なので絶対的な判断基準ではないものの、色と機能と名前が同じであることから、「新しく」発言は他とひっくるめられただけで同一魔術具であると考えることもできる。

*39 第493話

*40 初出時は「フェアベルッケンの印」と呼称されているが、再出以降はお守りと呼称されている&アダルジーザの離宮に続く扉に刻まれたフェアベルッケンの印と紛らわしい為、ここではお守りと記述する

*41 第417話など作中数回「お守りの魔術具」と呼称されているが、基本的には単に「お守り」と呼ばれる

*42 535話

*43 421話

*44 559話、623話、642話、647話、648話

*45 470話、SS19話、495話、550話、559話

*46 623話

*47 647話

*48 548話

*49 551話

*50 名称の初出

*51 名称の初出

*52 名称のみ

*53 アーレンスバッハの鍵もディートリンデから取り上げた後すぐにフェルディナンドが使っている

*54 アーレンスバッハの礎を染めた後のローゼマインが登録の魔石をすぐに使えている

*55 エーレンフェスト神殿で行われていた誓いの儀式は形式のみで、入室許可証が使用されている可能性もある。平民は隠し部屋に入る為のブローチのように別途魔術具を渡されている可能性もある。

*56 呪文は出てこないが、アーレンスバッハとの礎争奪戦の終了後、エーレンフェスト城からアーレンスバッハとの境界門やダンケルフェルガーとの境界門に騎士達を送り届けている為、設置はしてある模様(礎までの往路では通っていないルートの為、最初から設置してあったと考えられる)。往路にて「キルンベルガ」と指定した際にキルンベルガの境界門ではなく夏の館に転移した為、地名とは別の指定が入ると思われる

*57 ボースガイツの侵攻の際は、当時のアウブを唆して許可証を入手していたと思われる。ランツェナーヴェの侵攻の際は、兵が乗っていた船が魔力を吸収していた。魔力を持つ者を受け入れるのがユルゲンシュミットなので、外側の者は魔力があれば使用できると推測される