政変

政変(せいへん)とは、現ユルゲンシュミット国王であるツェント・トラオクヴァールが即位するまでの一連の争いのこと。


政変に至った契機

次期ツェントとなれないことに不満をもった前王の第一王子によって、グルトリスハイトの魔術具を継承した前王の第二王子が殺害され、同時にグルトリスハイトを失ったことから始まる。 *1
最も魔力が高いものを選ぶため、本来は競争によってツェントが選ばれるものであったが、王位継承の方法が長い歴史の中で親が選んだ者にグルトリスハイトの魔術具を継承するように変質しており、新たにグルトリスハイトを得る手段が失伝していたため、泥沼の戦いに突入することになった。

前王の第一王子vs前王の第三王子

  • 第二王子の同母の兄弟であった第三王子がグルトリスハイトを持っていると考えた第一王子が争いを仕掛けた。 *2
  • 国を半分に割るほどの熾烈な争いになった。 *3
  • 第一王子は敗北し、第三王子は死ぬ間際に第一王子の放った暗殺者にやられて共倒れする。 *4
  • クラッセンブルクは争いに勝利したが、血族が殺されて怒り狂う。 *5

前王の第一王子陣営

  • 不明

前王の第三王子陣営


結果

引き分け。両者の死亡によって共倒れに終わる。

前王の第四王子vs前王の第五王子

  • 前王の第一王子と前王の第三王子が共倒れしたため、それぞれの権力を後ろ盾に再度争うことになった。 *6
  • クラッセンブルクが後ろ盾につき、ダンケルフェルガーの領主候補生を第三夫人に娶ったこと大勢が決し、前王の第五王子が勝利する。 *7

前王の第四王子陣営


前王の第五王子陣営


結果

第五王子が勝利し、王に即位する。

政変の影響

領地の再編

  • 大領地ベルケシュトックをはじめ、4つの領地が取り潰される。
旧領名 管理者
ベルケシュトック ダンケルフェルガーとアーレンスバッハに分割して統治
ザウスガース クラッセンブルク
シャルファー 一部は中央に吸収され王の直轄地が拡大する。 *8
トロストヴェーク

粛清

第四王子とその親族や後ろ盾の貴族に対して、大規模な粛清が行われた。 *9
  • 前アウブ・フレーベルターク *10
  • アウブ・ベルケシュトックの妹 *11
  • 前任の貴族院図書館の司書(ベルケシュトック出身) *12
  • アダルジーザの女達 *13

魔力不足

粛清によって貴族の数が激減し、ユルゲンシュミット全体が魔力不足に陥る。 *14
管理する者を失った魔術具が動きを止める。

知識の失伝

王や次期王が知っておくべき情報がたくさん保管された貴族院の地下書庫の重要性を王族が把握していなかった。 *15

各領地の状況

エーレンフェスト

  • ある程度魔力のある神官/巫女が中央神殿に移動したり、貴族院に通える子弟が還俗したことで神殿が深刻な魔力不足に陥る。
    神殿に魔力持ちである身食いのマインが迎えられることになる切っ掛けともいえる。
  • 騎士を中央に送らねばならず騎士団の人員が不足する。

アーレンスバッハ

  • 領主候補生が不足する。
    領主と同世代の領主候補生を廃する領地独自の決まりに加えて、次期領主と目されていた第二夫人(アウブ・ベルケシュトックの妹)の二人の息子を助命するため上級貴族に落とすことになったため。 *16
  • 旧ベルケシュトックの管理を任されたが下記のように境界を引き伸ばすことができないため土地の魔力を満たせず、礎も見つからないため旧ベルケシュトックはゆっくりと荒廃している。
  • 唯一国境門が開いているため外国との取引を一手に任されている。

ドレヴァンヒェル

  • 勝ち組領地の負担として、負け組領地が遠かったため、土地の管理の代わりに中央に多くの上級貴族を派遣しており、領地内に上級貴族が少ない状況となっている。代わりに移動できない領主候補生は多くいる。 *17

グルトリスハイトが失われた影響

  • 現状を維持することしかできず、王族は人身御供のように魔力を注ぎ続けている。 *18
    • 上記は王族の見解で、実際は国の礎を満たす魔力が全く足りておらず、現状維持すら覚束ない有様でユルゲンシュミットは崩壊の危機に陥っていた。
  • 領地の境界線の引き直しができない。 *19
  • 国境門の開閉ができない。
    唯一開いた国境門があるアーレンスバッハに外国との取引を任せている。 *20
  • 正統な王でないとして即位を拒否しようとした中央の神殿との関係が悪化した。 *21

貴族院の講義内容の変化

  • シュタープの取得年次が3年から1年に変更された。これによって高品質なシュタープを得る機会が減少する。
  • 先生が入れ替わり、大幅に講義内容が変化した講義がいくつかある。 *22
  • 全体的に人数が減ったため宝盗りディッターが廃止され、早さを競うディッターが採用された。 *23

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • アーレンスバッハの領主候補生不足は、直接の原因は政変じゃなく、領主になった者と同世代の領主候補生を全員上位貴族に落とすという独自の習慣のせいでしょ。 - 2017-01-31 03:01:56