政変

政変(せいへん)とは、現ユルゲンシュミット国王であるツェント・トラオクヴァールが即位するまでの一連の争いのこと。


政変に至った契機

次期ツェントとなれないことに不満をもった前王の第一王子によって、魔術具のグルトリスハイトを継承した第二王子が殺害され、同時にグルトリスハイトを失ったことから始まる*1(当時病床にあった前王も第二王子の死亡後に立て続けに死亡してしまっている*2)。
本来の王位継承は、競争によって最も魔力が高い者が選ばれるものであったが、長い歴史の中で親が選んだ者にグルトリスハイトの魔術具を継承するように変質しており、新たにグルトリスハイトを得る手段が失伝していたため、泥沼の戦いに突入することになった。

前王の第一王子vs前王の第三王子

  • 第一王子が、第二王子の同母弟である第三王子がグルトリスハイトを持っているのではと考え、争いを仕掛けた。*3
  • 国を半分に割るほどの熾烈な争いになった。*4
  • 政変中は貴族院でも皆が常に隠し玉の魔術具や武器を持ち歩いているような、殺伐とした状況だった。*5
  • 第一王子は敗北し、第三王子は第一王子が死ぬ間際に放った暗殺者に家族ごと毒殺されて共倒れする。*6
  • クラッセンブルクは争いに勝利したが、娘や孫達が殺されたことで怒り狂う。*7

第一王子陣営

  • 不明(この陣営が政変後半の第四王子陣営となる)

第三王子陣営


結果

引き分け。両者の死亡によって共倒れに終わる。

前王の第四王子vs前王の第五王子

  • 第一王子と第三王子が共倒れしたため、それぞれの権力を後ろ盾に再度争うことになった。*8
  • クラッセンブルクを後ろ盾とした第五王子自身も何度も命の危険に晒されるほど、激しい戦いとなる。*9
  • ダンケルフェルガーの領主候補生を第三夫人に娶ったことで大勢が決し、第五王子が勝利する。*10

第四王子陣営


第五王子陣営


中立


結果

第五王子トラオクヴァールが勝利し、王に即位する。

政変の影響

領地の再編

  • 第四王子陣営に加わった負け組領地の内、大領地ベルケシュトックをはじめ4つの領地が取り潰される。
    • 潰された廃領地は勝ち組領地への褒賞として与えられたが、境界の引き直しが出来ないため暫定的な管理しかできず、結果的には負担となっている。
旧領名 管理者
ベルケシュトック ダンケルフェルガーとアーレンスバッハに分割して統治
ザウスガース クラッセンブルク
シャルファー 中央に吸収され王の直轄地が拡大する*13
トロストヴェーク

粛清

当初は、第四王子本人も含めた敗戦者や連座対象者の処置を白の塔入りや罰金で済まそうとしていたが、
トラオクヴァールの即位後にもベルケシュトックが命を狙ってきたり、生まれたばかりの姫の命を盾に第四王子への譲位を迫る者が現れたりした為*14
第四王子とその親族や後ろ盾の貴族に対して、何百人規模にもおよぶ*15、大規模な粛清が行われた。*16

人員・魔力不足

  • 粛清によって貴族の数が激減し、ユルゲンシュミット全体が魔力不足に陥る。*33
    • 不足を補うため、青色神官/巫女を還俗させられるように貴族院で特別措置が多く取られ*34、魔術具や指輪を与えられる。
    • 各領地から中央騎士団に騎士を徴用する。
    • 各領地から中央神殿に、ある程度魔力のある青色神官/巫女を徴用する。
  • 管理する者を失った王族の魔術具や*35、貴族院の図書館の魔術具が動きを止める。

知識の失伝

貴族院図書館の上級司書が粛清された事により、王や次期王が知っておくべき情報がたくさん保管された貴族院の地下書庫の重要性を王族が把握していなかった。*36

グルトリスハイトが失われた影響

  • 領地の境界線の引き直しができない。*37
  • 国境門の開閉ができない。
    • 唯一開いた国境門があるアーレンスバッハしか外国との交易ができない。*38
  • 正統な王でないとして即位を拒否しようとした中央神殿と王族の関係が悪化する。*39
  • 王族は現状を維持することしかできず、人身御供のように魔力を注ぎ続けている。*40
    • 上記は王族の見解で、実際は国の礎を満たす魔力が現状維持にも全く足りておらず、ユルゲンシュミットは崩壊の危機に陥っていた。

貴族院の講義内容の変化

  • シュタープの取得年次が3年から1年に変更される。
    • これによって高品質なシュタープを得る機会が減少する。
  • 全体的に人数が減ったため宝盗りディッターが廃止され、速さを競うディッターが採用される。*41
    • 宝盗りディッターは座学で学ぶだけとなり*42、実技面では速さだけが重視・評価される事で、(領地によっては)騎士見習いの質が大幅に低下する。
    • 文官見習いや側仕え見習いがディッターに参加する機会が減少し*43、騎士見習いとの距離感も大きくなり、全体としての戦力が弱体化する。*44
  • 教師とその助手がまとめて入れ替わり、大幅に講義内容が変化した講義がいくつかある。*45

各領地の状況

エーレンフェスト

  • 中立で乗り切った事で、領地の順位が相対的に浮上する。
  • ある程度魔力のある青色神官/巫女が中央神殿に移動したり、貴族院に通える年齢の見習いや結婚可能な年若い青色神官/巫女が還俗したことで、神殿が深刻な魔力不足に陥る。
    神殿に魔力持ちである身食いのマインが迎えられることになる切っ掛けともいえる。
  • 騎士を中央に送らねばならず騎士団の人員が不足する。

アーレンスバッハ

  • 領主候補生が不足する。
    領主と同世代の領主候補生を廃する領地独自の決まりに加えて、次世代の領主候補生は、次期領主と目されていた第二夫人(アウブ・ベルケシュトックの妹)の二人の息子を助命するため上級貴族に落とすことになったため。*46
  • 管理を任された旧ベルケシュトックは土地の魔力を満たせず、礎も見つからないため、ゆっくりと荒廃している。*47
  • 唯一国境門が開いているため、外国との交易を一手に任されている。

クラッセンブルク

  • 境界線が引きなおされない状態で、元ザウスガース領の管理を任された。
  • 国境門が閉ざされて、交易が停止している。
  • 第三王子の第一夫人として嫁いだ先代アウブの娘とその子供達が暗殺された為、唯一の生き残りであるエグランティーヌを本来の王族の身分に戻そうとしていた。

ダンケルフェルガー

  • 管理を任された旧ベルケシュトックは土地の魔力を満たせず、礎も見つからないため、ゆっくりと荒廃している。*48
  • 国境門が閉ざされた為、交易が停止している。*49
  • 元王女であるエグランティーヌを抱えるクラッセンブルクの方が重用されていることで、クラッセンブルクと少し緊張関係にある。*50

ドレヴァンヒェル

  • 負け組領地が遠かったため、土地の代わりに中央に多くの上級貴族を派遣することで影響力を増すが、領地内に上級貴族が少ない状況となり、結果的にはやはり負担となっている。代わりに中央に移動できない領主候補生は多くいる。*51

ギレッセンマイアー

  • 国境門が閉ざされて、交易が停止している。
  • 婚姻による親戚である王族を支えられるように大きな負担を負っている。*52
    トラオクヴァールの第一夫人の出身地)

ハウフレッツェ

  • 国境門が閉ざされて、交易が停止している。
  • 婚姻による親戚である王族を支えられるように大きな負担を負っている。*53
    (11年頃にジギスヴァルトと結婚したナーエラッヒェの出身地)


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • アーレンスバッハの領主候補生不足は、直接の原因は政変じゃなく、領主になった者と同世代の領主候補生を全員上位貴族に落とすという独自の習慣のせいでしょ。 - 2017-01-31 03:01:56
  • 改めて見ると、王族って自分勝手ですね。 - 2018-02-20 19:00:53
  • 粛清された貴族院図書館の司書3人がベルケシュトック出身なのを“第310話 王子からの呼び出し”からは確認出来なかった (2018-06-16 12:33:25)
    • 顔色の悪い王族でローゼマインがベルケシュトックの司書を処刑したから知識の断絶が起きたと言及しています。 (2018-06-16 20:55:17)
      • 脚注に652話 (2018-06-17 17:43:28)
        • 追加しました。 (2018-06-18 01:15:43)
  • 前王の第五王子陣営ni (2018-07-12 02:49:50)
  • 失礼しました。「前王の第五王子陣営」に、第一夫人の出身であるギレッセンマイアーを追加しませんか?先年まで4位にいたのは ある意味褒賞でしょうし。 (2018-07-12 02:54:21)
    • 追加しました。 (2018-07-12 20:46:42)
  • 政変ってフェルディナンド様が何歳のときに起こったんですか? (2018-07-18 18:46:23)
    • フェルが貴族院を卒業した後なのは間違いない。ヒルデブラントとの年齢差から逆算すると、多分17歳くらい。 (2018-07-18 20:06:15)
      • (政変終結時が) (2018-07-18 20:07:41)
    • 明確な開始時期は提示されていない。ただ、政変が勃発している状態で、第三王子(エグの父)や第五王子(アナの父)が子作りに励むとは思いにくいので、どんなに早くても政変前半の開始は前04年(フェル公称9才)以降と思われる。 一方、フェルディナンドがグルトリを取得したときが政変後半中(第585話)なので、どんなに遅くてもフェルディナンドが貴族院にいた最終年(02年/フェル公称15才)には勃発済。 (2018-07-18 20:49:44)
  • エレンフェストの周りが政変の中心なのによく中立で通ったなあ このあたりも女神のお導きで助言があったのだろうか? (2018-11-07 23:27:57)
    • ……政変中に、領主が病に伏していたからね(SS17話) ユルゲンの政治形態上、領主が動けなければ、中立以外になりようがない。(「政変は中立でどちらにも【ついて】いなかった」ではなく「政変は中立でどちらにも【つけて】いなかった」と述懐しているところにすべてが現れているかと) (2018-11-08 00:14:37)

*1 第478話 王族からの依頼

*2 書籍版 貴族院一年生「素晴らしきディッター」

*3 第519話 エグランティーヌとの話し合い

*4 第281話 夕食会と短期集中講座

*5 貴族院一年生「素晴らしきディッター」

*6 第281話 夕食会と短期集中講座、書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」

*7 第400話 頭の痛い報告書(二年)前編、書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」

*8 第281話 夕食会と短期集中講座

*9 第281話 夕食会と短期集中講座

*10 第400話 頭の痛い報告書(二年) 前編

*11 ふぁんぶっく3

*12 ふぁんぶっく3

*13 第358話 領主会議の報告会

*14 貴族院一年生「閉架書庫と古い日誌」、この姫はトラオクヴァールの第二夫人の娘で、結局この際に命を落とした/2018年10月06日活動報告 10月11日返信

*15 第649話

*16 第281話 夕食会と短期集中講座

*17 貴族院一年生「閉架書庫と古い日誌」

*18 第223話 奉納式

*19 アウブ・ベルケシュトック(第402話)、ザウスガース(第656話)、シャルファー(第656話)、トロストヴェーク(第656話)など

*20 設定等まとめ ふぁんぶっく2 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン

*21 貴族院一年生「閉架書庫と古い日誌」

*22 2018年11月10日活動報告 11/12感想返しより、粛清対象になったと思われる https://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/372556/blogkey/2167133/

*23 貴族院一年生「閉架書庫と古い日誌」

*24 第310話 王子からの呼び出し

*25 第652話 顔色の悪い王族 その1

*26 貴族院一年生「閉架書庫と古い日誌」

*27 第368話 アーレンスバッハの現状

*28 第384話

*29 第298話/貴族院一年生「閉架書庫と古い日誌」

*30 第281話/この王女はアダルジーザの実(=傍系王女)の可能性がある

*31 SS19話/アダルジーザの実(=傍系王女)だと思われる

*32 第635話。第633話の「当時三人いたアダルジーザの女達」からセラディーナを除いた二人+穴埋め用のランツェナーヴェの姫が含まれている可能性は高いと思われるが、特に前者は最低でも粛清の30年以上前には既に離宮に存在している為、まったくの同一かどうかは不明

*33 第359話 私的な報告会

*34 第289話

*35 第358話

*36 第483話 お返事 後編

*37 第460話 閑話 アーレンスバッハ生活の始まり

*38 第510話 王族との社交

*39 第401話 頭の痛い報告書(二年) 後編

*40 第478話 王族からの依頼

*41 第296話 初めての土の日

*42 第492話

*43 第499話

*44 第358話

*45 第298話 騎獣作成合格

*46 第368話 アーレンスバッハの現状

*47 SS 23話

*48 SS 23話

*49 第600話

*50 SS7話

*51 第558話 領主会議の報告会(三年)前編

*52 第558話 領主会議の報告会(三年)前編

*53 第558話 領主会議の報告会(三年)前編