ローゼマイン式魔力圧縮法

ローゼマイン式魔力圧縮法(ローゼマインしきまりょくあっしゅくほう)とは、ローゼマインが考案した魔力圧縮法である。


概要

マインが領主の養女となる前に、魔術具が無い中、あふれ出る魔力を片付け生死の境目で生きるため*1に無自覚に魔力圧縮を行ったのが始まり。*2
貴族院で教えられる魔力圧縮の方法とは異なる方法であり*3、成人してからでも効果がある。*4
複数の圧縮方法を組み合わせる点が従前の圧縮方法とは異なる。*5
魔力の扱いで重要になるイメージを明確にするため、木箱やマント、革袋をつかって視覚的に圧縮法を説明する。*6

圧縮方法開示の条件

前提条件

圧縮方法の開示には以下の条件を満たしたものである必要がある。*7

契約魔術の締結

前提条件を満たしたうえで、以下の条項を含む契約魔術を締結する必要がある。*8
契約魔術はエーレンフェストのみでなく他領にも影響を及ぼす規模のものが使用される。恐ろしく高価。*9

  • ローゼマインの敵に回らないこと
  • 魔力圧縮の方法は家族を含め他の誰にも教えないこと

料金

さらに、圧縮方法の開示には階級に応じた料金を支払う必要がある。*10

階級 金額
上級貴族 大金貨二枚
中級貴族 小金貨八枚
下級貴族 小金貨二枚

ただし、同じ家族の二人目からは半額になる。
また、料金の半額を契約魔術のため費用として、エーレンフェストに納めることになっている。

圧縮方法

第一段階圧縮

魔力の扱い方を知らない下町時代に行っていた方法。

  1. 体にある魔力を、頑張って中心に集め、強引に押し込める。

実は一般的な貴族が行う魔力圧縮と同じであった。

第二~三段階圧縮

魔力を扱う感覚が分かったことで、第二~三段階へと圧縮を進める。
9年冬に、保護者の要請を受けて、合計三段階の圧縮方法として開示した。

  1. 体にある魔力を、頑張って中心に集め、強引に押し込める。
  2. 押し込めた魔力を、マント等を畳むように折り畳む。
  3. 折り畳んだ魔力を、革袋に入れて上からプレスするように押し潰してペラペラにする。

魔力成長の止まった成人でも、第一段階までしか圧縮していない者なら、第二段階以降を学べば魔力濃度を上げられ、実質的に魔力を高められる為、大人たちからも高く評価された。

フェルディナンドとゲオルギーネも、第二段階の魔力圧縮は知っていた。
  • 領主候補生は「布を畳む」等の雑事を自分ではしない(側仕えがやる)ので、まずイメージできないであろう点。
  • 個人によって異なるはずの魔力圧縮を、フェルディナンドとゲオルギーネが同様のイメージで行っている点。
以上のことから、フェルディナンドとゲオルギーネが第二段階を知ったのは独創ではなく「すでにある知識を得た」のであり、それが地下書庫に記載された「王族の魔力圧縮法」だった可能性が高いと予想できる。
フェルディナンドは貴族院時代に地下書庫の知識を得ている。ゲオルギーネの場合、アウブになれなかったのは弟ジルヴェスターを魔力量で大きく上回ることが出来なかったのも要因の一つであり、もし貴族院時代に第二段階を知っていたら弟を大きく上回れたであろうから、アーレンスバッハに嫁いだ以降に第二段階を知ったと思われるが、どこで得たのかは不明。ランツェナーヴェ成立過程やその後のやり取りから王族と関係が深い(国境門が闇つまりは黒色を表し、王族のマントの色と同じことから王族の出身地の可能性もある)であろうことから、アーレンスバッハも王族と同じ圧縮方法を知っており、魔力不足の状況から第三夫人でもあるゲオルギーネに教えたと思われる。
また、ヒルデブラント王子が母マグダレーナから教わった、おそらくダンケルフェルガーの領主一族の秘伝であろう圧縮方法も、これと同様のものである可能性がある。(ダンケルフェルガーは建国以来存在し続けている領地であり、過去にはツェントを輩出したこともあるので、王族と同じ圧縮方法を知っている可能性がある。ちなみに、マントの色は青であり国境門も火となっている)

第三段階は、ローゼマインの独自発想。すでに第二段階を行っていたフェルディナンドにさえ苦行と言わしめるほど、さらに大きく圧縮することが出来るようだ。
ただしその分、精神に対する負担も大きく、教われば誰でも簡単に出来る、というものでもないようだ。*11

第四段階圧縮

11年冬の貴族院での魔力圧縮の講義の際、さらに圧縮しなければならないと考えたローゼマインは、ヒルシュールの助言を参考にして魔力から水分を抜くイメージで四段階の圧縮を考案し、*12以下の四段階になる。
ローゼマインの側近と首脳陣に方法が開示され、それ以外へは切り札として保留された。*13

  1. 魔力を煮詰めて、嵩を減らす。
  2. 嵩の減った魔力を、頑張って中心に集め、強引に押し込める。
  3. 押し込めた魔力を、マント等を畳むように折り畳む。
  4. 折り畳んだ魔力を、革袋に入れて上からプレスするように押し潰してペラペラにする。

実はフェルディナンドも最初は(おそらくヒルシュールに学び)「煮詰め」式の圧縮をしていたが、その後「折り畳み」式を知ってからは、そちらの方が効率が良いと分かって、圧縮方法を切り替えていた。
どちらか一方、ではなく、組み合わせて合体させる柔軟性がローゼマイン流、とフェルディナンドを驚かせる。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 布団圧縮袋が元なんだから、プレスする前に革袋に入れないと。 - 2016-10-24 22:57:48
  • そういえば、今全員揃ってるんだな。 - 2016-10-25 10:17:12
  • あのフェルディナンドをして苦行と言わしめるくらいだから、知識を得ても実践できる人間は相当に限られそう - 2017-02-04 14:18:24
  • 最後から二行目のフェルディナンドの魔力圧縮方法推移は、「ボイル」→「折り畳み」(ここまでマイン関与無/以降、マイン関与)→「折り畳んだ上にブレス」→「折り畳んでブレスした上にボイル」だと思う。 - 2017-09-12 06:59:52
  • 正直なところ、男女両方の領主候補生がいた場合、男性ではなく女性を領主とする際に必要な魔力差がどの程度なのかは不明だと思う。相当な魔力差があっても、フェルではなくジルが、ヴィルではなくロゼマが選ばれたりするように、男性が領地サイズに必要なレベルの魔力を持っていたら、女性の方が大きく上回っていても、男性を選択するのかもしれない。 男性の魔力量が足りない場合に、初めて、女性の魔力量と男性の魔力量を比較して判断するとか。(必要条件:魔力量が多い、十分条件:その時々の領主次第?) - 2018-01-15 21:04:03
    • (訂正)×ヴィルではなくロゼマが 〇ロゼマではなくヴィルが - 2018-01-15 21:06:14
    • どうかなぁ、神殿育ち+養子+虚弱という負の要素がロゼマには元々あるし、フェルも母+後ろ盾が無いから領主になれないと言っているから魔力や性別以外の要素も大きい。この二人とゲオは比較対象や参考にならないと思う。ゲオの方が背景としては圧倒的に恵まれているからね。能力や実績はフェル・ロゼマだが。 - 2018-01-16 02:13:30
      • ゲオのケースがフェルやロゼマと全く同じとは思わない。ただ、初代ギーベ・グレッシェル↓(勢力問題重視)⇒ボニファティウス↓(本人の意志をごり押し))⇒ジル↑(性別重視)⇒フェル↓(ヴェロ意見重視⇒ヴィル↑(ジル希望重視)と、魔力以外を重視したケースが続いている辺り、エーレンは魔力以外を重視する土壌があるのかもしれないとは思う。 - 2018-01-16 07:41:59
        • エーレン領風(魔力は比較的軽視)ならジルだけど、ドレヴァン領(血統より魔力重視)風だったらゲオということもありうる気がする……という意味で、十分条件(女性を採用する場合の魔力差の程度)はその時々の領主次第かなと思う。 - 2018-01-16 07:56:26
        • あのヴェロにフェルをヴェロの子として迎えることを打診するあたり(当然却下されたけど)、先代エーレンは人間感情の機微に少々疎そうだし、領主になりたくないと言って弟に領主を押し付けた兄(ボニ)を持ってたりもするから、男でも大変な領主を女の子にさせるのは可哀想とかいう、(ゲオ的には余計な)親心を発揮したのかもしれないとも思う。ロゼマを領主にしない理由としてヴィルが述べたような発想で。……もちろん、実際のところは不明だけど。 - 2018-01-16 08:09:38
        • ついでに言えば、アイゼンライヒ(中領地)の最後の領主(女性)が中央に領地返上宣言をしたことで、エーレンになったという領地成立経緯も、女性が領主になるのを避ける土壌を作っているかもしれない。  ……要は「エーレンでは、第二段階レベルの魔力差があっても、性別差を覆せたとは限らないのではないか?」というだけの話。勿論、真相は不明。 - 2018-01-17 20:20:52
  • 次期アウブがジルと周知された後のゲオルギーネ6年生頃に、地下書庫で魔力圧縮法を知った可能性はあると思います。 - 2018-01-17 16:32:48
    • フェルのように側近も敵という状況でない限り、領主候補生が図書館に行くこと自体がまずない。地雷さんが金粉やアナに言っていたが、本の貸し借りなどの雑事も普通側近で済ませるのでその可能性はかなり低い。作中の動向やそれを匂わせる描写もないですし。 - 2018-01-18 21:36:24
      • 領主候補生が図書館へ行かない慣習は、いつ頃確立したのだろうね。ジェルヴァージオの学生時代は王族や準王族は図書館へ行ってたようだけど(ソランジュと結構親しくしてたようだし)、領主候補生はどうなのだろう。意外と政変前の図書館シュミルsが活躍していた頃は、シュミル会いたさに、(女性の)領主候補生は、結構普通に図書館に行ってたかもしれない(笑) - 2018-01-19 07:06:54
        • シュタープの取得時期の変遷に伴い、貴族院の学生が勉強重視⇒社交重視にシフトした(303話)ようだから、数代前の司書時代(卒業時取得)⇒政変前(3年取得)⇒政変後(1年取得)の変遷に応じて、(特に男性)領主候補生が図書館へ行かない慣習が確立されていったのだろうけど。<側近を引き連れて図書館に訪れることより、吟味の為に大量に資料を借りていくことの方が顰蹙を買いそうだし、禁貸出の本にも手を伸ばしてみたいだろうしと。勉強熱心な風潮があるなら、図書館で自分の目で資料を吟味する必要が生じると思われるので。 - 2018-01-19 07:42:06
  • 努力家なゲオルギーネは、次期アウブから下ろされた状況を何とか打開しようとギリギリまで足掻いたはず。その過程で図書館へ行こうと考えたとしたら、忠実な側近たちは上手く誤魔化してくれたと思います。地下書庫の秘密に気づけるほど有能だったかは不明ですが。 - 2018-01-20 01:21:08
    • 貴族院時代は図書館に行ってなかったかもしれないし、次期領主から外された後の足掻きで通ったのかもしれないし、次期領主から外される前から、女性の不利を跳ね返したり、夫となる他領の領主候補生に余計な口出しをされるのを避けたりする目的で通ってたかもしれない。ゲオの場合、時代や状況的にどれもありうる気がする。 - 2018-01-20 10:24:07
      • フェルが地下図書に気づいたきっかけは口にした単語にシュミルが反応したからというある意味偶然の産物だし。効率の良い魔力圧縮を始めていたとはいえ、魔力圧縮実績数か月かつ貴族院入学前のヒルデブランドが入れたくらいだから、地下図書入りの魔力ハードルはとんでもなく高い訳ではなさそうだし。領主教育をされていた位だから供給の間に魔力登録していただろうし。図書館によく通っていて、手に入りやすい参考書以外のものを求める意欲があれば、地下図書到達如何は、能力ではなく運次第な気がする。 - 2018-01-20 10:24:33
        • 後は、図書館シュミルに問い合わせをする柔軟ささえあれば容易に到達できる気もする。<非常に効率の良い魔力圧縮法が記された本はないか?とシュバルツ達に聞いてみるとか。 - 2018-01-20 10:46:18
          • 魔力圧縮法の本なんてめちゃくちゃありそうだし、どれが効率的かなんてものまではシュミルズに判断できるとは思えないな。 - 2018-01-20 18:53:03
            • ……むしろ魔力圧縮方法を記載した本はあまりない気がするけど。<授業での曖昧な教え方とか、死亡リスクが高い故に貴族院での立ち合い授業時まで教えないとか、効率の良いものは一族の秘伝扱いにするとか、自分が苦労したんだからお前も苦労しろいう地下書庫スタンスとか……の状況を考えると。 - 2018-01-20 19:29:11
            • ついでに言えば別にシュバルツ達が内容の信憑性を判断する必要はなく、目録みたいに情報登録されているか否かが肝要だと思う。データベースとしての能力は半端ないから、聞き方さえうまくすれば案内してもおかしくないと思う。<歴代の王族や領主がよく利用している文献云々とつければヒット率もあがりそうだし。 - 2018-01-20 19:29:45
              • シュミルズのメモリがどれくらいかもわからんが、歴代の王族や領主って認識できているのだろうか?現在のメダル登録者と現在の主の周囲の者ぐらいしか認識できてない気がする。今貸りている者と現在の図書タイトル、図書館運営と非王族のグルト入手妨害ぐらいしか機能としては現在紹介されてないしね。 - 2018-01-20 20:46:52
    • 図書室へ行こうと考えること自体がまずないでしょ。あれの努力ってライバル(ジル)がいたらそれの排斥が最優先といううすっぺらなものだしね。他者を利用してのペテンやマッチポンプはあるが、自分の力で雑事やどさ回り的なことをするいう発想がない、典型的な貴族。 - 2018-01-20 18:51:52
      • 憎悪に囚われる前のゲオに関する描写が少ないから、当時の実態は正直なところ分からないよ。領主教育を最後まで受けていた以上、領主専用書庫(406話、408話)に行ったこともあるだろうから、探し物に関する図書館の有用性は認識しているだろうし。探していることを気取られなくない案件の質問も、魔術具(シュバルツ達)相手なら聞けるという発想もありえるだろうし。図書館に行っていても、行っていなくても、さほどおかしくないと思うけど。 - 2018-01-20 19:49:09
        • むしろ、地下図書にいってたという説の根拠が無さ過ぎるからおかしいというか違和感がありすぎる。憎悪に囚われる前のゲオに関する描写→妹がその攻撃性に辟易しているから憎悪に囚われていなかろうが排斥最優先は全く変わってないだろう。ユストクスも外面はいいが内面は・・・と評価してたし。 - 2018-01-20 20:57:31
          • つづきです。部下は捨て駒で騙すか脅して使い潰し、自ら動くのは手駒が使えない状況になるという本当に追いつめらた状況でしかなかった女が側近がまだいて周囲の目もあるのに普通は下級しか行かない図書館なんか行くんでしょうかね。余程の確証が無いとそんなことはしないプライドの高さ(上位の立場になって初めてエーレンに里帰り)だと思いますが。 - 2018-01-20 21:13:34
            • そこは単に、「ふつうは下級以外はいかない」というロゼマ時代の慣習が、ゲオの在学時代にも適用されるか否かが不明なので、ゲオ時代は領主候補生が訪れてもさほどおかしくないという状況だったかもしれないという話だと思うが。<20年以上の時差があり、図書館シュミル(ある意味アイドル)の存在や、シュタープ取得時期、授業内容の難易度が異なることから、慣習が異なっていてもおかしくない - 2018-01-21 10:08:36
              • 慣習の変化は時間をかけてなされるので、数代前の司書時代⇒政変前⇒政変後で、慣習が緩やかに変化していると考えられる(政変後の変化は急だろうけど)。つまりゲオ時代、ジル時代、フェル時代、ロゼマ時代でそれぞれ慣習が異なっていてもおかしくないという話。<在学期間が6年なので、変化の進行は6年(変化前の慣習の経験者がいなくなる)毎に進むと推測されるので、年齢差的に異なっている可能性の方が高め - 2018-01-21 10:28:17
                • 分かりにくかったので修正:×変化前の慣習の経験者 〇変化前の環境の経験者 / この場合の環境は、慣習が変化する要因となる環境を指す - 2018-01-21 10:47:06
        • 最初から最後まで、基本的に他人の力をあてにしていたというか寄生していたというイメージが - 2018-01-20 21:01:41
          • 憎悪に囚われて人柄や行動パターンが変わったり、真っ当に努力していても報われず、真っ当な努力を放棄するようになったりというのは、物語ではよくある設定だと思う。勿論、そうでないケースもあるけど、如何せんゲオの場合、憎悪に囚われる前の描写が少なくて、どちらだと断定できないと思う。 - 2018-01-21 09:59:57
            • 確かに、第460話と「登場人物まとめ 第三部」から「敵を沈めるためには手段を選ばない」ことは伺えるけど、「それ以外の努力はしない」とまでは断言できない。「自分が次期領主となるためには努力を惜しまず(第460話)」は、語順的に真っ当なものでも真っ当でないものでも努力するとも解釈できるし、先代エーレンが、当初ゲオをジルの補佐にしようと考えた(第272話)ことも、人を見る甘さに加えて、ゲオが真面目に勉学に取り組んでいたからと考えることもできなくもない(不真面目人間(当時のジル)の補佐には、標準以上の真面目さを望むだろうという発想から) - 2018-01-21 10:00:16
            • ちなみにユストクスの場合、ゲオに仕える気をなくした理由は、「他人にとって玉石混合の情報」を「情報精度が悪くて役に立たない」と言ったこと(第460話)だから、実はあまり性格とは関係なかったりする…… <現代社会人なら、結構普通に言われるコメントだし(遠い目) - 2018-01-21 10:00:55
              • その460話に、「自分が次期領主となるためには努力を惜しまず、色々と企てては敵を陥れ、確実に自分の立場を作っていく」という十中八九ジルが次期領主決定する以前からの動向と、「愛想の良い淑女の顔をするが、実際は激情家で、敵を沈めるためには手段を選ばないゲオにはジル同様付きたくない」といってるので性格も関係している。玉石混交云々は最後のひと押しかと。元々性格も嫌だった上にゲオの能力では自分の力を活かす事が出来ないと判断したんだろう。 - 2018-01-21 10:42:41
                • そうかもしれないし、実はそこはあまり気にしていなかったのかもしれない。自ら進んで近づきたくないというのと、近くなるのは絶対に嫌の間の心理的距離感差は結構大きいし、ユストクスはあれで結構変人だから一般人と感性が違っていてもおかしくない。(ハッセの処刑を喜々として見に行く人だし) 要因の重み付けはユストクスのみ知るだとは思う(苦笑) <最後の一押し - 2018-01-21 10:59:52
                  • 色々と企てては敵を陥れるというのは、ある意味フェルにも通じる箇所だから。 0≦敵を陥れる箇所<<<<玉石混合情報対処 であっても不思議ではないかと…… - 2018-01-21 11:07:31
              • 能力面でも性格面でも仕えたいと思える要素がなかった - 2018-01-21 10:44:35
                • 情報の評価で「お仕えする気も消え失せた」、性格の事を言及した後仕えたいと思える要素がなかったと言いきっているのでニュアンス的にも最後のひと押しっぽいかな。後、フェルの場合は敵といっても実際に何もしてこない場合は放置ないし撃退(邪魔しないよう脅す)だからかなり違う。フェルはライゼ派やヴェロ派が反抗しようが仕事さえすれば領地利益優先で手綱を握ってやりくりするが、あれは領地の事より自分の権勢優先で能力あって仕事できようが恭順しなきゃ冷遇・圧力はもちろん毒殺・虐殺と比較するのが失礼なレベル。 - 2018-01-21 11:31:30
                  • ……ゲオに仕えたくない認定をした頃や、憎悪に囚われる前の頃の議論なので、ゲオも毒殺・虐殺はしていないと思うが。冷遇もグレーレベルかと。<ユストクス相手も嫌味止まりだし - 2018-01-21 11:39:07
                  • 後、フェルがヴェロ派に対し、領地利益優先で手綱を握ってやりくりするようになったのは「ロゼマ」因子が多分に多いので、そこはユストクス内の判断要因からは外した方が良い気がする。 - 2018-01-21 11:44:37
                    • 嫌味止まりというが敵に過剰な攻撃性を顕わしてたという言及と妹攻撃、「当たりが非常に厳しくなった」とあるので嫌味だけでなく実害はあったでしょ。ロゼマ関係なくフェルが敵対派閥というだけもしくは犯罪犯してもないやつを攻撃した描写もないし、フェルと比較するのが失礼。 - 2018-01-21 12:38:41
                      • 嫌味も実害の一種だから、実害ないとは言ってないし、冷遇全くなしとも言ってない。評価を不当に低くして正当な報酬を与えないというレベルまでしていたかどうかが不明なのでグレーとしただけ。<冷遇 - 2018-01-21 16:51:23
                      • 程度差はあるだろうと思っているよ? だからこそ「ある意味」と書いたのだし。書きたかったのは「罠を張り巡らせて敵を陥れる」行為に対する、ユストクスの反発度がさほど高くないのでは?というだけの話だから。<敵を陥れる行為のフェル比較 - 2018-01-21 16:51:50
                        • ただ、フェルが目隠しをするロゼマ視点だから描写されていないだけの部分も、それなりにあるとは思うけどね。 時折腹黒いとか、計算高いと言われる原因の八割はフェルディナンドが立案するせい(170話)とか、結局使用されなかった婚姻以外のライゼガング対策(SS35話)とかの中身が明らかにされていないし。ハッセもアーレンスバッハもロゼマが止めなければ犯罪者諸共、その地にいただけの人間全てを切り捨てる考えだったし。ヴェロを暗殺しなかった理由も父親に敵対したくないとか利を得ている人間の数とかが理由で、暗殺はよくないという倫理観によるものではないし(ふぁんぶっく2Q&A)……。 読者は、ロゼマに感化された後かつ擁護者視点のフェルや、復讐に囚われた後かつ敵対者視点のゲオしか見えていない面があるから、描写されていない箇所の推測(妄想)は常に可能性止まりだとは思う。 - 2018-01-21 16:52:10
                        • ついでに言えば、「腹芸の一つもできない、敵を排除することもできないような優しいだけの男は駄目」(第175話)というユルゲン貴族観があるから、敵だというだけで排除する行為が、実は好意的に受け入れられる可能性すらある(苦笑) 常識の壁は大きい…… <比較するのも失礼 - 2018-01-21 17:47:56
                          • 敵を退けるのも必須といったエルヴィーラが異常と評した攻撃性を持ってたのがゲオでしょ。毒殺・虐殺は憎悪に駆られたから(アウブおろされなければまともだった可能性がある)といいたいみたいだけど、ヴェロやゲオ自身の少ない過去を見る限り単に元々そうした異常性を受け継いでただけかと。あとね、敵対派閥というだけでなく自分の命を何度も狙うヴェロの暗殺や反逆者として連座が常識のハッセ市民・アーレン貴族の処刑を、自分に恭順しないだけで犯罪犯したわけでもない自領の貴族を虐殺・暗殺・毒殺したり、部下にならないと表明しただけの男にヒス起こして嫌がらせしたり、競争相手に実力勝負ではなく攻撃する異常者の行動を一緒にするのが本当に失礼(苦笑)。フェルは良くも悪くも法律は守るというか利用するタイプであり、だからこそ搦め手というか自爆覚悟のリスク度外視犯罪行為に弱いというのが印象。 - 2018-01-21 19:48:29
  • >コメントで議論している方々へ この項目とは関係ない議論となっていますので一旦ここでやめた方がよろしいかと思います。 - 2018-01-21 19:57:25
  • フェルに第4段階教えてる時に魔力解放した描写なく、さらに水分抜くようにしてるから、 (2018-04-24 23:37:11)
  • フランが中断させられたが、第5段階とは言えずともさらに圧縮率が上がっているか?も (2018-04-24 23:45:05)