ローゼマイン式魔力圧縮法

ローゼマイン式魔力圧縮法(ローゼマインしきまりょくあっしゅくほう)とは、ローゼマインが考案した魔力圧縮法である。


概要

マインが領主の養女となる前に、魔術具が無い中、あふれ出る魔力を片付け生死の境目で生きるため *1 に無自覚に魔力圧縮を行ったのが始まり。 *2
貴族院で教えられる魔力圧縮の方法とは異なる方法であり *3 、成人してからでも効果がある。 *4
複数の圧縮方法を組み合わせる点が従前の圧縮方法とは異なる。 *5
魔力の扱いで重要になるイメージを明確にするため、木箱やマント、革袋をつかって視覚的に圧縮法を説明する。 *6

圧縮方法開示の条件

前提条件

圧縮方法の開示には以下の条件を満たしたものである必要がある。 *7

契約魔術の締結

前提条件を満たしたうえで、以下の条項を含む契約魔術を締結する必要がある。 *8
契約魔術はエーレンフェストのみでなく他領にも影響を及ぼす規模のものが使用される。恐ろしく高価。 *9

  • ローゼマインの敵に回らないこと
  • 魔力圧縮の方法は家族を含め他の誰にも教えないこと

料金

さらに、圧縮方法の開示には階級に応じた料金を支払う必要がある。 *10

階級 金額
上級貴族 大金貨二枚
中級貴族 小金貨八枚
下級貴族 小金貨二枚

ただし、同じ家族の二人目からは半額になる。
また、料金の半額を契約魔術のため費用として、エーレンフェストに納めることになっている。

圧縮方法

第一段階圧縮

魔力の扱い方を知らない下町時代に行っていた方法。

  1. 体にある魔力を、頑張って中心に集め、強引に押し込める。

実は一般的な貴族が行う魔力圧縮と同じであった。

第二~三段階圧縮

魔力を扱う感覚が分かったことで、第二~三段階へと圧縮を進める。
9年冬に、保護者の要請を受けて、合計三段階の圧縮方法として開示した。

  1. 体にある魔力を、頑張って中心に集め、強引に押し込める。
  2. 押し込めた魔力を、マント等を畳むように折り畳む。
  3. 折り畳んだ魔力を、革袋に入れて上からプレスするように押し潰してペラペラにする。

魔力成長の止まった成人でも、第一段階までしか圧縮していない者なら、第二段階以降を学べば魔力濃度を上げられ、実質的に魔力を高められる為、大人たちからも高く評価された。

フェルディナンドとゲオルギーネも、第二段階の魔力圧縮は知っていた。
  • 領主候補生は「布を畳む」等の雑事を自分ではしない(側仕えがやる)ので、まずイメージできないであろう点。
  • 個人によって異なるはずの魔力圧縮を、フェルディナンドとゲオルギーネが同様のイメージで行っている点。
以上のことから、フェルディナンドとゲオルギーネが第二段階を知ったのは独創ではなく「すでにある知識を得た」のであり、それが地下書庫に記載された「王族の魔力圧縮法」だった可能性が高いと予想できる。
フェルディナンドは貴族院時代に地下書庫の知識を得ている。ゲオルギーネの場合、アウブになれなかったのは弟ジルヴェスターを魔力量で大きく上回ることが出来なかったのも要因の一つであり、もし貴族院時代に第二段階を知っていたら弟を大きく上回れたであろうから、アーレンスバッハに嫁いだ以降に第二段階を知ったと思われるが、どこで得たのかは不明。ランツェナーヴェ成立過程やその後のやり取りから王族と関係が深い(国境門が闇つまりは黒色を表し、王族のマントの色と同じことから王族の出身地の可能性もある)であろうことから、アーレンスバッハも王族と同じ圧縮方法を知っており、魔力不足の状況から第三夫人でもあるゲオルギーネに教えたと思われる。
また、ヒルデブラント王子が母マグダレーナから教わった、おそらくダンケルフェルガーの領主一族の秘伝であろう圧縮方法も、これと同様のものである可能性がある。(ダンケルフェルガーは建国以来存在し続けている領地であり、過去にはツェントを輩出したこともあるので、王族と同じ圧縮方法を知っている可能性がある。ちなみに、マントの色は青であり国境門も火となっている)

第三段階は、ローゼマインの独自発想。すでに第二段階を行っていたフェルディナンドにさえ苦行と言わしめるほど、さらに大きく圧縮することが出来るようだ。
ただしその分、精神に対する負担も大きく、教われば誰でも簡単に出来る、というものでもないようだ。 *11

第四段階圧縮

11年冬の貴族院での魔力圧縮の講義の際、さらに圧縮しなければならないと考えたローゼマインは、ヒルシュールの助言を参考にして魔力から水分を抜くイメージで四段階の圧縮を考案し、 *12 以下の四段階になる。
ローゼマインの側近と首脳陣に方法が開示され、それ以外へは切り札として保留された。 *13

  1. 魔力を煮詰めて、嵩を減らす。
  2. 嵩の減った魔力を、頑張って中心に集め、強引に押し込める。
  3. 押し込めた魔力を、マント等を畳むように折り畳む。
  4. 折り畳んだ魔力を、革袋に入れて上からプレスするように押し潰してペラペラにする。

実はフェルディナンドも最初は(おそらくヒルシュールに学び)「煮詰め」式の圧縮をしていたが、その後「折り畳み」式を知ってからは、そちらの方が効率が良いと分かって、圧縮方法を切り替えていた。
どちらか一方、ではなく、組み合わせて合体させる柔軟性がローゼマイン流、とフェルディナンドを驚かせる。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 布団圧縮袋が元なんだから、プレスする前に革袋に入れないと。 - 2016-10-24 22:57:48
  • そういえば、今全員揃ってるんだな。 - 2016-10-25 10:17:12
  • あのフェルディナンドをして苦行と言わしめるくらいだから、知識を得ても実践できる人間は相当に限られそう - 2017-02-04 14:18:24
  • 最後から二行目のフェルディナンドの魔力圧縮方法推移は、「ボイル」→「折り畳み」(ここまでマイン関与無/以降、マイン関与)→「折り畳んだ上にブレス」→「折り畳んでブレスした上にボイル」だと思う。 - 2017-09-12 06:59:52
  • 正直なところ、男女両方の領主候補生がいた場合、男性ではなく女性を領主とする際に必要な魔力差がどの程度なのかは不明だと思う。相当な魔力差があっても、フェルではなくジルが、ヴィルではなくロゼマが選ばれたりするように、男性が領地サイズに必要なレベルの魔力を持っていたら、女性の方が大きく上回っていても、男性を選択するのかもしれない。 男性の魔力量が足りない場合に、初めて、女性の魔力量と男性の魔力量を比較して判断するとか。(必要条件:魔力量が多い、十分条件:その時々の領主次第?) - 2018-01-15 21:04:03
    • (訂正)×ヴィルではなくロゼマが 〇ロゼマではなくヴィルが - 2018-01-15 21:06:14
    • どうかなぁ、神殿育ち+養子+虚弱という負の要素がロゼマには元々あるし、フェルも母+後ろ盾が無いから領主になれないと言っているから魔力や性別以外の要素も大きい。この二人とゲオは比較対象や参考にならないと思う。ゲオの方が背景としては圧倒的に恵まれているからね。能力や実績はフェル・ロゼマだが。 - 2018-01-16 02:13:30
      • ゲオのケースがフェルやロゼマと全く同じとは思わない。ただ、初代ギーベ・グレッシェル↓(勢力問題重視)⇒ボニファティウス↓(本人の意志をごり押し))⇒ジル↑(性別重視)⇒フェル↓(ヴェロ意見重視⇒ヴィル↑(ジル希望重視)と、魔力以外を重視したケースが続いている辺り、エーレンは魔力以外を重視する土壌があるのかもしれないとは思う。 - 2018-01-16 07:41:59
        • エーレン領風(魔力は比較的軽視)ならジルだけど、ドレヴァン領(血統より魔力重視)風だったらゲオということもありうる気がする……という意味で、十分条件(女性を採用する場合の魔力差の程度)はその時々の領主次第かなと思う。 - 2018-01-16 07:56:26
        • あのヴェロにフェルをヴェロの子として迎えることを打診するあたり(当然却下されたけど)、先代エーレンは人間感情の機微に少々疎そうだし、領主になりたくないと言って弟に領主を押し付けた兄(ボニ)を持ってたりもするから、男でも大変な領主を女の子にさせるのは可哀想とかいう、(ゲオ的には余計な)親心を発揮したのかもしれないとも思う。ロゼマを領主にしない理由としてヴィルが述べたような発想で。……もちろん、実際のところは不明だけど。 - 2018-01-16 08:09:38
        • ついでに言えば、アイゼンライヒ(中領地)の最後の領主(女性)が中央に領地返上宣言をしたことで、エーレンになったという領地成立経緯も、女性が領主になるのを避ける土壌を作っているかもしれない。  ……要は「エーレンでは、第二段階レベルの魔力差があっても、性別差を覆せたとは限らないのではないか?」というだけの話。勿論、真相は不明。 - 2018-01-17 20:20:52
  • 次期アウブがジルと周知された後のゲオルギーネ6年生頃に、地下書庫で魔力圧縮法を知った可能性はあると思います。 - 2018-01-17 16:32:48