ローゼマイン式魔力圧縮法

ローゼマイン式魔力圧縮法(ローゼマインしきまりょくあっしゅくほう)とは、ローゼマインが考案した魔力圧縮法である。


概要

マインが領主の養女となる前に、魔術具が無い中、あふれ出る魔力を片付け生死の境目で生きるため *1 に無自覚に魔力圧縮を行ったのが始まり。 *2
貴族院で教えられる魔力圧縮の方法とは異なる方法であり *3 、成人してからでも効果がある。 *4
複数の圧縮方法を組み合わせる点が従前の圧縮方法とは異なる。 *5
魔力の扱いで重要になるイメージを明確にするため、木箱やマント、革袋をつかって視覚的に圧縮法を説明する。 *6

圧縮方法開示の条件

前提条件

圧縮方法の開示には以下の条件を満たしたものである必要がある。 *7

契約魔術の締結

前提条件を満たしたうえで、以下の条項を含む契約魔術を締結する必要がある。 *8
契約魔術はエーレンフェストのみでなく他領にも影響を及ぼす規模のものが使用される。恐ろしく高価。 *9

  • ローゼマインの敵に回らないこと
  • 魔力圧縮の方法は家族を含め他の誰にも教えないこと

料金

さらに、圧縮方法の開示には階級に応じた料金を支払う必要がある。 *10

階級 金額
上級貴族 大金貨二枚
中級貴族 小金貨八枚
下級貴族 小金貨二枚

ただし、同じ家族の二人目からは半額になる。
また、料金の半額を契約魔術のため費用として、エーレンフェストに納めることになっている。

圧縮方法

三段階圧縮

9年冬は、以下三段階の圧縮方法を開示した。

  1. 体にある魔力を、強引に一か所に押し込める。
  2. その魔力をマント等を畳むように折りたたむ。
  3. 折りたたんだ魔力を革袋に入れ、上からプレスするように押し潰してペラペラにする。

第2段階だけでも成人していても魔力を高められることから、貴族に高く評価される要因となった。ちなみにゲオルギーネとフェルディナンドもこの段階まで魔力圧縮を行っていた。フェルディナンドは地下書庫の知識を得ているので、地下書庫で記されていた王族の魔力圧縮法もこの段階までもしくはそれ以下の効率だったと考えられる。
第3段階はフェルディナンドでさえ、苦行と言わしめるほどに、精神に対する負担が大きい。 *11

四段階圧縮

11年冬の貴族院での魔力圧縮の講義の際、さらに圧縮しなければならないと考えたローゼマインは、ヒルシュールの助言を参考にして魔力から水分を抜くイメージで四段階の圧縮を考案し、 *12 以下の四段階になる。
ローゼマインの側近と首脳陣に方法が開示され、それ以外へは切り札として保留された。 *13

  1. 魔力を煮詰め、嵩を減らす
  2. 体にある魔力を、強引に一か所に押し込める。
  3. その魔力をマント等を畳むように折りたたむ。
  4. 折りたたんだ魔力を革袋に入れ、上からプレスするように押し潰してペラペラにする。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 布団圧縮袋が元なんだから、プレスする前に革袋に入れないと。 - 2016-10-24 22:57:48
  • そういえば、今全員揃ってるんだな。 - 2016-10-25 10:17:12
  • あのフェルディナンドをして苦行と言わしめるくらいだから、知識を得ても実践できる人間は相当に限られそう - 2017-02-04 14:18:24