貴族院の図書館

貴族院の図書館は王族に管理を委任されたもので、蔵書は王族の所有物である。
ユルゲンシュミットで二番目に蔵書数が多く、閲覧室や閉架書庫に集められた資料を含めると3~4万冊になる。
シュバルツやヴァイスをはじめとした様々な図書館の魔術具で管理している。
中央棟を南に進んで突き当りのT字路に図書館の入り口の扉がある。*1
扉に新聞受けのような口が開いていて、木札を入れると開き、司書に出迎えられる。
日が差し込む明るい回廊があり、その突き当りに閲覧室の扉がある。
右側に執務室の扉があり、まずはそこで図書館登録を行わないと入ることができない。
左側にはホールがあり、突き当たりの壁に第三閉架書庫への入口が隠されている。*2

政変で上級司書が全員粛清されてからの十数年間は、王族から地下書庫の重要性が認識されておらず、機能不全に陥っていた。
15年春の領主会議にて重要性が周知され、上級司書の派遣が再開し、王宮図書館の蔵書や中央の資料が運び込まれた。*3


執務室

細長い窓が等間隔に並んでいて、入口から左に向かって広がる横に長くて広い部屋。
応接間と兼用で、図書館登録はここで行う。*4
手前側にはテーブルと椅子があり、図書館のお茶会もここで開かれた。
その奥には窓に横付けされたソランジュの執務机や鍵付きの書箱と書棚があり、閲覧室の貸出業務スペースに繋がる扉がある。
更に奥は衝立で仕切られ、長椅子があるだけの空間があり、司書寮に繋がる扉がある。
その長椅子にシュバルツとヴァイスが座っていた。

閲覧室

入口は観音開きの厚い扉。中央部分に木製の本棚が等間隔に並ぶ。
壁際には1m程度の幅の柱と採光性の良い縦長の窓が交互に等間隔で並ぶ。
壁や柱は白く、彫り込みがあり装飾的で、全体的に白いためか窓から光が差し込むと意外と明るく感じる。
入口から見て右側(西側)の窓のない一画に貸出業務用の執務机といくつもの棚があり、執務室と繋がる扉がある。
左側(東側)には広い階段があって二階に繋がる。
一階の柱と柱の間には木製の机と椅子が置かれた1m四方のキャレルがあり、主に貸出し保証金が払えない下級~中級貴族の自習スペースとなっている。
腰壁のようにも見える装飾のある木製の板がキャレルの扉となっていて、扉の鍵を借りるシステムになっている。
日当たりの良い南側(入口から見て奥側)は人気が高く、西日の差す西側や通路に面していて光量が少ない北側(入口側)のキャレルは不人気。
一階の奥には第二閉架書庫への扉がある。
一階の本は座学で使用される木板が表紙の参考書がほとんどで、成績の良い者や字が綺麗な者の参考書を図書館が購入している。
本を閲覧室の外に持ち出すには、貸出しのための手続きと保証金が必要になる。
二階には貴族院の講義で使うわけではない貴重な本が鎖に繋がれて、貸出しは許可されていない。

閉架書庫

大きく分けて、第一閉架書庫と第二閉架書庫と第三閉架書庫の3つが存在する。*5
「本好きのお茶会でローゼマイン様にお貸しした本はこちらの書庫にあった物なのです」*6

第一閉架書庫

図書館ではなく、中央棟に存在する。
領主候補生コースの講義に使う教材や資料が収められている。
【鍵の管理者】
領主候補生コースの教師、ソランジュ(合鍵の管理のみ)
【入室制限】
基本的には領主候補生コースの教師のみ立ち入りが許可されている

第二閉架書庫

閲覧室の奥にあり、鍵で閉鎖されている。それほど広くない。
魔術具で保存しておかなければならないほど貴重な資料が置かれている。
書庫に必要な魔力が供給できていなかったために多少劣化が進んでいた。
【扉の位置】
一階の閲覧室の奥
【鍵の管理者】
ソランジュ
【入室制限】
司書が同行すれば学生も立ち入りが可能

第三閉架書庫

閲覧室に向かって左側(東側)にあるホールの突き当たりの壁に扉が隠されている。
鍵を使って扉を開けると何もない白い部屋に転移陣がある。
シュバルツとヴァイスが転移陣を起動し、司書がメスティオノーラに祈りを捧げると、シュバルツとヴァイスの額の魔石と、司書になる時に渡される腕輪が反応して転移することができる。
政治的な罪人として処刑された者達の遺した、研究成果や資料が収められている。
時が移って当時の資料が必要となるまで保存しており、世相が変わって外に出しても処分されてしまわないと司書が判断できるまで持ち出せない。
政変で処刑された司書達が魔力を込めた保存の魔術具で資料の劣化を防いでいる。
【扉の位置】
ホールの突き当たりの壁に刻まれたシュツェーリアの盾の中央の魔石に鍵穴が隠されており、鍵を挿すと扉が出現する
【鍵の管理者】
ソランジュ
【入室制限】
司書とシュバルツとヴァイスのみ許可
転移陣の起動はシュバルツとヴァイスのみ可

ローゼマインが借りた古い司書の業務日誌の内容
  • 昔の司書の日課
  • 当時の学生が卒業式寸前にシュタープを得ている様子
  • 領主会議に成人した王族が参加することが義務付けられていたこと
  • 上級司書の三人が領主会議後に図書館に訪れる王族を出迎えたり、王族が出入りしている様子

控えの間(仮)

閉架書庫の奥にあり、鍵で閉鎖されている。中級貴族以下は入室できない。
扉の奥に明かりが点いて、地下へ進む階段がある。周囲全体が白い。
階段を下りると、お茶会室のようにテーブルや椅子がいくつも準備されている。真っ白の階段に、真っ白の床、真っ白の壁。側近が全員入れそうな広さ。*7
【扉の位置】
閉架書庫の奥
【鍵の管理者】
ソランジュ
【入室制限】
中級貴族以下は階段手前までしか入れない
【×】
ソランジュ フィリーネ ローデリヒ
【○】
リヒャルダ レオノーレ ブリュンヒルデ

地下書庫

控えの間の一方の壁が扉になっている。開錠には三人の上級司書によって管理される三本の鍵が必要となる。
入室資格があるのは王族と礎の魔術の供給者として登録されている領主候補生とシュバルツ達。資格があっても魔力が足らないと入れない。
書見台や書き物をするための机、そして、本棚がたくさんある。その本棚には木札のようだが、木札ではない白い板のような物がずらりと並んでいて、本の形をした物は天板が傾いている机に並べられている二十冊ほどしかない。
「しりょう、もちだしきんし」*8
【扉の位置】
一方の壁だけは金属のような色合いで、壁には存在を主張するようにゴテゴテと装飾された部分が三つ、等間隔に並んでいる。
鍵を3つはめ込むと扉がゆっくり動き、180度回転して、扉が消える。
【鍵の管理者】
オルタンシア ローゼマイン ハンネローレ
三本の鍵はオルタンシアが上級司書の部屋から探して出してきたもの
【入室制限】
王族、礎の魔術供給者として登録されている人、図書館の魔術具のみ許可。魔力も一定以上必要。
入れない人は透明な膜に阻まれ、中の様子は見えるが声は聞こえない。
【×】
【○】

白い板(石板)の内容

儀式について書かれた板
  • シュタープを変形させて神具を作るための呪文
  • 儀式の行い方の詳細
    ・春を呼ぶ儀式
    ・夏の暑さを和らげる儀式
    ・王の継承の儀式
    ・他
王の回顧録
「こうして私は王になった」という感じで自分の苦労を語っている資料
ローゼマインによる現代語訳済。*21

地下書庫の最奥

地下書庫の奥の壁に手を触れる事で魔方陣が現れ、壁に穴が開くようにして通路が出現する。
資格者はシュバルツ達に奥の壁に触れるように案内される。
条件を満たしていない者は書庫から控えの間まで追い出され、それまで透明な膜だった部分が白い壁となって書庫の中が見えなくなる。
【扉の位置】
地下書庫の奥側の壁
【入室制限】
「いのり」と「ぞくせい」が足りた者のみ許可。
ローゼマインは大神の祠を巡り全ての魔石の石板をシュタープに取り込んだ後、案内された。
「ひめさま、あんないする」「ひめさま、しゃほんする」*22

グルトリスハイトが安置された写本室

メスティオノーラから初代の王が授かったとされるグルトリスハイトの原典が安置されている、と伝わっている。
実際には、これさえあれば執務はできるという内容を抜き出した、ツェントのマニュアル本グルトリスハイトが保管されている。*24
王族が設置した魔法陣があり、資格が無い者は弾かれる。
【扉の位置】
地下書庫の更に奥の通路の突き当たり
【入室制限】
「おうぞくとうろく」された者*25

図書館の魔術具

様々な魔術具で図書館を管理している。*26

図書館の礎とも言える魔術具

貴族院図書館の運営上、最も大事な魔術具。大きな魔石がある。
政変以降、何年も放置された魔石が透明に近くなっていたが、オルタンシアライムントの研究によりその重要性と、あと1年しか保たない事が発覚した。
魔石部分に聖杯の赤い魔力を注ぐと、虹色に変化した。魔力が満ちるほど虹色の色彩が強まる様子。*29
この魔術具に魔力を注ぐ事も、じじさまへの魔力供給になっている「ひめさま、まりょくたっぷり」「じじさま、おおよろこび」*30
2年連続で聖杯からの魔力を注ぎ虹色が強まった後、シュバルツ達に二階のメスティオノーラの女神像にも魔力供給するよう案内された。
「ひめさま、じじさまもまりょくいる」「じじさま、よんでる」*31

グルトリスハイトを抱えたメスティオノーラの女神像

二階の閲覧室の奥にある。
像が手にしているグルトリスハイトの魔石に触れると魔力が吸収される。
魔力を一定量以上供給すると、シュタープで神具を作れるようになる時と同様に、脳裏に魔法陣が浮かぶ。*32
シュバルツとヴァイスによると、この行為が「じじさま」への魔力供給となる。
属性と祈りが足りた者が、更に魔力供給をすると、来訪者の望みを映す場所に転移する。
転移先では、金色のシュミルの姿をした存在に、知識を求める意思の有無を確認され、意思のある者は、資格保有者のみが開くことができる、始まりの庭へ繋がる扉へと導かれる。
扉を潜り抜けることで、じじさまとの面談が叶い、メスティオノーラの英知を受け取る機会を与えられる。*33
聖典の背表紙にある鍵穴を中央神殿の聖典の鍵で開けることで、国の礎へ続く道が現れる。

シュバルツとヴァイス

※「白黒」を欧米では「黒白」と逆に読む。黒はドイツ語で「シュバルツ」、白はドイツ語で「ヴァイス」。
図書館へ入れる喜びからローゼマインの祝福の魔力が溢れ、再起動した魔術具
自力で動く魔術具であるため、調合には命の属性が必要で、全属性の者でなければ調合不可能。
また、動かすための魔力を注ぐ主や協力者には、光と闇の属性が必要。
政変で上級貴族がいなくなって1年程は稼働していたが、図書館をソランジュ一人で切り盛りするようになり魔力及び供給者の属性不足から機能を停止していた。
館内の案内、キャレルの管理、本の検索、本の貸出と返却対応、未返却者と無断持ち出し者の記録と報告等、多岐にわたる機能を有する。
ひょこっと立ち上がり、ほてほて歩く。ひらがな口調でしゃべり、主のことを男女問わず「ひめさま」と呼ぶ。
主が許可を出した者以外は触ることができない。魔力供給の協力者は、主に許可をもらった上で魔力登録をすれば触れるようになる。
主と共に行動しないと、図書館の外で活動することができない。
主は、供給されている魔力量が上回ると変更される。
じじさまに魔力が供給されると喜ぶ。

形状

1年生のローゼマイン(7歳児程度)の肩ほどの大きさの一対のうさぎ。黒がシュバルツ。白がヴァイス。
目は金色で、額にも濃い金色の魔石が付いている。*34
服を脱がせると、ぬいぐるみのように頭と手足、胴体でパーツに分かれているのがわかる。
胴体部分にはびっしりと金の糸で光と闇の属性に関するらしい高度な魔法陣が刺繍されているが、表面からは魔法陣の一部しか見ることができない。*35

衣装

歴代の主から与えられる。
色違い(黒いシュヴァルツは白、白いヴァイスは黒)のパフスリーブの半袖のワンピースとベストを着ていた。*36
ベストは様々な色で複雑に刺繍されており、ワンピースの裾にも複雑な刺繍が施されている。
刺繍には同色の糸で紛れ込ませた複雑な守りの魔法陣が縫い込まれている。*37
ベストのボタンは魔石で、全てに魔力を供給すると攻撃に対する反撃機能が働く。*38

ローゼマインが与えた衣装

ローゼマイン謹製の消えるインク、フェルディナンドの魔法陣、エーレンフェスト女性陣の裁縫技術によって完成した。
そこにトゥーリが作った図書委員と漢字で刺繍された色違いの腕章をつけている。
シュバルツは白いシャツとズボンに、ベストとリボンタイ。胸元にヴァイスとお揃いの花飾り。
ベストに複雑な魔法陣と誤魔化すための刺繍がびっしりと刺されている。ズボンの裾にも色とりどりの花や葉の刺繍。
ヴァイスはワンピースにエプロン、首元に絞り染めのリボンと花飾り。
エプロンに複雑な刺繍がびっしりと刺されていて、元の白い布が見えるのは肩のところのひらひらした部分くらい。ワンピースの裾にも花や葉の刺繍。*39

歴代のひめさま

  1. 政変により粛清された司書
  2. ローゼマイン
  3. ハンネローレ
  4. オルタンシア
  5. ローゼマイン
  6. フェルディナンド (ローゼマインの魔力が女神の御力で変質したため、同質な魔力を持つフェルディナンドが勘違いされる)

司書

上級司書
中級司書
図書委員
図書委員の腕章を身に着けた者は特別にシュバルツとヴァイスに触る事ができると周知された。*43

昔の司書の日課

講義の始まりを示す二と半の鐘が鳴るまでに、開館準備をする。
司書が数人で手分けし合って魔術具に魔力を注いで回るのが日課。
図書館の建物にくっついている大掛かりな魔術具から始めて、執務室にある魔石に魔力を次々と注いでいく。
魔術具などに魔力が注いだ後は、閲覧室の鍵を開ける。
閲覧室でシュバルツとヴァイスに魔力を注ぐと、シュバルツとヴァイスも開館準備を始めてくれる。
閲覧室の扉を開けて回り、貸出手続きに必要な道具を準備する。
シュバルツとヴァイスが一階で準備している間に、司書は二階にある魔術具にも魔力を注いで回る。
生徒が出入りする時刻になってからは、。本が返却されれば返したり、キャレルを貸し出したり、学生が持ち込んだ参考書を査定したりする。
先生方が準備して欲しい資料についてオルドナンツを送ってきたらそれを準備する。
上級貴族の司書が貴族院にいるのは領主会議の時期までで、会議が終わると今度は王宮図書館に移動して勤務する。
上級貴族の司書は季節によって貴族院の図書館と王宮図書館を移動して仕事をしていたが、中級貴族や下級貴族の司書はそれぞれの専任で移動することはなかった。*44

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 「広義の始まり」は講義かな? - 2016-07-07 10:59:52
    • 直しました。 - 2016-07-07 22:56:41
  • 「グルトリスハイトが安置された写本室」の項、606話でグリトリスハイトの原典ではないことが確実になりましたよね? - 2016-09-22 22:09:41
    • 追記しました。 - 2016-09-24 14:51:41
  • 495話の、魔力を注ぐと虹色に変わる魔石を持つ魔術具について記述しませんか?大掛かりな魔術具と同一か不明ですが、項目を分けてでも。あれは国の礎の供給の間に相当する可能性があり、ストーリー上非常に重要なモノと思われます。 - 2016-09-23 13:27:36
  • 魔術具のグルトリスハイトも今は「グルトリスハイトが安置された写本室」にあるのでは? - 2016-09-26 00:31:02
  • 作中では理由不明とされてたけど、405話で聖典から王選別の魔法陣が浮かび上がった理由は、381話でここの女神像に魔力供給したからかな? 355話のハルデンツェルで祈念式の聖典確認以後の描写では一番それっぽい。 - 2018-01-31 19:44:59
  • リーゼレータが上級貴族と星結びしたら、地下書庫の控えの間まで入れるようになるのだろうか? 魔力量でチェックされているのかと思うが、謎だ…。 (2018-06-23 15:49:41)
    • 魔力量も属性数も上級貴族クラスだけど、身分は中級貴族な、マティアスやラウレンツが入れないのだから、魔力量ではなく領地の礎への登録情報で判断してるのでは?  (第640話でメダルの保管場所を移すことで身分が変わって出来ることが変化する云々の話があるから、メダルが中級貴族用の保管庫にあるか上級貴族用の保管庫にあるかで識別されている可能性が高い。恐らく、結婚して上級貴族になった者はメダルの保管場所が移されるのではないだろうか。それでもって権限が変わるとか) (2018-06-23 16:45:27)
  • シュバルツとヴァイスの主は光と闇の属性が必要って事は、政変前の図書館司書は代々必ず1人は光闇属性持ちがいたって事だよな。偶々、光闇持ちが司書になるって偶然が続いただけ、というのは考えにくいから、貴族院司書の資格に属性制限があったのかも知れん。 (2018-08-03 16:00:34)
  • 古い司書の業務日誌は第三閉架書庫では? 司書が処刑されていた事で念のため第三に収納したとあったはず。 (2018-10-10 19:02:20)
    • 移動しておきました。 (2018-10-10 19:08:25)