マグダレーナ

初出:第461話 名前の初出:第545話

家族構成


兄:ダンケルフェルガーの領主候補生
 甥:ケントリプス
 甥:ラザンタルク

兄:アウブ・ダンケルフェルガー
 甥:レスティラウト
 姪:ハンネローレ
 姪:ラオフェレーグ第二夫人の子 *1
 甥:ルングターゼ第二夫人の子 *2

容姿

髪の色:前髪はヒルデブラントと同じ色合い
000000000
瞳の色:ハンネローレより更に赤く見える瞳
000000000
ヒルデブラントとよく似た色合いの髪を結い上げ、ハンネローレより更に赤く見える瞳は、勝ち気で意志の強い性格をよく表していた。
年は二十代の半ばくらいだと思う。

地位

階級:領主一族(ダンケルフェルガー)→王族領主一族(ブルーメフェルト)
職種:領主候補生→第三夫人

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+14前後(13~16) *3

作中での活躍

ダンケルフェルガー出身のトラオクヴァール王の第三夫人。
在学中、最優秀とはいえ底辺に近い領地の領主候補生のフェルディナンドを押しつけられそうになる。 *4
フェルディナンドは能力や外面は良いが対人関係はダメで当てにならない人物と評しており、婚約から逃れるためダンケルフェルガーを出奔しようとした。
トラオクヴァールと恋仲になり、様々な手を使って家族の持って来た縁談を打ち捨て、政変の最中にトラオクヴァールに対して半ば脅迫気味に迫って結婚した。
マグダレーナが第三夫人に嫁いだことで、政変ではどちらにも与してなかったダンケルフェルガーが参戦して、大勢が決する。
長い政変の間トラオクヴァールを支えてきた第一夫人や第二夫人と違い、ダンケルフェルガーは最後まで政変に参加しなかったため、第三夫人に自ら収まる。
息子のヒルデブラントの教育方針は「臣下になるから、のびのびと元気に育て」であり、ヒルデブラントは王族らしい振る舞いを取れず、側近は振り回される原因になった。

古い言葉にも通じておりローゼマインが作成したダンケルフェルガーの歴史書の現代語訳版に衝撃を受ける。
歴史書の一件もあって、フェルディナンドひいてはエーレンフェストとの関係を修復したいとダンケルフェルガーには伝えていた模様。
だが実際にはフェルディナンドに対して持つ評価から関係修復は考慮しておらず、後述のとおりフェルディナンドにとっては激務の果てにヒルデブラントが漁夫の利を得るという内容の要請であった。第三夫人で社交の場にはあまり出ないため背景をどこまで知っていたかは不明だが、中央騎士団長の疑惑の後押しもあって、トラオクヴァールは脅迫も混じった王命を強いていた。
課した王命は、ヒルデブラントが将来治める予定の荒廃している領地のおぜん立てをさせるとともにレティーツィアを養子にとって教育し、自身は後にヒルデブラントの部下になるというもの。ローゼマインからは断る理由が多いと評されたひどい内容であった。
その後判明した婚約者であるディートリンデとの背景や横暴さ、エーレンフェストとアーレンスバッハとの関係も相まって、このことはダンケルフェルガーにとってエーフレンフェストとフェルディナンドに関する大きな負い目となった。
王命で強制的に婚約者となったフェルディナンドに連座などで配慮する気はなく、婚約者の振る舞いはフェルディナンドにも原因があると考えていた。ヒルデブラントが婿入りするまでにはディートリンデを排除しようとする。
地下書庫に入れなかったヒルデブラントの願いを聞き入れて、ダンケルフェルガーの魔力圧縮を教える。
王族で古い言葉に通じているため、地下書庫での翻訳作業にも参加した。その際に、地下書庫を訪れようとしたディートリンデを足止めている。
ヒルデブラントに対してはその幸せを願い尽力しようとする一方で、一人だけ王族ではなくなる事に不満を抱かせていた。
ダンケルフェルガーの気風やトラオクヴァールと結婚したその来歴から、ラオブルートの甘言に乗ったヒルデブラントのツェントへの意欲を焚きつけてしまう。
マグダレーナ自身は、次代のツェントの治世を今の王族が揺るがすようなことは許さないという立場は崩していない。

15年春の騒動では、ラオブルートに毒をもられていた事が判明したため、ダンケルフェルガーの騎士団と合流して自ら打って出る。
アウブ・ダンケルフェルガーと共に戦い、ラオブルートを討ち取った。
だがヒルデブラントがラオブルートに唆されてシュタープを手に入れ、ランツェナーヴェの者達もシュタープを得る事を加担させられた事を知り青ざめる。
エーレンフェストとダンケルフェルガーと王族との間で行われた話し合いでは、ヒルデブラントにシュタープを封じる手枷をはめた状態で訪れ、罪に対する厳しい言葉をかけた。皮肉にも、自身が言っていた(ヒルデブラントの)躾がなってないという言葉を逆に受ける立場となった。
王族でも義務や罪に厳しいが、トラオクヴァールに対しては盲目的。フェルディナンドが行った罵りには内容にかかわらず、間髪いれずに反論した。
次代のツェントが決まってからは、罰から逃れられないが、王族の罪を隠す方向で話が進む。ヒルデブラントの教育不足を認め、ローゼマインからダンケルフェルガーの教育を参考にするように進言を受けた。
ちなみに、ブルーメフェルトは旧ベルケシュトックという旧王族に反感を抱き15年春の騒動で政変によりただでさえ少ない貴族がさらに減少しているため、第三夫人という立場ではあるが非友好的な領地内の貴族の上に立ち荒廃した領地を立て直すというフェルディナンドに強いた役割を自身が課されることになった。

政治上の理由もあるが大領地出身でありながら自ら第三夫人に収まり、息子のヒルデブランドを王族ではなく臣下として教育するなど、権力欲は持たない。
一方で盲目的であったり他者の心情を考慮しない様子が見受けられ、自身やハンネローレが語った「周囲に利を配り、望む物を叶える一助とする」というダンケルフェルガーの女性らしさとは異なる行動を、エーレンフェスト関連で見せている。

15年春領主会議で、王族から新領地のブルーメフェルトの領主一族に移籍となる。

……ツェントの妻になっても、やることは変わらないんだ……。ダンケルフェルガーってマジでダンケルフェルガー。 *5


経歴

06年秋 ヒルデブラント出産
14年春 地下書庫で翻訳作業をする。領主会議にて行われた奉納式に参加する
15年春 救援に来たアウブ・ダンケルフェルガーと共に反逆者の捕縛に乗り出す
    領主会議で新領地のブルーメフェルトの領主一族に移籍する。


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • フェルディナンドとの婚約を蹴って政変をいち早く終わらせるためには、慣例通りの婚約期間があったとは思えず、フェルディナンド-1(+13)が一番可能性高そう - 2016-04-15 23:23:59
    • そうすると現在26で二十代の半ばという表現にピッタリだし、女性の方が年上というケースは珍しいが(フロレンツィアがジルヴェスターの+2)、特にそういう描写はないので - 2016-04-15 23:27:49
    • 政変収束が年表で00年ごろだとしたらフェルディナンドはまだ3年生、00冬だとしても4年生。結婚できるってことはマグダレーナは成人済みで六年生か卒業してるからフェルディナンド+2くらいじゃないかな? - 2017-07-08 03:08:35
  • ローゼマインを書庫から摘み出し、アナスタージウスを叱り飛ばし、幼いヒルデブラントに魔力圧縮を教えて鍛えられる程のおかんレベルの高さ - 2016-04-21 16:28:18
  • 意に沿わない結婚嫌で王族との婚姻纏めたてこの人だったのか - 2017-04-27 14:20:43