先代アウブ・エーレンフェスト

初出:第245話 (先代領主として登場)

家族構成

父:先々代アウブ・エーレンフェスト
 息子:フェルディナンド

妻:ヴェローニカ
 娘:ゲオルギーネ
  孫娘:アルステーデ
   曾孫娘:ベネディクタ
  孫:ヴォルフラム(故人)
  孫娘:ディートリンデ
 娘:コンスタンツェ
  孫:リュディガー
 息子:ジルヴェスター
  孫:ヴィルフリート
  孫娘:シャルロッテ
  孫:メルヒオール
  孫娘:ジルヴェスターとフロレンツァの第四子

兄:ボニファティウス
 甥:カルステッド
  又甥:エックハルト
  又甥:ランプレヒト
  又甥:コルネリウス
  又姪:ローゼマイン
  又甥:ニコラウス
 甥:トラウゴットの父
  又甥:トラウゴット

父方の親戚
叔父:初代ギーベ・グレッシェル
 従姉妹:エルヴィーラの母
 従姉妹:ヴェローニカ
 従兄弟:ベーゼヴァンス (前神殿長)

容姿

ジルヴェスターによく似た容貌で、もっと年上のもっと優しげな男

地位



作中での活躍

先代で六代目のエーレンフェスト領主。故人。ヴェローニカの夫でジルヴェスター達の父親。
兄ボニファティウスが脳筋だったため領主になる。
次女コンスタンツェがフレーベルタークに嫁入りした頃から、礎の魔術に魔力を供給する際に祝詞を唱えるようになった。 *1
時の女神のお導きに従ってアダルジーザの離宮からアダルジーザの実であったフェルディナンドを引き取る。 *2
ヴェローニカにはもともと弱かったらしくヴェローニカの意向で妻を一人しか持たないことを了承して妻に迎えた。その結果ヴェローニカは後述通り権勢をふるったが、フェルディナンドは自分を引き取ったことが大きな原因だと評している。 *3
優秀なフェルディナンドをエーレンフェストの誇りと褒めながらも *4 、ヴェローニカのフェルディナンドへの悪意を止めることができなかった。 *5
ジルヴェスターの補佐としてエーレンフェストに尽くすようフェルディナンドと約束したが、これが裏目となりフェルディナンドのアーレンスバッハ行きという事態を招いた。 *6
ヴェローニカの専横を止められずフェルディナンドは様々な虐待や命の危機にさらされたり、ライゼガング系貴族は権力の中枢から外れて衰退し、ローゼマインが台頭するまで行われ続けたヴェローニカ派による弾圧もあって、領主一族とライゼガング派閥の間に大きな溝を作る。
そしてジルヴェスターも同様にヴェローニカには甘く、彼の死亡後ヴェローニカ派はより圧力をかけるようになった。

経歴

前06年 フェルディナンドをアダルジーザの離宮から引き取り、自身の子として洗礼式を受けさせる
03年夏 葬儀が行われる。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • フェルナンドを引き取った理由ってどこかにありましたっけ - 2017-06-22 14:44:48
    • 無いけど、どっかの閑話で出てくるんじゃないかと思ってる。「フェルディナンドが全てを詳らかにすると、破壊しようがない死亡フラグが立つ」らしいし。 - 2017-06-22 21:54:01
      • 第436話「選択」にて「時の女神のお導きだ」「必ずエーレンフェストのためになる」と言って引き取ったと書かれています。フェルもそれで納得していたものの、第669話「記憶 その1」にて(第103話 「神殿での家族会議」のディード(ルッツの父)のセリフから)親子の情愛ではなく、あくまで領主としての利得のために引き取られたものと思い知らされ諦観を覚える描写も(まあ貴族は平民と根本的に価値観が違うので仕方ないのでしょうが、それでもフェルは親子の情愛を期待していたのでしょう)。   破壊しようがない死亡フラグは貴族院在籍中に正規のグルトリスハイトを取得していたことでしょうか。兄弟と殺し合ってでもソレを求めていた王族は発狂するでしょうね。 - 2017-08-15 19:06:11