よくある質問と回答

本編

アルノーはどうなったの?

はるか高みへと遠ざけられました。ソースの活動報告

これって転生系?意識憑依系?本編開始前のマインはどうなったの?

転生した上で本編開始時に前世の記憶を完全に取り戻したものという解釈が主流です。
書籍2巻で本編開始前のマインが麗乃の記憶らしき夢を見たり日本語らしき単語を喋っていたと思われる描写あり。
これに関する作者の感想返しで「生まれ変わりのようなものだが、麗乃と今のマインは同じようでいて別人」という趣旨のコメントをしています。
元々のマインを麗乃が上書きデリートしたわけではありません。

供給の間から礎を染められるのか?

595話で、毒を受けて倒れたフェルディナンドが魔力枯渇するまで、アーレンスバッハの供給の間から礎に魔力を供給させられ続ける状況になってから繰り返しされている質問。
答えは否。供給の間からはいくら魔力を注ごうとも染まることはない。シュタープを使って礎に直接魔力を注がないと染められない。
既出521話『ディートリンデの側仕え』

フランは男?女?(他、性別関係)

フランは男です。
性別と一人称の対応は下記の通りです。特に、「私」と「わたくし」は意図的に分けられています*1
  • 男性の一人称:私*2、俺*3、オレ*4、僕*5、ボク*6、わし*7
  • 女性の一人称:わたくし*8、わたし*9、あたし*10、アタシ*11
従って、フランは男ですし、ローデリヒも男です。
他の見分け方として、神官は男性限定職、巫女は女性限定職。貴族につく貴族階級の側仕えは、乳母*12のような例外を除き、基本は同性*13というのがあります。
ここまでは本編内で明示されている判断基準ですが、推定(あるいは妄想)基準として、
ユルゲンシュミットの人物の名前は、主にドイツ語の人名*14、ランツェナーヴェ関係者は、主にイタリア語の人名が採用されていることから、
名前がドイツ語やイタリア語などで男性名か女性名かというのもあります。

魔石のトラウマはなんで急になくなったの?

メスティオノーラ降臨の影響で記憶のつながりが切れているため、忘れている状態だと考えられています。
その後、記憶を取り戻したらトラウマが復活しましたが、腰が引けた状態の涙目で震えつつも視界に入れなければ触れるようです。
672話でどうにか婚約の魔石を調合しました。

貴族院在学中(高学年になる頃)のフェルディナンド、ユストクス、エックハルト、ダンケルフェルガーの騎士見習い達全員の3日間の記憶喪失(SS17話)

本編中では未解決です。
分類済みの大量の素材といくつかの木札が残されており、書かれているのはユストクスフェルディナンドの文字。
その内一つにユストクスの字で「フェルディナンド様はアウブ・アーレンスバッハと婚約され、エーレンフェストを出られるらしい。喜ばしい」*15
貴族院の二十不思議の『時の女神が悪戯をする東屋』との関係性が推測されています。

ローゼマインとフェルディナンドの魔力の同一性

エアヴェルミーンなどに同一人物認定をされている2人ですが、もろもろの要素があるので、魔力>貴族の魔力の性質を参照。
グルトリスハイトの分割に関してはグルトリスハイトの分割問題を参照。
貴族院5年生時点では、これだけ染めたのだから…と神々にも言われている様子です(番外編13話)。

ルーフェンのしつこい騎士コース勧誘を止めさせた、12年冬の聖典検証会議でのフェルディナンドの発言内容は何か?(第411話)

本編中では未解決です。
いくら言っても「根気と根性でこなせばよいのです」と主張し、その場で体力を失ってぐったりするローゼマインを見ても(第396話)、なお勧誘しようとしたルーフェンですが、13年冬の領地対抗戦(第508話)の時点ではダンケルフェルガーに「虚弱で騎士コースが取れないローゼマイン様」との報告書を上げています。
盗聴防止の魔術具を使用した秘密裏な内容で、聞いたルーフェンは「まさか、そんな……本当のことですか?」と驚愕した様子でローゼマインを見つめ、フェルディナンドには「嘘を言ってどうなる?決して口外するな」と口止めされています。
よって、以下の推測がされています。
【推測1】
ルーフェンに明かしても問題ないが、口止めする程度に問題のあるローゼマインの(ルーフェンの想定より酷い)虚弱さと事情
  • 『魔術具を付けていないと歩くことも出来ない』『(領内で襲撃されてで2年間眠ったことは貴族院で既知の事実だが)まだその後遺症があり、魔力塊が残っていて激しい運動ができない、すれば死ぬ。』『だが、領主候補生として他領に弱味を見せる訳にはいかないので口外禁止で』など
  • ”魔力塊が残っている”という内容がルーフェンからダンケルフェルガーに伝わった結果、後日の領地対抗戦(第416話)でハイスヒッツェユレーヴェの素材になる貴重で高品質かつ季節別の素材3つをディッターの賞品として挙げる事ができたのでは(ルーフェンは口止めを守り、「高品質のユレーヴェ素材が交渉材料になりそうだ」など、あくまで”ディッターの魔王情報”という形に変えた可能性有)。
【推測2】
同じく、口止めする程度に問題のあるローゼマインの魔力量の危険性
  • 『ライデンシャフトの槍を見たのだろう?アレはその一投擲で冬の主を消し飛ばした。下手に使わせれば貴族院が壊滅するぞ?』など

書籍版

Web版とは何が違うの?

シッカークカッシークに改名されました。
描写が詳しくなっていたりします。起こった出来事は同じですが微妙に時系列が変更されたりしています。
各巻に三人称単一視点によるプロローグとエピローグが追加されています*16
今のところ本編は主人公の一人称視点で進行し、Web版にある閑話(第三者視点のお話)は、マイン一人称で本編に再構成されていたり、本編途中から巻末へ回されていたりします。
書き下ろしが各巻二編ずつ追加されています。
購入者特典SSがつく場合もあります*17

2ch

地雷とか何のこと?

とりあえず俗語一覧を読んでください。

その他


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • Q&Aから回収
    ・結局書いた記憶のない木札はなんだったの - 2017-04-08 01:20:59
    ・フェルエックユク+団ケラーの空白の3日間 - (2017-08-20 22:10:48)
    • 木札の内容から、「記憶のない三日間」から見て未来の物だと推測できるが今のところ明確な解答はなし。 - 2017-07-21 00:53:56
  • Q&Aから回収
    ・第411話の「聖典検証会議」でフェルディナンドがルーフェンに言ったことってなんですかね? - 2017-06-16 02:38:52
    ・ローゼマインの騎士コース入りを諦めさせるためにフェルディナンドがルーフェンに言った何事か - 2017-09-07 17:38:18
    • ルーフェンの驚き具合から推測して、魔術具を付けていないと歩くことも出来ない状態だと説明したのではないのでしょうか? - 2017-06-22 02:14:58
      • そこまでローゼマインの弱点になることを、教師とはいえ他領の寮監にばらすような見識はフェルディナンド様にはないのでは? (2018-07-12 23:10:19)
        • そこはルーフェンに対するフェルディナンドの信用度によるかも。 ヒルシュールと仲が良く、自身が受講していた騎士コースの教師で、仲良くしていたダンケル騎士見習い達を統率するダンケル寮監。 音楽がダメなアンゲリカを剣舞に推薦したり、レオノーレからのエーレン騎士見習い強化計画協力依頼に応じたり……意外としっかり教師をしているから、面倒だけど筋を通せば学生をきちんと護ってくれる存在と信用している可能性はある。 (2018-07-12 23:34:40)
        • 中央籍で、エーレン寮監としてまともに仕事をしていないヒルシェールをあそこまで信頼しているし。頼れる大人のエーレン貴族が、リヒャルダ・カルステッド位しかいなかった分、フェルにとっての貴族院教師達(特にヒルシュールやルーフェンあたり)は、マインにとってのベンノに近い位置にいそうな気もする。 ロゼマにとってのヒルシュール達は、マインにとっての良くてオットー・どちらかと言えばグスタフ寄りな位置だろうけど。 ロゼマのヒルシュール心証に関しては、主にフェルの(過去のやらかしと今の押し付け可能な立場の)所為で、頼れる大人度合が大幅に低下していることもあるが(爆) (2018-07-13 07:47:04)
          • ×ヒルシェール 〇ヒルシュール 誤字失礼 (2018-07-13 07:48:26)
    • 第415話「ディッター勝負」でハイスヒッツェより高品質ユレーヴェの素材が提示されている。このことから第411話での会話内容はローゼマインには入手困難な素材で作成したユレーヴェでなければ治療できない魔力塊があり、騎士コースは無理というものだった。そして後日ダンケルフェルガーにてルーフェンからハイスヒッツェへ、フェルディナンドとディッターがしたければユレーヴェの素材を交渉材料にすると良いとアドバイスが伝わったのでは、という説がある。 ただし第415話での「グランツリングの粉も付け加えて、全てだ。」というフェルディナンドの発言が、たまたまユレーヴェに適した希少素材を提示されたために出た発言なのか、第411話での根回しを回収する意味の発言なのかは不明。 (2018-07-13 15:34:27)
      • 「ユレーヴェでなければ治療できない魔力塊がある」というのはローゼマインには魔力を吸い取る魔術具が与えられていなかったことを意味し、エーレンフェストでの冷遇や血統への疑問を生じさせることになるので、そこまでの発言はしないんじゃないかな?「身体が弱いのを危惧している」ような素材選択ではありますが。 (2018-07-14 03:53:53)
        • ロゼマに魔力塊が残っていると言っても、貴族院の教師達は、長期ユレーヴェの後遺症と納得するだけだと思う。 書籍版第四部I特典SS「特別措置の申請」で、エーレンが貴族院の教師達に、ロゼマのユレーヴェの眠りが長期になった経緯を、(本人のユレーヴェがない)⇒(一番適した父親のユレーヴェがすぐ用意できない (養女として父親の家からでて城にいた+父親が騎士団長で襲撃対応に大わらわ))⇒(苦肉の策で、城内の騎士寮にある兄のユレーヴェを使用したが、婚姻歴がある上、異母兄だったので、合わなかった)⇒(父親のユレーヴェに移し替えたが、短期に別人のモノ2種類に浸かった為、一時は拒否反応が出た)⇒(その結果、一年半も経っているのに目が覚めない。でもまだ生きていて、魔力塊が溶かされ続けている)  という風に説明しているので。 (2018-07-14 08:08:30)
        • そも、魔力塊がある=魔術具が与えられないほど冷遇って意味に直結するんだったっけ? (2018-07-14 13:28:25)
          • しない。魔力塊がある=死に掛けたことがある、でしかない。 (2018-07-14 16:12:54)
          • まあ、普通の貴族の子供は外敵に襲われて死にかけることはないし、多少の事故なら回復薬やら回復呪文やらで、魔力塊を体内に作る前に治療完了するからね。  一番想像しやすいケースが、魔術具を与えられずに、魔力暴走して死にかけなので、そういう風に判断されやすいというだけだと思う。 (2018-07-14 19:12:30)
            • 289「貴女が自領で襲撃を受け、ユレーヴェで眠りについていたことは、貴族院では周知の事実です。」 (2018-07-14 20:56:22)
            • だよね。となるとそういう風に判断されるはずのないローゼマインのケースで言えば、上の説の可能性は結構高いね。 (2018-07-14 21:14:10)
            • 作中でそう言う言及があったわけでもないのに、判断されやすいもくそもないだろ。 (2018-07-15 02:39:52)
              • まあ、敢えて言うなら、第209話(+第337話)における魔力のかたまり(子供が死にかけること)と子供の魔術具との連想と、第116話、SS10話、SS42話、第386話における、貴族の子供達の活動範囲の狭さと、特典SS「特別措置の申請」「私の心を救うもの」の子供が外傷等を得た場合の対処方法あたり?  そもそも、このQ&Aネタ自体が、全て複数の情報の組み合わせからの推測スレッドだから、本文にそのものずばりの記載がないことは、突っ込まないでやれという類のことかと。 (2018-07-15 09:43:46)
                • いや、だから「推測出来る」なら分かるけど、「されやすい」ってどうなんだって話なんだけど。複数の情報を組み合わせて自分で導き出した推論を、みんながそう考えてるように言われても。 (2018-07-15 14:12:14)
                  • あの…冷遇に直結するっけ?って質問した者だけど、もちろんこのツリー自体が推論の流れだからして、「判断されやすい(ことが原作から1番想像しやすいケースとして推測できるがゆえに、上の人も断定的に「意味し」と書いたのかもしれないけど、あくまで推測のひとつ)というだけだと思う(から直結はしないよ)。」とふわっと回答を受け止めてるから、そないつっかからんでいいと思うよ… (2018-07-15 18:17:47)
      • そもそも最高品質の素材はユレーヴェの材料とは限らないし魔術具の素材にもなるから、フェルなら釣れるとハイスヒッツェが判断しただけだと思う。仮にユレーヴェ用だとしてもフェル自身のユレーヴェの材料の足しに、として提示したのかも知れん。ユレーヴェだって消耗品だから、一回作ったら二度と作らないって物でもないし。 (2018-07-15 18:31:03)
        • 単純に価値があるだけではフェルディナンドが頷かないのは188話にある通り。それが必要な物だと分かっているから「フランメルツの実」と言っただけで余裕が無くなった。 (2018-07-16 05:53:37)
          • 『それが必要な物だと分かっている』のはフェルであって、ハイスヒッツェは意識してないだろう。現にその後で「勝利すれば、この内の一つを」と言ってる。ロゼマのユレーヴェ目的を最初から意識してたらそのセリフは出てこない。『単純に価値がある』と、『自身では絶対採集出来ないとても希少な素材』の間にそれだけの差がある、というだけなんじゃ? (2018-07-16 10:42:28)
            • 必要なのは季節ごとに取れる高品質の素材だから、持ってないのを選ばせるつもりだったんだろ。 (2018-07-16 16:48:38)
              • 結局はハイスヒッツェがロゼマのユレーヴェ用だと意識してたかどうかは、ロゼマがユレーヴェを必要としてる事実が、ダンケルフェルガーに知られているかどうか、という問題に掛かってくるんだよな。知らないだろうと仮定すると、ただの偶然だったかフェルが好きそうな物を偶々チョイスしただけ、という方が説明し易いんだよね。 (2018-07-16 22:05:04)
                • 作中の描写を見る限り、ハイスヒッツェは個人的な付き合いでフェルのことをよく知っているけれど、情報通というわけではなさそうだしなあ。と言うか、ダンケル男全般に情報通なイメージが全くない。 (2018-07-18 02:40:53)
                  • まあダンケルがそこまで情報通だったら、そもそもフェルのアーレンスバッハ行きの婚約を後押ししたりはしなかっただろうしな。 (2018-07-18 11:41:09)
                    • ダンケル男で情報通と言える分野があるとしたらディッター絡みだけだよなw (2018-07-18 19:27:18)
                      • ローゼマインの状態はディッター絡みだし、フェルディナンドからの情報提供だし。 (2018-07-18 22:21:06)
                        • フェル様から情報提供があったかは確定してないじゃん。個人的には、あのフェル様がロゼマの弱点になり得る様な情報を他領に流すとか、フェル様の性格的に絶対にあり得ないだろ、とは思う。別にロゼマのためではなく、(フェル様主観の)貴族の常識として他人に弱みを知らせるとかしないだろ。 (2018-07-19 09:50:38)
                          • 言ったからこそ、ルーフェンがおとなしくなったんだが。材料を相手に用意させるための策略かもね。 (2018-07-19 10:38:35)
                            • だからルーフェンにフェルが何を言ったか、確定情報は出てないだろ。作者の公式見解出てないんだから、言った言わないは現状可能性の話でしかない。 (2018-07-19 11:55:45)
                              • その確定してない会話の内容を議論してるんだろ?いきなり確定情報とか言い出してどうした? (2018-07-19 15:56:15)
                                • フェル様から情報提供があったかは確定してない] (2018-07-20 00:04:04)
                                • ミス、「フェル様から情報提供があったかは確定してない」に対して「言ったからこそ、ルーフェンがおとなしくなったんだが」と回答があったら確定情報として反論してる様にしか見えないからだろ? (2018-07-20 00:05:44)
                                  • ルーフェンがローゼマインを驚愕の表情で見るのを、ローゼマインに対する衝撃の事実以外に何があるのか?そこは確定してるだろ。 (2018-07-20 05:40:12)
                                    • 驚愕したって事はルーフェンの常識外の話だった訳だけど、ユレーヴェが必要という話なら普通は憐れを感じる所で驚愕するのはおかしな反応だよな。明らかに貴族の常識外の情報が齎されたとしか思えないけど。それこそ、ロゼマが身喰いだとか、実はツェント候補だ、レベルの爆弾投下しない限り驚愕はないんじゃないかな。 (2018-07-20 08:54:18)
                                      • 「まだ魔力固まりが残ってる」だけで結構びっくりしそうだけどな、2年もユレーヴェ治療したはずなのにどんだけだよって。その半死人みたいな状態で一見問題なさそうに行動してることも合わせて。同時に洞窟遭難とか色々してた事は鍛錬や根性とは別問題だと納得しそう。魔力固まりという領主候補生の魔力体質的な弱点を騎士コースを断るためだけにフェルが漏らす確率vsハイスヒッツェが高品質ユレーヴェ素材になる組み合わせで偶然3つ選択して言う確率。どっちも低そうだけど、元々虚弱体質なのはまぁまぁバレてる&コース増やすと行動計画に支障が出るからフェルも迷惑&メタ視点(素材GETに繋がる伏線として綺麗だと思う)を入れると、フェルが漏らした方に傾いたな。その場合、ルーフェンに「決して口外するな(411話)」って言ったのにハイスヒッツェに漏れちゃってる事になるけど…。①ルーフェン信用度が高くて言ったのにあっさり裏切られて漏れた(口先だけの口止め程度じゃ寮監は重要事項なら領地に報告するものだっていう常識がヒルシュールと違いすぎた(笑)こともあるかもしれない)②信用度は関係なく、口止めも保険程度で、領地に報告される危険性を見越しても漏らした。結果、情報利用されたと瞬時に分かって笑顔が消えた(416話)。口外するななんて言ってる時点で割と①の気もするけど、②かなぁ。 (2018-07-21 13:55:48)
                                        • 魔力塊の話だったとした場合の一番の問題点は、ユレーヴェで解決可能だから、「騎士コースへの勧誘を止める」理由たり得ていないと言う点。まあ「勧誘を止める」のと「高品質なユレーヴェの材料を得る」のと両天秤だった可能性もあるけど。どっちに転んでもロゼマの利にはなる。でも、ダンケル側がユレーヴェを意図していたなら、3年次に「ユレーヴェで治った」のロゼマを騎士コースに誘ってないとおかしいんだけど。 (2018-07-21 14:10:24)
                                          • そこなんだよな。両天秤はありかも。ただあの時点でフェルが「魔力固まり」って言うこと自体は、最低1年~数年は素材集めにかかる物だから3年次のコース選択時に間に合わないし、しばらくは有効な理由足り得ると思うので、成立すると思う。でも溶けたって分かったらきっとルーフェンはいつでも勧誘再開する予感…してないしユレーヴェ使ったかどうかの追求もしてないんだよな…むしろ「虚弱で騎士コースが取れない」と納得したままっていうね。追求されてもまた2年眠る事態になるかもしれないからまだ使ってません、とかで有耶無耶にできなくはないかもしれないけど、そこはちょっと弱いよね。 (2018-07-21 20:36:50)
    • 騎士課を受けられない理由ってローゼマインが見習い騎士に行ってたけど騎士に必修の騎乗戦闘が乗り込み型ではできないからやめなさいっているいってたから 実技でも必修科目なんだろうね それを失念してたみたいだからそのことを認識させたんだと思う (2018-11-06 12:02:53)
  • また推測を断言する人が湧いてるけど、その可能性もあればそうじゃない可能性もあるってことを認識した上で発言しないと、紛糾の原因になるだけだぞ。自覚がないようだけど。 (2018-07-19 18:40:34)
    • 無駄に否定しなければ、そこでコメントが止まるから紛糾はしないよ。自覚がないようだけど。 (2018-07-19 23:03:46)
      • 確定情報じゃないって言ってるのは俺じゃないんだが。飽くまで推測に過ぎないことを強硬に断言してるやつがいるから、議論に向いてないやつがいるなーと思って言っただけ。異論を受け入れる余裕がないなら参加しないことをお勧めするよ。 (2018-07-20 17:23:42)
        • まあ個人的には魔力塊の話じゃなく、生まれ付き虚弱だと言う話をしたんじゃないかと思ってるけど。反省室に入れたら半日で死に掛けた話とかして。でも、これも可能性のひとつでしかない。 (2018-07-20 17:39:51)
          • そういう反論なら、こっちも反論はしなかったが、情報提供が~なんてのは100%ありえないからね。 (2018-07-20 20:17:51)
          • あ、やっぱそれも違うや。虚弱だけならルーフェンは諦めないし。どこか忘れたけど、強くなるまで鍛えるのがダンケルフェルガーとかそういった感じのなかったっけ? (2018-07-20 20:27:13)
            • 半日で死にかけの話をしたと思ってるのは、何もしてないのにほっといただけでも死に掛ける、鍛える余地もないくらい虚弱だって話なら諦めるんじゃないかと思ったから。魔力塊ならユレーヴェで溶かせば良いだけで、溶かした後にまたディッターや騎士コースに誘いかねないし。 (2018-07-21 02:07:29)
            • 上にも書いてあるけど「虚弱で騎士コースが取れないローゼマイン様」(508話)って虚弱を理由にルーフェンは諦めてる。普通の虚弱じゃ諦めないルーフェンが納得する虚弱さって、鍛える余地が無い体力、または体質の話しか思いつかないけど。体力なんて (2018-07-23 12:33:27)
              • 失礼、最後の「体力なんて」は消しそびれ (2018-07-23 12:39:03)
          • 個人的には、フェルがロゼマの弱み(虚弱とか魔力塊残ってるとか)を伝えるほどルーフェンのことを信用してると思えないんだよね。ハイスヒッツェみたいに親しい(?)関係の描写も特にないし。フェルの貴族院時代にはルーフェンはサブ講師だったから接点も多く無いだろうし。それにフェルって基本的に他者を信じない人間だし。 (2018-07-20 21:35:19)
            • 単にルーフェンを愕然とさせるほどの話が、鍛える余地もないくらい虚弱だってことくらいしか思い浮かばないだけなんだけどね。 (2018-07-21 02:12:35)
            • (実際に鍛える余地があるかどうかではなく、ルーフェンにそう思わせるエピソードってことね。念のため) (2018-07-21 02:16:17)
              • あの時点で知られてる範囲でルーフェン(というかダンケル)に釘を刺すなら政治的な話かも知れん。「折角次期領主夫人となる事で落ち着いたのに、其方らは、また私と同じく現領主夫人に疎まれる立場にロゼマを追い詰めたいのか」とかフェルに言われたら流石にダンケルも引くしかない。それが後のフェル救済運動に繋がった、という推論も出来るしアリじゃね? (2018-07-21 08:01:58)
                • それは騎士クラスやディッターへの勧誘を止める材料になるのか? ロゼマが領主夫人に疎まれていると言う設定にしてしまうと、ならレスティラウトの嫁にしてダンケルが後ろ盾に!みたいな斜め上な方向に突っ走りかねないと思うんだけど。ダンケルの後ろ盾を得れば騎士クラスもディッターも自由に出来ます!みたいな。 (2018-07-21 13:48:13)
                  • でも実際にダンケルは迷走しまくってるよな。フェル救出>アーレン地獄行き、ロゼマ助ける>傍迷惑な嫁取りディッター、とか。 (2018-07-21 15:47:41)
                    • この話のポイントは「ロゼマを騎士コースに勧誘させない」ために、フェルが何を言ったかだろ? ダンケルが勝手に暴走してる話は関係ないよ。ちゃんとした情報を得てないからこそ、明後日の方向に突っ走ってるんだし。 (2018-07-21 19:19:29)
                  • あー、別に現状疎まれてるって話じゃなくて、例えばで、ロゼマを優秀にし過ぎると次期領主派に疎まれるようになる、みたいな話。それ以外でもロゼマの弱点を晒さずに、政治的な立場を利用してルーフェンを黙らせる方法はありそうなんだけど、何故かロゼマの弱み知らせて諦めさせるって方法ばかり議論されてるから挙げてみただけ。 (2018-07-23 10:17:59)
                    • それだって、ロゼマの置かれてる立場の弱みと言う別の弱みを見せてるだけで、しかもそっちじゃダンケルが後ろ盾に!とか言ってしゃしゃりでて来かねない大悪手だと思うんだけど。実際のちにレスティラウトがヴィルには勿体ないから自分の嫁になれって言い出してるのに、その理由を増やすだけじゃん。 (2018-07-23 11:42:39)
                      • それって弱みなのかな?「お前らが手を出さなきゃこっちは平穏無事なんだよ」て遠回しに言ってる訳だから逆に「余計な事スンナ!」って脅してる様にも取れる。 (2018-07-23 22:46:20)
                • 同じ政治的な話だとすると、「製紙業やら神殿長やらで責任者として大人何人分もの仕事を抱えているから、これ以上の負担は要らん」と言う話をした可能性もあるけど、これだとアウブが養子を虐待って話に繋がってしまうからなさげだし。あの歳でいくつもの仕事の責任者という話なら驚愕しそうではあるんだけど。 (2018-07-21 13:59:16)
                  • あの時の話時点では、 (2018-07-24 00:21:19)
                  • 失礼、ミスッた。あの時点ではというか貴族院では一応地雷さんの規格外な異常性や能力は隠すことで引き抜きを阻止するという方針だから、既に大人顔負けの経営者みたいな情報はフェルから明かすことはないでしょ。まぁ、隠蔽という方針はエーレンでは守ることはできないので正しいといえるが、地雷さんの暴走とエーレン全体の能力不足と周囲の無茶ぶりから能力を隠すことは全くできなかったんだが。 (2018-07-24 00:27:39)
                    • 神殿長なのは周知だし、エーレンフェスト紙もロゼマの側近が中心になって使ってる。この話をしていた場合の新しい情報は、製紙業の責任者であると言う部分だけで、そんなに目新しい内容があるわけじゃない。いずれにせよ、自分でなさげだって否定してるのに、反論めいたことを言われてもなあ。 (2018-07-24 01:25:54)
                      • 年齢からお飾りであると思われて自身もフェルに頼っていると言ってた蔑みの対象である神殿長では能力がある人と判断材料にはならんと思うぞ。フェルもアーレンに蔑まれダンケルなどから人材の浪費・虐待だといわれてたのも覚えてないのか?ジークリンデが今までの経緯と交渉時の対応から地雷さんが製本業の中心だと推測しただけでフェルからの情報とかどこも匂わす要素はないし、製紙業への関与すら知らない。エーレンの情報得られないってどこも嘆いていた時期なんだからルーフェンとフェルの接触時の情勢をきちんと把握してから書いてくれ。あと、何度も言うが当時のエーレンとフェルの方針から地雷さんの規格外能力を教えるわけがない、むしろ有能な人材として引き抜かれかねない情報をなぜあの時点でフェルがルーフェンに教えると思ったのかが理解不能な発想。 (2018-07-24 02:08:29)
                        • 俺のしたのは仕事量の話で、能力の話なんて全くしてないんだが。「既に仕事量が多いのに、騎士コースでやることを増やすな」と言う話をした可能性を考えた上で、既に「自分で否定してる」んだよ。ちゃんと読んでから反応してくれ。 (2018-07-24 04:15:30)
                        • そもそも俺は虚弱の話をした可能性が一番高いと思っていて、それ以外に「こう言う話をした可能性もありえるけど、多分ないだろう」と自分で否定した例を挙げただけだ。繰り返すけど、既に自分で否定してるんだよ。 (2018-07-24 04:24:05)
                      • 「他領地から目をつけられて引き抜かれないためにも領地すら左右する規格外の能力の持ち主であることは隠そう」という方針なのに、「製紙業や製本業などの今後領地の売りとなる事業の中心です」なんて普通他領地の寮監に明かさないよな。しかもあのフェルがあんな状況で情報漏洩すると思うなんてどういう思考回路なのだろうか。 (2018-07-24 02:19:57)
                        • 俺はこう言う可能性もあるかも思い付きはしたけど「自分で否定している」のに、一体どこ読んでんだよ。お前の読解力と思考回路の方がおかしいわ。 (2018-07-24 04:06:17)
                          • 横からのレスだがアホな理屈こねてたのをようやく理解して、自分は悪くないと必死に弁解している奴にしか見えんぞ。まずは、確かに理屈に合わない説でしたその通りですねと素直に認めることから始めなさい。 (2018-07-24 08:19:53)
                            • ああもういいや。読解力が無くて話の流れを読んでないどころか、レス付けてるコメントすらもちゃんと読めてないようなやつを相手にしたのが間違ってた。馬鹿とまともな対話なんかできっこないわな。もう止めるから安心してくれ。 (2018-07-24 12:40:26)
                            • じゃあ私も横からだけど、まったくそういう奴には見えない人に対して上から目線で説教かましてる人にしか見えないよ。「Aの可能性もあるけど、Aは無いな」に対して「Aは無い、理解不能」「Aは無い、思考回路がおかしい」って反論としておかしいでしょう。「Aは無いね、同意」で済むし、結論が全員一緒なのになぜか反論してる感じになってる人の意味がわからない。「Aは無いと素直に認めろ」は尚更意味がわからない。 (2018-07-24 12:52:50)
                            • あら。本人さんがもう投げてたんだね、横からごめんね。やめとくわ (2018-07-24 13:04:54)
                              • あのさ、結局「地雷は領地を挙げた事業の責任者だといってフェルがルーフェンを説得したなんてあり得ない」というのに反論できてないよ。自覚ないかもしれんが、自分のプライド守るため罵倒して話そらしてるのばればれ。かまってほしかったらちゃんと考察しがいのある考えた意見や主張を書いてね。親じゃないんだから癇癪おこした○○に構う義務がないんだ、ごめんね。ちゃんとしたコメントで暇な時なら相手してあげるよ。 (2018-07-28 00:54:55)
                                • 御免、横からだけど、誰にレスってるのか全然判らない。そもそも「責任者であると説得したなんてあり得ない」はみんな認めてて誰も反論してない様に思うんだけど、反論出来てないって誰に行ってるのさ? (2018-07-28 02:04:08)
                            • 「あの時の話時点では、」から「~どういう思考回路なのだろうか。」までの反論(っぽいレス)全4つと同一IDなのに、どうして「横からのレスだがアホな理屈こねてたのを~」とか言って別人を装ってるの?5つのレス全部が同一人物なのは普通に判別できる事なので、ばればれで滑稽に見えるからやめた方が良いよ。 (2018-07-28 18:14:33)
            • 実際、ユレーヴェ必要説は無理があるよね。ユレーヴェ必要>さっさと溶かしてディッターしようぜ、がダンケル脳だから。ルーフェンが驚愕してロゼマを見たからロゼマ絡みだろうとは思うけど。案外性格(性質?)をネタにしたのかも。「敵対する者を平気で血祭りにあげる本狂いに騎士コースで戦闘力を与えたら死者を量産する事になるぞ」位の脅しならやるかも知れない。 (2018-07-24 15:41:18)
              • ? ユレーヴェ必要(とフェルが言ったから)>さっさと溶かしてディッターしようぜ(とハイスヒッツェが言ってきた)だと説のまんまの事言ってるよ?無理があるってどこを指して言ってる? (2018-07-24 21:39:59)
                • a-, (2018-07-24 22:56:17)
                • miss、言葉足らずだったね。ユレーヴェ必要って話じゃ溶かせば良いだけだから、ダンケル脳だったら騎士コース勧誘を辞める理由にはならないな、って話。 (2018-07-24 23:01:06)
                  • (エーレン曰く)異母兄や父親のユレーヴェを使用した結果、2年の眠りについた子供に対し、親のユレーヴェで残りの塊を溶かせとは言いにくい。 その一方で、本人のユレーヴェは、虚弱な人間にとって素材集めのハードルが高い(第174話)上、作成自体が高学年で行うもの(第439話)。 なので、三年生の進路選択を断念させるという観点では、ユレーヴェ問題でも十分抑止力になりうるかと。  ……まあ、実際にフェルが何を言ってとめたのかは不明だが。 (2018-07-29 20:40:19)
                    • ちなみにエーレン説明(魔力が合わずに、拒絶反応がでた所為で、二年も眠ることになった)は、書籍版第四部I特典SS「特別措置の申請」において、特別措置の申請承認の為、貴族院の教師全員(ルーフェン含む)になされたもの。 二年生時にまた二年も眠る危険のある行為をしろとは言わないと思う。 同様に、五年か六年で行うユレーヴェ作成を、三年になる前に行えという発言もしないかと。<ダンケル脳だけど、意外としっかり教師をしているので。 (2018-07-29 21:00:37)
                      • 結局それだとユレーヴェ使ったのにまだ塊が残ってるというロゼマの弱みを、フェルがルーフェンに晒したって事になって、他人に決して弱みを見せるな、が身上のフェルの行動としては矛盾が生じるから有り得ないんじゃね?って話に戻る訳なんだけど。 (2018-07-29 23:29:32)
                        • 元々、ユレーヴェで溶けていない云々が有力筆頭とは言っていないよ? 「抑止力になりえないからありえない」論に対して「抑止力になりえる」と思うと言っているだけで。 後、フェルは確かに「他人に決して弱みを見せるな」の人だけど、ヒルシュールの研究室にフェル製危険物を山ほど放置したり、ヒルシュールにロゼマの事情(身体強化の魔術具使用中とか、その所為で魔力制御が怪しいとか)を話してフォロー依頼したりしているように、信用できると判断した人物には、他人であってもそれなりに気を許している。  特別措置申請の為にユレーヴェのでっちあげ事情を説明しているので、溶かしきれていない塊がある云々は、貴族院の教師達にとっては比較的納得できる内容と思われることから、貴族院の、ある程度人柄を把握していて大丈夫と思える教師に対しては、話しても良いと判断する可能性はあると思う。 ……重ねて言うけれど、ユレーヴェ説を完全否定する程の材料はないと思っているだけで、筆頭であると肯定している訳ではない。 (2018-07-30 06:28:52)
                          • フェルは貴族院時代に、ヒルシュールに心配するだけ無駄と考えを改めさせる位、色々とやらかしてるからね。 ヒルシュールの反応やダンケルの反応を見るに、ダンケルと一緒に暴走したケースが多そうな上、コンスタンツェの回想(第315話)から推測するに、ダンケル騎士見習い達にはルーフェンが付き添っていた可能性が高い。 ある意味、弱みになりえるやらかしを散々見せた上で、その弱みを秘匿して貰っている実績持ち……の可能性が高い気がする<ルーフェン (2018-07-30 06:44:05)
                            • 訂正:×コンスタンツェ 〇 フロレンツィア (2018-07-30 07:11:38)
  • 礎には、国の礎>アウブの礎>ギーベの礎、とあるけど役割がハッキリしない。土地の魔力は聖杯で直接撒いてるしギーベじゃ創造魔術で何か作れる訳じゃないから、ギーベの礎の役割はギーベ領内の白の建物の維持だけ?なら極論、白の建物建てなければギーベの礎は要らない事に?ギーベ領の区切りはアウブの礎の仕事だろうし。 (2018-08-11 22:47:04)
    • 村落は直接撒きっぽいけど、ギーベは聖杯を手渡してて(352)直接撒きかは明記されてないし、ギーベ礎に注いでる可能性もあるんじゃないか? あと魔獣がいたりする世界だし、大きい街なら防衛力もそれなりに必要だろうから、白の建物であることも大事なんだろうかと。 (2018-08-12 04:38:46)
      • ギーベの礎に小聖杯の魔力注いで土地が潤うなら、わざわざ祈念式で土地に魔力撒く必要なくね?確か青色に余裕あった昔はギーベ領の土地にも直接魔力撒いてたらしいし、ギーベはあくまで小聖杯を預かって管理してるだけで、土地の魔力とギーベの礎は関連無いんじゃ・・・。 (2018-08-12 08:33:01)
        • それだと確かに小聖杯は関係弱そうだな。としたら、ギーベ礎を置かなくちゃいけない理由があると言うのはどうだろうか。例えば国礎を発電所、アウブ礎を高圧変電所とすると、ギーベ礎は配電用変電所と見れるんじゃないか? その上でギーベ礎がない場合、その地域の供給が不安定になると考えるんだが。 (2018-08-12 09:58:51)
        • ハルデンツェルの儀式で小聖杯が光った結果が伯爵領内に限定されていたり(第354話)、ギーベ達は小聖杯に加えて自身の魔力を注ぐことで収穫量の低下を抑制していたり(第226話)するから、領地の礎でフロア全体の床下暖房(広く弱く)をして、ギーベの礎で小部屋内のストーブ暖房(狭く強く)をしている的な運用かもね。 / ちなみに、ギーベ領にも青色が直撒きしていた描写ってどのあたり? 渡される小聖杯に含まれる魔力量の増減描写はあったけど(第326話)、直撒きは心当たりがない……(謎) (2018-08-20 00:28:48)
          • 147話、ブロン男爵に小聖杯を渡すシーンで「神官や巫女の人数に余裕がある時は、それぞれの貴族の農村にも赴いていたようだが~」と描写がある。青色が祈念式でギーベの農村に直接向かう理由が他に考えられないから、昔は直撒きしてたと解釈してたけど。 (2018-08-20 02:11:56)
            • なるほど。個人的な考えだけど、小聖杯を使用地域(ギーベ領下の農村)まで直送しているのか、集配所(ギーベの夏の館)までの配送で引き返しているのかの差の気がする。ハッセで大きな聖杯から各村長の用意した器に小分けしていることと、小聖杯分配数が伯爵領>子爵領>男爵量であることから、小聖杯は、直轄地で大聖杯からある程度小分けしたものの、ギーベ領下の農村Verに相当しているのかなと。現地で充填するには量が多いのと、より多くの人間が魔力奉納できるように、奉納式で事前充填して、後は配るだけにしている的な。 (2018-08-20 10:32:06)
              • どちらにしてもギーベの礎に小聖杯の魔力を注ぐ事はなさそうだね。 / 青色の魔力量で現地で直接込めるのは難しいだろうと言うのは同意。ただ、小聖杯の役割は魔力の蓄電池だろうけど、ギーベが直接魔力を足せるって事は大聖杯の機能も持ってるという事で、それなら直轄地で領主候補生が大聖杯を交代で持ち出さなくても全員で小聖杯持って同時に動いても同じ事が出来たのでは?という疑問が湧くね。 (2018-08-20 14:05:29)
                • その場合、既存の小聖杯では数が足りない(※)ので、新しい小聖杯を作る必要があるのだけど……そんなに簡単に作れるもの? 神具はツェントしか作れない(第588話)から、小聖杯製作可能者もツェントまたはグル典所有者限定だと思うけど。  それとも直轄地を回った後、ギーベ配布用に小聖杯に魔力を込めて、ギーベ領に配るイメージ? 移動距離的にも魔力的にも余計に面倒ではないかな。大聖杯交代リレーの方がまだ楽な気がする。/ ※ 余剰がある描写がないので、必要な数のみあると思われる。下手すると、政変で廃された領地の旧直轄地用に、中央に回収されて他領に再分配されている可能性もある気がする。 (2018-08-20 15:09:44)
                  • 確か小聖杯には領地が判る印みたいなのがあった筈だから、廃領地の小聖杯を使い回しはどうなんだろう?中央や勝ち組領地ではやってたのかな。あと大聖杯はともかく、小聖杯がグル典持ちしか作成できない、となると領地内のギーベの選定はアウブの職掌から離れるね。ギーベ領を増やそうとする度に王族(若しくは中央)にお伺いを立てて許可を得ないといけなくなる。それとも領地規模(大中小)で小聖杯の数が定められてて、各領地はその数の中でやり繰りする様に決まってるのかな。 (2018-08-20 15:57:05)
                    • 神殿長の聖典の鍵は領地の印があるけど、小聖杯はあったっけ?(謎)  小聖杯も一応神具だし、領地毎に数が決まっていたり、増やすときは追加製造申請をしたりしてても別に不思議ではないかな。 大聖杯と類似の機能を持つなら余計に、(製造方法の)機密保持的にも王権の権威的にも、製造方法を開示しない気がする。 (2018-08-20 17:00:04)
                      • そんなのなかったと思う。前神殿長が持ち込んだ小聖杯の出所も、フェルがアーレンに行って内情を調べるまで分かってなかったし。つか、小聖杯が神具だと言う描写もあったっけ? そもそも小聖杯ってどう使うんだろう。ギーベに手渡すだけで、直轄地でやってる祈念式のようなことをやっているのかどうかも不明だし。 (2018-08-22 02:47:00)
                    • ギーベ領の増設と、ギーベの選定は別案件だから、小聖杯を王が作っていても、ギーベの選定はアウブの掌握内のままだと思う。ギーベ領増設に関してはコメントの後者じゃないかな。やむを得ず増やす場合は、領地をまたぐ魔術契約より遥かに高いお金を払って、追加製造してもらうとか。あくまで想像だけど。 (2018-08-20 17:12:21)
                      • ツェント(中央)がアウブ(各領地)の申請通り小聖杯を製造してくれるなら問題ないけど、作るかどうかの決定権がツェントにある以上、恣意的に製造を先延ばしたり優先的に作ったりできるってのは、充分アウブのギーベ選定に影響与えると思うけど。逆にそこまでしてギーベに任命された方もツェントの意思でギーベに成ったという事で、王の承認を得たギーベとしてある意味アウブと同格になってしまう。政変前にそんなトンデモシステムだったかは甚だ疑問。そういう訳で、小聖杯が高額で簡単に作れないのは確かだと思うけど、アウブの権限内で作れる物だとは思う。 (2018-08-20 18:39:49)
                        • 領地立ち上げ時点に、領地全体の面積から、新任アウブの魔力量に応じた直轄面積を差し引いた面積を、小聖杯1つが補える面積で割った数(の切り上げ値)の小聖杯が与えられるのであれば、よほど考え無しなギーベ領分割や特殊事情が生じない限り、その後の領地運営において、小聖杯の追加は必要にならないと思うが。<伯爵領3、子爵領2、男爵領1(第537話)で、ざっくりではあるけど面積の大小に応じて分配されてるので / というか、領地立ち上げ時点で、領地サイズに応じた必要数を配分しないような人間関係なら、そもそも新規立ち上げ領地へのアウブ任命をしないのでは……? 他の領主達との信用問題にも発展しうるから、立ち上げ時の神具分配ルールはある程度標準化された上で順守されている気がする。 (2018-08-20 22:43:07)
                          • ちなみにロゼマのような礎のっとりのケースは、前身領地の小聖杯含む神具をそのまま引き継げばよいので、議論の対象外としている。 (2018-08-20 22:47:25)