名捧げ

名捧げは、己にとって唯一の主に命懸けの忠誠を誓うことである。


概要

生殺与奪の権利を主に委ね、自分が絶対的な臣下であることを示す *1 。形式上ではなく実際に魔力的な縛りが発生する為、主の命令には逆らえない *2 。実際に面と向かって命令せずとも、名捧げの石を介して命令することもできる。一方で、主をだましたりして害することなども可能な模様。
主が名を返すことなく死ねば、共に死ぬが *3 、主の魔力によって窮地で生かされることもある *4
ひとたび名を捧げた者は時流が変わったからと主を変えることはできず、 *5 主が落ちぶれる時は共に落ちることになる。 *6
名を捧げた者が、主以外の他の者に仕えることは、主が許さない限りできないとされる。 *7

各地の状況

エーレンフェスト

ガブリエーレとその側近による名捧げ

エーレンフェストに馴染めなかったガブリエーレは、自らの派閥を確固とするため側近の子等に名捧げを強要した。 *8

魔力圧縮と連座回避のための名捧げ

エーレンフェストでは、ジルヴェスターによって、旧ヴェローニカ派の子供達がローゼマイン式魔力圧縮方法を教授されるには、領主一族への名捧げが必須とされた。 *9
ジルヴェスターの説明を受け、大多数の旧ヴェローニカ派の子供は躊躇したが、ローデリヒは逆に、名捧げをすれば領主一族の信用を得てローゼマインの側近になれると判断し、ローゼマインに名捧げすることを決意した。 *10
更に、旧ヴェローニカ派の子供達が領主一族に叛意がないことと、派閥に関係なく連携ができていることを、貴族院の領地対抗戦で確認したジルヴェスターは、旧ヴェローニカ派の粛清を決断する際、貴族院の子供達は領主一族へ名捧げをすることで、連座から回避させることとした。 *11
ジルヴェスターの連座回避策の説明を、フェルディナンドからローゼマインらが受けた直後、旧ヴェローニカ派であるダールドルフ子爵夫人がローゼマイン暗殺未遂事件を起こした。これにより、ダールドルフ子爵らが連座処分対象となったのを受け、連座によるエーレンフェストの魔力の減衰を避けるべく、ローゼマインがジルヴェスターに、貴族院の学生限定の名捧げによる連座回避を、大人(ダールドルフ一族全員)へも拡張することを提案した。 *12
ジルヴェスターが、この提案を受け入れ、更に一般化した結果、エーレンフェストでは旧ヴェローニカ派の粛清時に、領主一族に名捧げをすれば、成人・未成年問わず、連座は避けられることになったが *13 、 名捧げは犯罪者の身内が連座から逃れて命を長らえるために使うようなことではない、ローゼマインの提案が名捧げの意味を変えてしまうことになる――とローゼマインはボニファティウスに説教された。 *14

アーレンスバッハ

エーレンフェストよりも頻繁に行われており、名も捧げられぬ臣下など信用できないとされているが、 *15 単にガブリエーレが臣下が離反できないよう強制した結果の可能性もあり、実際にアーレンスバッハでそうした習慣があるのかの描写はされていない。

名捧げの石

名捧げの石はその者の名が刻まれ、主に委ねられる生殺与奪を可能にする命そのものである。
主の魔力で縛られた状態になると、白い魔力に満ちた線が細い網目状に周囲を覆い、真っ白の繭のような物になる。 *16
己の名を封じるに相応しい品質のものを用意するため、普通は成人して魔力の成長が止まるまで自分の名を捧げるのに相応しい品質がはっきりとしない。 *17
シュタープを持たなければ名捧げの石は準備できない。 *18

名捧げの儀式

大々的な儀式ではなく、ひっそりと行われる。
名捧げは神に誓うような儀式ではなく、自分が主と定めた者に誓うものであるため、仕える者が自分の言葉で主に忠誠を示す。
名捧げをすると言いながら、主となる者を騙し討ちする場合もあるため、主にとって信頼できる者が一人か二人立ち会う。
名捧げの石を主の魔力で縛る際には、名を捧げる者に多少の衝撃があり脂汗をかくほどの苦痛が伴う場合があるが個人差ないし状況によって程度も違う。 *19

名捧げの影響

名捧げをした者は主の魔力の影響を受ける副作用があることがローデリヒの加護の取得の際に明らかとなった。薄くだが、主の属性を取得することが判明する。 *20
ローデリヒは属性のために名捧げをするような者が増えることによって、名捧げの名と意味が変わることを恐れ、この事を公開しないように忠言している。 *21
名捧げで得られる属性の影響はそれほど大きくはない。
下級に近い貴族はその恩恵を大きく感じられるが、上級に近い貴族は自分の適性が多くて魔力が多いため、少しの上乗せではほとんど感じ取れない。
エルヴィーラに名捧げを変えたミュリエラが加護の再取得によって、属性自体も主が変わることによって変動することがわかった。 *22

名捧げした者の一覧

人物 時期 立会人 備考
フェルディナンド ユストクス 不明 リヒャルダ *23
エックハルト 1年or2年 *24 ユストクス *25
ハイデマリー(?) 不明 不明 フェルディナンドが名を捧げずに信用したのはローゼマインだけであったことからの推定
ラザファム 不明 不明 *26
ジルヴェスター イェレミアス 13年秋(?) 不明 *27 *28
ヴェローニカ ダールドルフ子爵 不明 不明 *29
トルデリーデ 不明 不明 *30
ローゼマイン ローデリヒ 12年冬 リヒャルダ
ハルトムート
*31
グレーティア 13年冬 ローゼマインの女性側近 *32
マティアス 13年冬 ローゼマインの護衛騎士 *33
ラウレンツ 13年冬 ローゼマインの護衛騎士 *34
ハルトムート 14年春 オティーリエ *35
クラリッサ 14年夏 不明 *36
ミュリエラ 13年冬から14年春 ローゼマインの女性側近 エルヴィーラに主を変更。 *37 *38
フェルディナンド 15年春
毒に倒れている間
なし 魔力枯渇を防ぐためユストクスに説得されて預けられていた名を奪う *39
救出後名を返す *40
フェルディナンド 15年春 なし 女神の御力の影響を受けないようにローゼマインに騙し打ちで名捧げ石を染めさせる *41
エグランティーヌ 15年春 ハルトムート
アナスタージウス
*42
ヴィルフリート バルトルト 13年冬 不明 *43
シャルロッテ カサンドラ 13年冬 不明 *44
メルヒオール ベルトラム 17年冬以降実施予定 未定 アウブとの面談でメルヒオールに捧げたいと宣言 *45
ディルク 17年冬以降実施見込 未定 アウブとの面談で孤児院を守る人物に捧げたいと宣言 *46
ゲオルギーネ グラオザム 不明 不明 マティアスの父
ロイエーア 不明 不明 マティアスの母
マティアスの兄二人 13年夏 不明 *47
グローリエ 不明 不明 ダールドルフ子爵夫人
ヴィルトル子爵 不明 不明 ラウレンツの父
ヴィルトル子爵夫人 不明 不明 ラウレンツの母
ミュリエラの親 不明 不明 内、誰かはベッセル子爵
バルトルトの親族の内一人
カサンドラの親族の内一人
エルヴィーラ ミュリエラ 14年春 ローゼマイン 加護の再取得の儀式時に変更 *48
不明 フェルディナンド 不明 不明 名捧げ石は存在するが、ローゼマインに預けた13年冬時点では名捧げしていない状態
先代アウブに名捧げし死亡前に名を返された可能性が高いが実際は不明
アーレンスバッハ移動前に名捧げ回避策で石作りのみして名捧げ経験無の可能性もある *49

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ラザファムが名捧げしている以上、ハイデマリー も間違いなく名捧げしていたと推測される - 2016-03-07 06:45:20
  • 修正希望 主となる者を騙し討ちされる場合もあるため、主にとって信頼できる者が一人か二人立ち会う。→、主となる者を騙し討ちする例があったため、主にとって信頼できる者を一人か二人立ち会わせる。 - 2016-05-20 04:36:57
  • 他に名捧げの時期がわかっている人はいたっけ? - 2016-06-01 08:48:14
  • クラリッサの立会人は誰だろう。オティーリエかな?あの場に側近勢ぞろいしているだけにわからん。 - 2016-06-07 08:27:18
    • 560話でオティーリエがクラリッサの立会人もやってもいいようなことを言っているけれど、描写がないだけに確実ではない。 - 2016-06-07 08:45:22
  • フェルディナンドもゲオに名捧げしたんじゃないの? - 2016-07-01 19:37:00
    • ヴェローニカでわ?真名でないと思うし - 2016-07-01 21:18:24
    • フェルが貴族院に入学した時点でゲオは結婚済。ヴェロに名捧げしていたなら神殿入りする必要が出る程の暗殺騒動は起こらなかったと思う - 2016-07-21 08:23:13


*1 第462話 旧ヴェローニカ派の子供達

*2 第574話 トロンベ狩りと星結びの儀式、SS34話 エックハルト視点 ローゼマインが不在の冬 前編

*3 第462話 旧ヴェローニカ派の子供達、第599話 二人の情報と名捧げの石

*4 第599話 二人の情報と名捧げの石

*5 第452話 聖典の行方

*6 第475話 グレーティアの事情と素材採集

*7 第375話 貴族院へ出発

*8 第452話 聖典の行方

*9 第375話 貴族院へ出発

*10 第376話 入寮と忠誠、第386話 ローデリヒの願い

*11 第445話 餞別 後編

*12 第451話 ダールドルフ子爵の館

*13 第453話 出発準備

*14 第541話 養父様とおじい様の再取得 前編/そもそもの提案者が誰かということに関するボニファティウスの認識と実際の経緯の間にずれがあることから、粛清時の名捧げ適用提案時に、ボニファティウスの承認を得やすくする為に、ローゼマインの提案だとジルヴェスターが嘯いた可能性もある。

*15 第452話 聖典の行方

*16 第414話 ローデリヒの名捧げ

*17 第456話 閑話 選択の時

*18 第453話 出発準備

*19 第414話 ローデリヒの名捧げ

*20 第467話 皆の儀式と音楽

*21 第469話 領主候補生の初講義

*22 第534話 加護の再取得 後編

*23 第414話 ローデリヒの名捧げ

*24 名捧げに必須のシュタープを得られるエックハルトが三年生かつフェルディナンドが神殿入りする以前のため

*25 第414話 ローデリヒの名捧げ

*26 SS第25話 ラザファムとの会話

*27 第451話 ダールドルフ子爵の館

*28 第452話 聖典の行方

*29 第452話 聖典の行方

*30 第455話 閑話 忙しい冬の始まり

*31 第414話 ローデリヒの名捧げ

*32 第482話 お返事 前編

*33 第473話 領主候補生の講義終了

*34 第473話 領主候補生の講義終了

*35 第561話 カルステッド宅でのお話 前編

*36 第567話 春の成人式と養父様の出発

*37 第482話 お返事 前編

*38 第534話 加護の再取得 後編

*39 第599話 二人の情報と名捧げの石

*40 第605話 わたしのゲドゥルリーヒ

*41 第654話 顔色の悪い王族 その3

*42 第658話 儀式の準備とエグランティーヌの名捧げ

*43 第472話 儀式の研究と粛清の報告

*44 第472話 儀式の研究と粛清の報告

*45 第576話 アウブの面接とエントヴィッケルン

*46 第576話 アウブの面接とエントヴィッケルン

*47 第456話 閑話 選択の時

*48 第534話 加護の再取得 後編

*49 第593話 革袋の中身とカミルの洗礼式