素性の把握

ローゼマイン(マイン)の素性をどれくらい知っているかのまとめ。


凡例

身分と立場
+貴:貴族
貴:貴族
  • 領:領主一族
  • 上:上級貴族
  • 中:中級貴族
  • 下:下級貴族
  • 青:青色神官(巫女)
+平:平民
平:平民
  • 下:下町住民
  • 商:商人
  • 職:職人
  • 孤:孤児
  • 灰:灰色神官(巫女)
  • 料:料理人

素性
  • I :ローゼマインの記憶
  • II :ローゼマインの血縁
  • III:ギュンターの娘(次女マイン)の経歴

に対し

  • A:正しい認識。 正確度により+の数が増える
  • B:間違った認識。真相の一端をつかんでいるか、まるっきり見当違いかで+や-がつく
  • ―:その他

で分類した。
具体的には下表。

I ローゼマインの記憶に関する認識
A+ 前世の記憶持ちだと知っており、かつ、前世の世界を見ている
A 前世の記憶持ちだと知っている
B+ 神々の世界の夢を見た経験持ちと思っている
B- フェルディナンドの知識だと思っている
不思議に思っている、疑問にすら思っていない等
II ローゼマインの血縁に関する認識
A++ ギュンター一家が実の家族であることを知っている
A+ ギュンター一家との関係把握は怪しいが、平民出身であることは知っている
A 出身階級の把握は怪しいが、カルステッドの実子でないことは知っている
B+ カルステッドの実子だが、エルヴィーラの実子ではないと思っている
B 貴族社会での洗礼上の両親(カルステッドとエルヴィーラ)が、実の両親だと思っている
III ギュンターの娘(次女マイン)の経歴に関する認識
A 青色巫女見習いになった後、領主の養女ローゼマインになったと知っている
B+ 神殿関係の職を得た後、他領の貴族に殺されたと思っている
B 神殿関係以外の職を得た後、他領の貴族に殺されたと思っている
ギュンターの娘(次女)が誰なのかを知らない


一覧表

I 記憶 II 血縁 III マインの経歴 名前 備考
A A++ A ルッツ
A+ A++ A フェルディナンド

A A++ A ジルヴェスター
カルステッド
A++ A ダームエル
A++ A ベンノ
マルク
オットー
コリンナ
グスタフ
フリーダ
ダミアン
レオン
(B+) A++ A フラン
ギル
ヴィルマ
ロジーナ
デリア


(B+) A+ A ニコラ
モニカ
一部を除く孤児院の孤児
「青色巫女見習いとして入ったわたしが平民であることは、当たり前のように知られている。」*1
モニカは神殿内にいた青色巫女見習いの頃と、領主の養女になった上級貴族の娘としか知らない。*2
A++ (A) アルノー 故人 設定は聞いていた
(B+) (B) 小神殿組 他の灰色から知らされていない可能性が高い
(B+) A++ A ギュンター
エーファ
トゥーリ
B→A++ B+→A カミル マインは死んだ→マイン=ローゼマインと知らされた*3
B→A++ B+→A カルラ ラルフ発言を聞き、女の勘でマインと領主の養女が同一人物であると気づいた。*4
B B+ ディード 青色巫女見習いとして神殿に入ったことを理解している*5。マインは死んだ
B B ザシャ
ジーク
ラルフ
その他近所の人
神殿の巫女見習いというのは外聞が悪いので伏せられている*6
余所の貴族に殺されたとの説明を受け信じた*7
(B+) B フーゴ
トッド
平民だとは思ってなかった様子
イルゼから料理の神の夢をみたそうだとの説明を受けている*8
(B+)*9 B エラ 最初から貴族のお嬢様だと思っていた*10
B+ A++ A イルゼ マインの素性はフリーダに教えて貰っている*11
マインから夢を見たと説明をされ、料理の神の夢を見たと解釈した*12
A+→B ヨハン
ハイディ
ヨゼフ
インゴ
当初はギルベルタ商会が関係する、裕福な平民の工房長と認識していた
説明を受け、出歩いていたことを青色巫女見習いのお忍びだったと思い込んだ*13
巫女見習いの時期に会っているが、巫女見習いとして会ったことはない上
ギルベルタ商会の見習い服の姿でのみ会っていて、貧民姿や巫女姿を見せていない
B ザック 平民時代には直接の面識がない
B+ フロレンツィア カルステッドの娘と思っている*14
A リヒャルダ カルステッドの実子ではないことと、
領主と養子縁組をしてでも守りたい大事なモノが神殿にあることを察している*15
A++ A エルヴィーラ 平民出身である事とローゼマインの態度から実の家族の事も少し知っている*16
A++ A ユストクス 巫女見習い以前に会った事はないが、調査したため知っている*17
A++ A エックハルト トロンベ討伐の時に見た*18。平民として会った事はないが、調査したため知っている*19

A+→B+ ランプレヒト
その他騎士団の人
トロンベ討伐の時に見たが、本当は平民ではなかったというのを信じた*20
トロンベ討伐の時にいた騎士は見ているし平民発言を聞いているが、大多数は同上と思われる
(B+) B+→A++ ― →A ハルトムート 平民出身だと自力で気づく*21。聞き込み他で平民時の人間関係も把握している*22
B+ コルネリウス カルステッドローゼマリーの間の子との説明を受けている*23

B+ ボニファティウス
エルヴィーラの親族や親しい友人
リンクベルク家関係者
ローゼマインの側近の大多数
B+ ジョイソターク子爵 ローゼマリーの娘だと思っている
A++ (A) 神殿長 養子契約済との説明を受けた*24
A+ (A) ビンデバルト伯爵 養子契約済との説明を受けた*25
A+ シキコーザ 養子縁組をする前に処刑された
B- A+ 旧ヴェローニカ派の一部 蔑視や中傷のために平民と信じてる人もいるかも
B- B その他の貴族
I 記憶 II 血縁 III マインの経歴 名前 備考


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ラン兄は「貴族出身だと思っていた?」というか、最初に会話したときに「(異母妹)だったとは」的に言っていたので、すなおに貴族に戻ったと思ってそうなんですやね... - 2016-05-21 21:17:43
  • CとBの違いはなんですか? - 2016-05-29 20:06:58
    • マインとして下町で活動していた姿を知っている(B)か、ローゼマインの出自が貴族ではなく平民であることを知っている(C)かの違いかと。なのでマインは死んだと思っているラルフ達や、マインは貴族のお忍び姿と思っているヨハンは、Bは該当するけれどCは該当しないになります。 - 2016-05-30 08:27:12
      • 3部以降に出てきた人たち、特に貴族から見た場合に●○は同じ意味に見えないと思うのです。同じ指標で測るなら●○は同じ理由で着けるべきでそうでなければ注釈が必要だと思います。 - 2016-05-30 20:29:54
        • ……どちらかと言うと、ギュンター一家と家族として行動している場に同席しているというのを平民時代を知っている(B●判定)に該当させるかどうかという個々人の感覚差のような気もします。家族として振る舞っている場にいれば十分(B●)ととるか、その場が下町でなければ不十分(B○)ととるかだけのような……。その一方で、下町や下町家族との軌跡を「知識としては知っているけれど、現場にはいなかった」はB○で統一されていると思います。 - 2016-05-30 22:26:20
          • ●○について今の判定がおかしいというのではなく、あなたが書いている「知識としては知っているけれど、現場にはいなかった」というような内容を表に補足した方がいいという事を言いたいのです。簡単に言うと項目の説明や凡例を追加してB,Cについての意味合いを読み手の理解に任せるのではなく線引きを明確にするべきという事です。 - 2016-05-31 22:52:26
  • 614話によると、フルウレルムとその妹は C、E? - 2016-10-16 21:48:01
  • 最終話677話で、カミルはローゼマイン様が元平民で実の姉マインであることを知ったわけですので、Cに●がつくのでは? - 2017-04-20 20:26:59
  • コルネリウスは184話で領主にフリーダとギルド長の話するときに同席してたから平民時代のこと知ってるんじゃない? - 2018-02-01 19:38:17
    • そこは「洗礼式の前から付き合いがある為、ベンノ同様にわたくしのことを良く知っている人物」という感じの言い方で説明したのでは? 186話で人払い対象になっているし、その後の様子からも平民時代を知っているとはとても思えないけど。 - 2018-02-01 23:30:40
  • 341話のユクストスの台詞中に「夢の世界で神とお話して」とあるので、Aに○がつくのでは? (2018-04-04 07:22:01)
    • イルゼに言った話の事を、下町調べてた時に聞いたんだろ。イルゼも他の人に言ってたし。 (2018-04-04 12:51:37)
  • お父様 (2018-05-17 20:36:57)
    • 誤爆した。お父様と義父様って前世の事知ってる描写あったっけ?フェルはそこまで報告してなかったような (2018-05-17 20:38:14)
      • 記憶を読む調査は領主命令だったはず。調査内容は全部報告かと。 (2018-05-17 21:11:51)
      • 第170話のジル・カル・フェルの3者打合せで、異なる世界で成人するころまで生きた記憶がある云々の会話をしている (2018-05-17 22:42:54)
  • 177話「前神殿長が誤認し、平民の青色巫女見習いが神殿の規律を乱すのだ、と嘯いていた」のだから、実際に目撃していないだけでコルネリウス他の貴族もD『巫女見習いとして知っている』のではないでしょうか? (2018-07-14 05:51:40)
    • Dは「青色巫女見習いのマイン」と接している場合:●、「青色巫女見習いをしているマイン」を知っている場合:〇 という区分だと思う。   なので、マインではなく、ロゼマが、平民の青色巫女見習いと誤解されていたという認識をしている人物は、対象外となる。 マインではなくロゼマが青色巫女見習いをしているのは周知情報で区分する意味もないしね。 (2018-07-14 08:51:09)
      • それを言うと、コルネリウスとリヒャルダの違いは何だ?て事にならない? (2018-07-14 09:28:20)
        • リヒャルダは、「フェルが神殿で庇護していた、カルステッドの実子ではない子供で、上級貴族ともめた結果、領主の養女になる必要が出た」「フェルが信用できることと、領主の養女になっても不自然ではないという理由で、カルステッドの実子ということにした」「子供にとって大事なものは神殿にある何かか誰かなので、神殿での生活を維持させることにした」と把握している(SS 39話)から、コルとリヒャルダは相当違うと思う。 (2018-07-14 10:33:29)
          • その理屈で行くとリヒャルダは「巫女見習いをしていたローゼマイン」ではなく「巫女見習いをしていたマイン」を知っている、という定義になってしまうんだが。実子でないのは家族のコルは当然知ってるし、神殿にロゼマの大事な物がある、てのは側近なら皆知ってる。リヒャルダのDが〇なのがおかしいか、Dの定義がおかしいかのどっちかだと思うけど。 (2018-07-14 11:04:06)
            • ? エルヴィーラの実子ではないことはコルも知っているけど、カルステッドの実子ですらないとは知らないのでは? カルステッドと第三夫人の子であり、異母ではあるけど実の妹と認識している。 (2018-07-14 11:28:04)
            • 側近達の認識(※)は、神殿長を拝命したので神殿で生活しているけれど、ロゼマとしても神殿の方が気が抜ける(SS 22話)とか、ロゼマが神殿の灰色達と理想的な関係を築けている(SS9話)とかいうレベルのもの。  貴族であれば、洗礼と共に神殿から引き揚げさせるべきだが、養女になる前に持っていた大事な物や者から、強引に引き離してしまわないよう神殿生活を維持させたという、マイン特有の事情を知っている訳ではない。  <※ ダームエルやリヒャルダや、自力で気づいたハルトムートを除く (2018-07-14 11:36:28)
              • リヒャルダの感情を排して、知識だけでいうなら「ローゼマインが洗礼式前に青色巫女見習いをしていた」であって、他の貴族の認識と変わらない。「洗礼式後のマインが青色巫女見習いをしていた」のを知っている訳では無い、という話だと思うんだが。区分による対象、非対象の話をしてるだけだし。 (2018-07-14 11:57:34)
            • リヒャルダの定義はそれでよいと思う。<「巫女見習いをしていたローゼマイン」ではなく「巫女見習いをしていたマイン」を知っている / ここでの「ローゼマイン」や「マイン」は、あくまでも素性のマーカーだから。(ローゼマイン=カルステッドの実子/マイン=カルステッドの実子ではない者) (2018-07-14 11:42:41)
              • 実子か否かだけで区分するなら、今度はランプ兄のD●がおかしくならないか?ランプ兄はカルステッドの実子だと思ってる訳だし。 (2018-07-14 12:02:14)
              • 個人的な見解ではあるけど。分類の中に、素性と、活動時期や活動内容が混じっていることが、混乱の源だとは思う。 素性分類:[A] 前世の記憶持ち [B] 元平民 [C] カルステッドの非実子 [C] エルヴィーラの非実子 [D] カルステッドとエルヴィーラの洗礼上の子 [E] 領主の養女  活動分類:[a] 平民時(巫女見習い以外) [b] 平民時(巫女見習い) [c] 貴族時  とすれば、解釈が分かれないのではなかろうか。  リアレンジするかどうかはともかくとして。 (2018-07-14 12:18:03)
                • 今の分類だと、〇:一部知っている の一部のバリエーションがあり過ぎて、解釈が複数出るのだろ思う。 (2018-07-14 12:22:41)
                  • …「だと思う」が、「だろ思う」になってた。修正。 (2018-07-14 12:23:44)
                  • そうだよな、C区分の「元平民だと知っている」だって、”元”って付くなら今は貴族だって事も知ってる筈だろ!という突っ込みが出来てしまうし。単純に「麗乃」「洗礼式前のマイン」「巫女見習いのマイン」「ローゼマイン」をそれぞれ知ってるかどうか、を〇△×?でも充分な気がする。 (2018-07-14 12:42:16)
                  • あるいは、マインの素性分類(前世記憶持ち、貧民出身、商人見習い(ギルドカード持ち)、巫女見習い)と、ローゼマインの素性分類(前世記憶持ち、マインと同一人物、カルステッドの実子ではない)で分けるかかな。 (2018-07-14 19:35:04)
  • A●が完全に当てはまるのはフェルディナンドだけだよな。ルッツもジルヴェスターもカルステッドも直接か間接かの違いは有れど聞いただけだし。 (2018-09-02 23:24:30)
  • ローゼマインの側近の「大多数」という分類はいささか主観的に過ぎるような。エルヴィーラの実子だと思っている者に関する記載もないし (2018-11-18 13:10:38)
    • SS22話で、リーゼレータがコルネリウスから「洗礼式が行われる前の季節一つ分しか兄妹として過ごしていない」と聞いたことがあると言っているので、11年冬以降13年冬以前のどこかで当時の側近達に知れ渡ったと推測される。一方、同じSS22話でグレーティアは初めて知ったので、旧ヴェローニカ派名捧げ組がどういう認識をしているかは不明。 (2018-11-18 14:30:28)
      • その一方でハルトムートやリヒャルダが外れるので全員該当にはならない。 (2018-11-18 14:41:27)
        • ……ダームエルも非該当対象に追加。うっかり忘れてた(爆) (2018-11-18 15:59:58)