トラオクヴァールの第一夫人

初出:第419話

家族構成

夫:トラオクヴァール
 息子:ジギスヴァルト
  孫:ジギスヴァルトとナーエラッヒェの第一子
 息子:アナスタージウス
  孫:アナスタージウスとエグランティーヌの第一子

地位

階級:領主一族王族
職種:領主候補生→王の第一夫人

作中での活躍

ギレッセンマイアー出身。ツェント・トラオクヴァールの第一夫人で、第一王子ジギスヴァルトと第二王子アナスタージウスの母親。
長い政変の間、トラオクヴァールを支えてきた。
貴族院の奉納式への自身の参加とできるだけ多くの王族の参加を希望したトラオクヴァールに対し、ツェントと次代を優先すべきと言い、留守を引き受けた。 *1

15年春の貴族院防衛戦収束後、トラオクヴァールら王族達と共にエーレンフェストのお茶会室にげっそりとした姿で訪れる。
神々の要求として報せられた事や、失われる地位にしがみつくジギスヴァルトの暴挙に顔色を失う。
トラオクヴァールからシュタープの光の帯で縛り上げられたジギスヴァルトに目を伏せた。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。