先代アウブ・クラッセンブルク

初出:第305話

家族構成

息子:アウブ・クラッセンブルク
 孫:次期アウブ・クラッセンブルク
 孫:息子の第二夫人の子
 孫娘:ジャンシアーヌ
娘:エグランティーヌの母にして元第三王子の妻(故人)
 孫娘*1:(故人)
 孫*2:(故人)
養女(血縁上は孫):エグランティーヌ

地位

階級:領主
職種:先代アウブ・クラッセンブルク

作中での活躍

政変で亡くなった第三王子には娘を嫁がせており、二人の子であり自分にとっては孫であるエグランティーヌを引き取った。
第一王子との争いに勝ったが、最後に放たれた暗殺者に第三王子とその妻である娘と孫2人が毒殺されたことで怒り狂い、第五王子だったトラオクヴァールを持ち上げた。
政変における立役者にして第一位の大領地、最も正当な血筋であるエグランティーヌを確保していることもあって現在の王族すらも左右する影響力を持っており、自分の血族を殺された恨みでベルケシュトックを含めた敵対領地のいくつかをとりつぶし、味方した他領地に嫁いだり中央に移籍した領主一族や上級貴族をも処刑するという苛烈な所業は彼の意向が関与している模様。その結果、アーレンスバッハなどの勝ち組領地ですら魔力に困窮する原因となり、ユルゲンシュミットは荒れる事になった。
第三王子の末娘のエグランティーヌを養女に迎え入れた。
エグランティーヌを養女にしたことで、王族としての立場を奪ってしまったことを少し後悔する。
エグランティーヌをツェントに嫁がせて元の身分を取り戻してほしいと望んでいたが、エグランティーヌの望みではないこともあってかアナスタージウスに説得され傍系ではあるが王族に戻り、ツェントの配偶者よりも影響力が小さいことで不満を持つ当代のアウブとは異なりその結果には満足している。
後に、ランツェナーヴェとの戦争後エグランティーヌがツェントとなるが、実情として王族という身分はなくなりツェントとはいえ中継ぎに過ぎないため彼の望みは御破算となった。
前述通り勝ち組領地すら被害を被りユルゲンシュミット全体が魔力不足となる程の処刑の首謀者であり、その中には地下書庫を知る上級司書全員の処刑も含まれていた。このことが、グルトリスハイトが失われた理由の一つであることから、ユルゲンシュミット荒廃の原因であり、王族の解体やクラッセンブルクの影響力低下、そして荒廃の元凶である王族とアウブ・クラッセンブルク両方の血を引いた自身の孫エグランティーヌが荒れたユルゲンシュミットを立て直す中継ぎツェントになるという因果応報の結果となった。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 孫娘にジャンシアーヌが抜けているのでは? (2018-07-08 23:41:11)
    • 記載の仕方を変えておきました。 (2018-07-10 07:03:53)