コメント > エーレンフェストの領地

  • 書籍六巻の地図を面積測定ツールで計測してみました。縮尺が不明のためエーレンフェスト全体の面積に対する比較で表しています。 - 2016-03-25 22:20:27
  • ローゼマインと同学年の中級貴族のうちのローデリヒ以外はカティンカとエリーアス。中立派です。 - 2018-01-23 16:53:54
  • 451話に「イルクナーからほど近いダールドルフ」ってあるけど全然近くないと思うんだが。 - 2018-02-01 20:42:35
    • 確かに。きっとレッサーバス移動での感覚なのだろう(笑)<ほど近い? - 2018-02-01 23:42:44
  • エーレンて政変参加しなかったのになんで雑魚騎士を貴族にしなきゃなほどだったんだろ?他領で貴族が減って婚姻で出て行っちゃったのが多いのかと思ったけどアウブがダメ出しできるから極端に減ることはなさそうだけど (2018-12-02 01:47:09)
    • ごめん確認せずに適当書いた。多分連座じゃなくて中央への人材供出でした。かなりの数の騎士が中央に引き抜かれて騎士が足りなくなったとの事。 (2018-12-02 09:30:10)
    • ローゼマインの中央行きの話が出たときの条件に、「今後5年間、エーレンフェストは婿入り嫁入りのみ」という具体的な条件が上がったのをいささか奇異に感じた。政変の後に「中立で被害がなかったから、上位からの婿取り嫁取りはOKだよね?」てな感じで学生や適齢期の貴族がごっそり婿や嫁に取られて魔力不足に陥った過去があったかもと感じた。当時ジルヴェスターはアウブを継いで間がない若造だから発言力は低かったし。 (2018-12-02 15:38:29)
      • 単にフェルに続いてロゼマまで持ってかれて、魔力量ツートップを両方失った状態では困窮するのが目に見えているから、単純に貴族を増やしてカバーしようってだけでしょ。シャルが結婚相手に他領の領主候補生を連れてくることも期待してるだろうけど。 (2018-12-02 16:13:30)
      • そもそもエーレンの収穫量はロゼマが来たことでようやく改善されたくらいで、フェルひとりではカバーしきれてなかった。政変後に中央に持って行かれて、残っている青色は魔力量に乏しい役立たずばかりだったし。ロゼマの後釜神殿長がメルヒなのも、メルヒと側近でロゼマを失う分をカバーするためと言う理由が大きい。 (2018-12-02 16:21:06)
  • 直接は関わって無くても連座があったのではないかと。他領でもベルケシュトックの連座があったことは確定してるんだから、トロストヴェークやシャルファーの縁者の連座があったのかもしれん。後、中央の人材補充のためエーレンフェスト標準なら考えられないレベルに大量の使える人材が中央に引き抜かれたりとか。政変参加した他領ほどは減りはしなかっただろうけど元々全然貴族(魔力)が足りてないからから少し減るだけでも死に体だと思う。 (2018-12-02 05:24:39)
  • 後、アウブが駄目だし出来るといっても、相手領との関係があるから、よほどの大義名分がないと断れない。 (2018-12-02 05:32:30)
  • 春を呼ぶ儀式の舞台を作成することも「エントヴィッケルン」と称する、という公式の記述ってありましたっけ? (2019-01-14 00:11:45)
    • エントヴィッケルンで作成することを示唆する文章は、第578話にある<グレッシェルのエントヴィッケルンが終わったので、来年からは魔力が溜まり次第、儀式の舞台を作り直すことができる (2019-01-21 22:22:59)