ゲゼッツケッテ

初出:第561話

地位


作中での活躍

過去のツェント。領主候補生が結婚以外で中央へ移動できないことを決めた王である。
そのことは法律の座学で試験に出るので、歴代のツェントの中でもよく知られていると思われる。
この法が原因でボニファティウスローゼマインが中央へ移動するのについていけないため、怒りを向けられた。
王族が各領地から優秀な領主候補生を取り上げることを禁じた名君なのか、各領地から領主候補生がツェントになる可能性を潰そうとした暴君なのかは不明である。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • Gesetz kette=法の鎖かな? - 2016-09-13 07:12:39