コメント > ミュリエラ

  • SS31話の誰の側近でもない三年生の文官見習い(一人称「わたくし」なので女性)がミュリエラならば、学年差は+2 - 2016-06-26 00:55:21
  • 保護者によるエスコートの場合は、おさがり服でも良いけれど、恋人エスコートの場合は、新調が必要という貴族慣習があっても驚かない(苦笑)。その場合、フィリーネ:服の新調が厳しいので成人後に求婚しよう、ダームエル:エスコート依頼がこない……やっぱりあの時振られていたんだ(涙)、エルヴィーラ:服の手配をしつつ、書字板片手に観察、ミュリエラ:身近な相談相手の立場を確保しつつ、喜々としてエルヴィーラに実況報告――という騒動が起こりそう(笑) - 2016-07-22 08:27:35
  • 学年差は 第578話 帰ってきたわたし 14年に卒業していないので+1では? (2018-06-22 22:18:11)
    • ミュリエラは卒業したともしていないとも明記されていない。<テオドール同様、貴族院限定側近だから周りも私事に関する詳細説明をしない。親無の中級貴族だからロゼマに合う服を持っていないので卒業していてもロゼマ用の服を残せない。マティアス関連話は、ミュリエラはエルヴィーラ経由で親戚枠エスコート相手をおさえ済、かつ、親戚(相当)エスコート時と恋人エスコート時で準備する服の種類や色合わせが異なるという解釈も可能。 (2018-06-22 23:04:37)