シュトラール

初出:第568話*1
名前の初出:第603話 アーレンスバッハの礎と供給の間

家族構成


地位

階級:上級貴族
職種:アーレンスバッハ騎士団長 → 護衛騎士・フェルディナンドの側近

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+15以上*2

作中での活躍

14年夏頃ディートリンデに罷免されたアーレンスバッハの元騎士団長。*3
15年春 ランツェナーヴェに襲われた時、魔術が効かない相手に無策で立ち向かうよりはと城にいる貴族達を避難させ魔力登録がなければ開かない部屋に隠れるように指示を出していた。また、ランツェナーヴェの者に連れ出されるレティーツィアより、逃げて皆を救えと命じられる。レティーツィア派の貴族達が知らないうちに皆殺しされるという事態は防げた。*4
アーレンスバッハの供給の間に通じる入口の隠し場所をユストクスに教えた。*5
ランツェナーヴェの銀の船に連れさられた令嬢達の救出に奔走。完了した後は魔石や魔術具の回収をする。
「……亡くなった者の魔石は少しでも多く回収したいと思いますから」*6

経歴

14年夏頃アーレンスバッハ騎士団長を罷免されフェルディナンドの護衛騎士として側近に取り立てられる
15年春 フェルディナンドの側近としてエーレンフェスト防衛に参戦。*7
    アーレンスバッハに引き返して来た自領の騎士達を捕獲しビンデバルトの館にいた一派もろとも犯罪者として城へ送った。*8
    旧ベルケシュトック騎士団やベルケシュトック・ギーベの罪人の輸送指揮を取った後*9ゲルラッハ騎士団に合流する。*10

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ユレーヴェ (2018-12-11 23:32:17)