銀製品

エーレンフェストでの反逆者でありゲオルギーネ名捧げを行っているゲルラッハ子爵の夏の館で、初めて特殊な銀を利用した布が見つかる。
この特殊な銀に共通するのは、魔力を全く受け付けないこと。シュタープを変形させた武器などでは傷つけることができない。
ボースガイツが交易を打ち切られて200年経っているため、その情報が他国に流れ、他の国が交易を打ち切られる危険性を考えて対策を練って作られたものである可能性を作中で挙げられた。 *1
ディートリンデらがランツェナーヴェと結託して外患誘致を行った際に、戦いの道具として利用される。
魔力でできたシュタープでは貫いたり縛りつけることができず、魔法での攻撃も受け付けないため、戦闘に利用された場合はこれらの存在を知らない貴族では太刀打ちできなかった。
例外的に物理攻撃を反射するお守りは反応して、攻撃を反射できた。 *2
特殊な銀は布だけでなく武器や船にも使われているため、元々は塗料ではないかと作中で推測されている。 *3
魔力に対して強大だが物理法則を無視できない。銀の布はシュタープ製ではない刃物で貫くことができ、銀の船の金属のタイルは冬を呼ぶ儀式の冷気やライデンシャフトの熱の影響を受けた。 *4
また、粉末を飛び散らせる魔術具などの魔力で直接的に攻撃するものでないものは防げない模様。 *5

銀の布

エーレンフェストでの粛清の後、マティアスの協力のもとゲルラッハの夏の館が調べられ、ボニファティウスが力任せに引きちぎられていた物を発見した。
騎士団や文官とジルヴェスターが協力して銀の布の研究を進められた。
この布は魔力を受け付けないため、シュタープを変形させた武器では切ることができない。
数枚の板を重ねた上に銀の布を置いてボニファティウスがシュタープのナイフで布を刺した場合は、下に重ねた板は割れても(刺したので拳の衝撃によるもの)、銀の布は貫くことすらできなかった。
この布をまとった場合、境界の結界に感知されることなく通過することができてしまう。
ギーベ・ゲルラッハは逃亡した際、領地の境界を越えるために銀の布を使ったと作中で推測される。
また、魔力がなく存在を感知できないため、転移陣が動かず、この布を転送させることができない。

ユルゲンシュミットの素材は多かれ少なかれ魔力を含んでいるため魔力を全く持たない銀の布は不自然な存在で、アーレンスバッハを通じて他国から持ち込まれたものだと推測される。 *6
後にランツェナーヴェの使者が纏っていた事が判明する。

銀の衣

ランツェナーヴェの兵がアーレンスバッハの貴族を襲った際、魔力から身を守るために着ていた。
アンゲリカエックハルトがランツェナーヴェの兵を倒して手に入れるが、魔力を全く受け付けないため、ヴァッシェンなどの魔力を用いた洗浄すらも行うことができないことが判明する。 *7

銀色のマント

ゲオルギーネやラオブルートに与して従っている者が纏っていたマント。
裏面は銀色ではなく、マントが翻っている時は魔力の攻撃が通じる。 *8
マントに包まれた部分はローゼマインが出していたシュツェーリアの盾に一切関知されず、弾かれることなくシュツェーリアの盾の内部へ侵入することができた。
ハルトムートの赤い粉末を飛び散らせる魔術具は防ぐことができなかった。 *9

銀色の手袋

ゲオルギーネの影武者が着用していた。
罠としてかなり強力な粘着性の物質が塗られたところに張り付いてしまい、脱いだ。 *10

銀色の靴

ゲオルギーネの影武者が履いていた。
罠としてかなり強力な粘着性の物質が塗られたところに張り付いてしまい、脱いだ。 *11

銀色の衣装

ゲオルギーネの影武者が着ていた。
転移陣では転移させることができないため、転移陣の罠に引っかかった後はこの衣装は取り残された。 *12

フード付きマント

リーゼレータ達が鹵獲した銀の布をマント状に整えたもの。
ローゼマインから放たれている女神の御力を抑えるために使われた。

銀の武具


銀の剣

ランツェナーヴェの兵がアーレンスバッハの貴族を襲うのに利用していた。 *13

銀のナイフ

ランツェナーヴェの兵がアーレンスバッハの貴族を襲うのに利用していた。
兵がアンゲリカに対して投擲するが、手の甲で払い落とされ、物理攻撃を反射するお守りによって攻撃を反射された。 *14

銀の盾

ランツェナーヴェの兵がアーレンスバッハの貴族を襲うのに利用していた。 *15

銀の船

ランツェナーヴェの使者がユルゲンシュミットに訪れた際に使っていた船。
13年の春から使うようになった。 *16
できるだけ荷物を積めるように船体が長くなっていて、見た目は細長い潜水艦。
国境門を転移をする場合は、タイルがひっくり返るように魔力を弾く銀色から魔力を吸収する黒に変わり、アーレンスバッハの国境門の魔力を吸い取って魔力を満たして転送できる状態にしていた。
15年春にアーレンスバッハへ侵攻した際は、殺害した貴族の魔石や魔術具、捕縛した貴族を本国へ輸送するために収容した。
戦闘を行う際は上部甲板の一部が開いて、騎獣も鎧も貫く銀色の針を射出する武器が内部から持ち上がる。 *17
最終的に、アーレンスバッハへ襲撃した船はすべて無力化もしくは撃沈される。 *18

その他の銀製品

銀の筒

クラッカーのような物で、紐を引くと、キラキラとした綺麗な物や花弁が飛び出す。 *19
15年春にレオンツィオが中身を即死して魔石化させる毒と入れ替えたものをレティーツィアに渡し、フェルディナンドの暗殺させようとした。 *20


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。