ゲルラッハ騎士団長

初出:第616話 ゲルラッハの戦い その2

地位

階級:貴族
職種:ゲルラッハ騎士団の団長

作中での活躍

グラオザムの後釜として襲名した、ライゼガング系貴族のギーベ・ゲルラッハの護衛騎士。
グラオザムが治めていた代でもゲルラッハ騎士団長を務めていたかは不明。
ゲオルギーネによって引き起こされた、アーレンスバッハとエーレンフェストの礎争奪にてゲルラッハの防衛を担う。
自軍よりも多い旧ベルケシュトック騎士団に押され、ギーベ・ゲルラッハを館に残して、騎士団全てが外に出る総力戦に縺れ込んだ。
フェルディナンド率いるダンケルフェルガー混成部隊に窮地を救われ、ローゼマインの癒しで戦線を立て直す。
しかし、ゲルラッハの騎士から「ギーベの館に入れない」と報告を受けた直後、ギーベの館を制圧したグラオザムから不意打ちを受け、魔石化する毒を撃たれ戦死した。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。