アウブ・アーレンスバッハの第一夫人

初出:本編登場前に死去

アウブ・アーレンスバッハの第一夫人一覧

アウブ・アーレンスバッハの第一夫人となった人物は作中で二人存在する。
  1. ドレヴァンヒェル出身のアウブ・アーレンスバッハ第一夫人(本稿の人物)
  2. ゲオルギーネ

家族構成

夫:アウブ・アーレンスバッハ
 娘:(嫁ぎ済み)
 娘:(嫁ぎ済み)
 娘:(ドレヴァンヒェルに嫁いだ)
  孫・養女:レティーツィア

地位

階級:領主一族
職種:領主夫人

作中での活躍

レティーツィアを養女に迎えた頃から急速に衰弱して死亡する。*1


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 偶然でなれるほど、簡単な地位ではない by 作者様…… - 2017-12-14 22:42:22
    • 急速に衰弱…あっ… (2018-09-02 22:16:22)
      • まあアウブも毒を盛られていた自覚はあったっぽいけどね。じゃないと領主会議に出られる体調の時点から自分の死期を悟ってフェルを迎え入れようとしたりしない。 (2018-09-03 01:49:09)
        • 死期は悟ってたけど、毒とかまでは察してなかったのでは?でなければ、フェルやゲオへの対応がお粗末すぎる。察しているかどうかにかかわらずどちらにしろアウブ・アーレンが歴史的には無能アウブとなるのには変わりない。地雷さんの慈悲でなんとか血族が二人程度残っただけましだが。 (2018-09-04 01:56:15)