コメント > エーレンフェストとアーレンスバッハの礎争奪戦

  • 詳細は要らないのでは?本編のあらすじを書いているし、細部の表現に違和感あり独自解釈に見える。概要にある時系列に本編何話かを記した方が良いと思う。 - 2016-11-05 07:27:54
    • 話数の対応が複雑なので、注釈で対応しておきました。<時系列 - 2016-11-06 21:22:09
      • お疲れ様です。 - 2016-11-08 18:48:51
  • 「てにをは」がおかしいところが多数ある。真夜中のテンションで書き上げたのなら数日かけて推敲してくれ。 - 2016-11-06 00:41:03
  • これまでだって処刑者が何人も出ているのに、作風が打って変わったとは? - 2016-11-06 16:06:55
  • 見出しは、エーレンフェストの反抗ではなく、反攻では? - 2016-11-07 21:15:59
  • フェルディナンドの婚約及びアーレンスバッハへの移動も、エーレンフェストの守備力を弱めるためのアーレンスバッハの戦略だったのでは。 - 2016-11-10 21:45:33
    • 開始をどこと見るのかは難しいところですね。根本的な開始は、次期領主をゲオルギーネからジルヴェスターへと変更すると決定された時点。礎奪取方法確定時を開始と見るなら、ゲオルギーネに神殿から礎への入室方法が伝わった時点(ジル推定が正しければ、ジルがベーゼヴァンスの手紙を渡したことが契機)。フェルディナンド移動に限れば、エーレン・アーレンどちらにいても邪魔だし、アウブがまだ生きていたことから、アーレン特殊事情の比重が大きくて、それに便乗した「嫌がらせ 兼 神殿から引き離せれば吉」レベルの気もします。王権簒奪を狙っていた勢力(ラオブ?)にとっては、有力な次期ツェント候補を潰すという意味合いが強かったでしょうけれど。 - 2016-11-11 07:08:29
  • ジギスヴァルドが持って来たのは魔石ではないので魔術具か単に王家の許可証としたほうがよいかと - 2016-11-19 02:16:27
    • 修正しました。 - 2016-11-19 02:48:09