アダルジーザの離宮

アダルジーザの離宮は400年程前にランツェナーヴェから献上された最初の姫が賜った離宮のこと。アダルジーザは姫の名である。


概要

アダルジーザを受け入れた当時のツェントが、自分達の住居がある中央の土地に住まいを準備したがらなかった為、貴族院に用意した。
アーレンスバッハのランツェナーヴェの館と転移陣で繋がれている。 *1
フェアベルッケンの祠の近くにあり、フェアベルッケンの祝福で隠蔽されており外側から見つけることができなくなっている。 *2
政変以前は傍系王族の夫婦によって管理されていたが、政変後にアダルジーザの姫達は処刑され、トラオクヴァールによって閉鎖された。

15年春にローゼマインを王族に受け入れるための離宮として準備されていたが、ランツェナーヴェ侵攻の足場として利用されてしまう。
侵攻の終息直後は、捕らえたアーレンスバッハやランツェナーヴェの犯罪者の留置に利用される。
エグランティーヌが即位し、貴族院以外の中央の直轄地を整理した後はツェントの一時住処として活用される予定になっている。

建物

二つの建物が渡り廊下で繋がっており、片方は傍系王族が住み、もう片方をランツェナーヴェの者が住んでいた。
ランツェナーヴェの者が住む建物は女性の使う三階にバルコニーが無く、窓には格子が嵌っている。
建物の周囲には前庭、噴水、池、花壇などがあり冬以外に長期間過ごす事と考えた設計になっている。 *3

アダルジーザの離宮 1 F 2 F 3 F 備 考
傍系王族棟   ー   ハイスヒッツェと半数の
騎士達が侵入
アウブ・ダンケルフェルガー掃き出し
窓を破壊し半数の騎士達と夜襲
ゲヴィンネンの駒で結界の
有無を確認
アーレンスバッハと通じる、寮にあるものと同じ三人までしか運べない機能制限版の転移陣が置かれている。
ランツェナーヴェ棟   ー   バルコニーから侵入 ディートリンデフェルディナンド
暴言を吐きエックハルトが気絶させ
ユストクスがシュタープで捕縛
どの窓にも鉄格子があり、
3Fにはバルコニーが無い
中央棟の扉に通じる転移陣が置かれている。

アダルジーザの実

ランツェナーヴェから献上された姫の子の事。子は中央のアダルジーザ離宮で養育されることになるが、子の父親は誰かはっきりしないないとされる。
女子はユルゲンシュミットの姫として育てられ、男子は一人だけ次期王としてランツェナーヴェへ返される。残りの男子は父親が引き取るか、さもなければ秘密裏に処分され、魔石でランツェナーヴェへ返された。 *4 次期王が決定した後の男子は初めから魔石を得ることを目的にしていた。
6才半までは衣食は保証された。体格の大きい方が魔力容量が大きくなりやすいから。 *5
窓には鉄格子がはめられていて、外に出ることは出来ず、傍系王族の子が遊ぶのを見ていた。 *6

アダルジーザの実の将来

子の性別 将来 備 考
男子 ランツェナーヴェの次期王 トルキューンハイトが取り付けた約束に従い、一代に一人の男子がランツェナーヴェへと
戻される。
貴族院に通わず、離宮で教育を施された後にシュタープを得て、成人後に返送される。
父親が引取る フェルディナンドのように父親が引き取った場合は離宮を出ることができる。
時の情勢で、自領の領主候補生の娘と結婚させるため。 *7
魔石 父親が引き取らず、魔力が低かったりその代の次期王が決定した後の男子は処分され魔石に
なってランツェナーヴェへと送られる。
女子 ユルゲンシュミットの王女

住人

人  物 年代 役  割 備  考
アダルジーザ 400年程前 ランツェナーヴェの姫 離宮の名前の由来となった初代のランツェナーヴェの姫
傍系王族の夫婦 政変前 離宮の管理人 ランツェナーヴェの次期王やユルゲンシュミット王女として
養育する子を養子として迎えた
政変以前に居た三人の女達 政変前 ランツェナーヴェの姫 この内誰かはフェルディナンドジェルヴァージオの生母
ジェルヴァージオの返送後、魔力を上げる相手ではなく自分の属性の
偏りを埋められる相手を探した母親によって最初から魔石にする為に
フェルディナンドが生まれる *8
フェルディナンドの生母は身代わりの魔石となってランツェナーヴェ
へ送られた
テルツァ 政変前 アダルジーザの実 当時三人いた女達の息子の中で最も魔力が高かったため、
ジェルヴァージオに改名してランツェナーヴェの次期王に選ばれた。
クインタ 政変前 アダルジーザの実 フェルディナンドとしてエーレンフェストに迎えられる
フェルディナンドの生母
の身代わりとなった娘
政変前 ランツェナーヴェの姫 ジェルヴァージオの言う「王女として生きるはずだった娘」 *9

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 436話「選択」で「アダルジーザの実が女ならユルゲンシュミットの姫として育てられる」と言っているので、281話「夕食会と短期集中講座」に出てくる「少しでも魔力の高い子が欲しいと色々な男と浮名を流した」ため政変で処刑されたという先代の王女や女孫もアダルジーザの実の可能性が - 2017-02-18 12:06:41
    • 関連:635話「中央騎士団を率いるもの」フェルディナンドの台詞「離宮は政変で姫君達が処刑されてから閉鎖されたそうですが」 - 2017-02-18 13:18:03