カルラ

初出:第9話

容姿

恰幅が良い。

家族構成

夫:ディード
息子:ザシャ
 息子の嫁:ザシャの嫁
 孫:ザシャの子
息子:ジーク
 息子の嫁:ジークの嫁
息子:ラルフ
息子:ルッツ

地位

階級:平民
職種:織物職人

カルラ視点の回

SS30話 カルラ視点 息子の成長

作中での活躍

ルッツの母。
恰幅が良くて、お喋りで、迫力がある快活なおばさん。布を織る織物の工房で働いている。
旅商人を目指すといい始めたルッツに反対していたが、後に本気で商人を目指すルッツを応援するようになる。
家出したルッツをベンノが匿った際、誘拐犯扱いして怒鳴り散らしたため、マルクに切れられ追い返された。
神官長が仲裁して復縁したときは静かに涙を流した。

「神殿長とマインが似ているとルッツが言っていた」というラルフ発言を聞いて、死んだ筈のマイン=神殿長=領主の養女だと気づいた。 *1

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 孫(ザシャの子供)がいるようです、SS30より「もう子供が寝る時間だから」「子供や孫もここにいるのに」「可愛い孫の顔も見られる方が」 - 2016-06-12 23:54:57