アウブ・アイゼンライヒ

初出:第539話

200年程昔に存在した領地のアウブ
作中に語られているだけで、故人となっている
アウブ・アイゼンライヒとして語られる人物は、作中に二人存在する。

家族構成

親:アウブ・アイゼンライヒ(外患誘致を行い、時のツェントに討ち取られる)
 娘:最後のアウブ・アイゼンライヒ(先代の歿後に襲名、最終的にツェントにアウブの位を返上)
  次代の領主候補生:(国境門の開閉を望んだ者は討ち取られる。罪を受けれていた者は不明)
   次次代の領主候補生:(国境門の開閉を望んだ者は討ち取られる。罪を受けれていた者は不明)

地位

階級:領主
職種:アウブ・アイゼンライヒ

経歴

200年ほど昔まで存在していた大領地アイゼンライヒのアウブ。
領地の特産品として大きな鉱山を持つ。鉱石や加工品、そして他国には存在しない魔石は、国境門を介してボースガイツの国に売っていた。
良質の鉱石から作られた武器は、ハルデンツェルの平民たちが魔獣を倒すための大事な武器だった。
アウブ・アイゼンライヒはボースガイツに唆されて、十分な力も持っていたことから、ツェントの座を狙う。
ボースガイツの者を招き入れ、グルトリスハイトを狙って中央へ押し入ろうとした。
食料など支援物資が次々と送られて、貴族院へ向かう転移陣を使い少しずつ寮に物資や騎士を移動させる。
アウブの娘は計画を止めようとしたが聞き入れられず、単身で騎獣を駆って中央へ向かい、ツェントに内情を伝えた。
その知らせに激怒したツェントはすぐさま国境門を閉ざし、中央騎士団と共に寮に奇襲をかけ、アウブ・アイゼンライヒを討ち取る。
反逆を目論んだ領主一族や攻め込んでいた主要貴族は処刑される。

アウブの娘はツェントへの忠誠と反逆を止めようとした功績を認められて、辛うじて処刑されず、新たなアウブ・アイゼンライヒになった。
だが新たなアウブに栄誉は無く、土地を分割され、国境門と鉱山も失ったことで主要産業も無くなった領地を治める事になる。
王族の婚約者もいたが解消させられて、中領地に相応しい領主候補生と婚約し直す。
ツェントから後援を受けることもなく、反逆を起こした領地という目で見られてみるみるうちに衰えていった。
ひたすら農業へ打ち込んできたライゼガングが貴族の中で一気に力を持つようになり、それに反感を持つ貴族もいた。
貴族の大半や取り残されたボースガイツの者達は現状に不満を漏らし、次代と次次代の領主候補生達はそれを聞いて育つ。
次期アウブを決める時期には、領主候補生はボースガイツの者達を故郷へ帰すため国境門を開けてほしいとツェントに願い出ようとする者と前アウブを唆したボースガイツの者達が一緒に罰を受けるのは当然と考える者の二つに主張が分かれた。
それぞれの領主候補生に、国境門の開門を望み過去の栄光を取り戻したい貴族とこのままの罰を受けるのが当然とする貴族が別れて、領地を二分する争いに発展してく。

アウブとなった娘は又も争いを止められなかった自分の力不足を嘆き、ツェントにアウブの位の返上と、領地を治める新たなアウブの任命を願い出た。
中央騎士団を引き連れたツェントと共に初代アウブ・エーレンフェストがやってきて、国境門の開門を望む貴族達を蹴散らした。
二度とアイゼンライヒが過去の栄光を求めることがないようにと、礎の場所を改められ、領地の名もエーレンフェストに改めた。

後世

エーレンフェストの領主一族が習う歴史では、初代エーレンフェストは攻め入って礎を奪った程度にしか教わらず、アイゼンライヒの名をちらりとしか聞かない。
キルンベルガの貴族は口伝えで教わり、古い言葉で書かれた年表や報告書の写しの文献が残されている。
貴族院でもツェントに逆らった愚かなアウブの教訓話として伝わる。

アウブ・アイゼンライヒが外患誘致を行った理由は、グルトリスハイトを独占する王族に対して反逆したのか、それとも単純にツェントの簒奪を狙ってかは不明。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。