ローゼマインのグルトリスハイト取得と養子縁組について


概要

14年春の領主会議の時期に、ローゼマインがグルトリスハイト取得過程と、それと同時進行する王族との養子縁組において、それぞれの主張を整理する。


全体的な流れは下表の通り。

年月 時間 ローゼマインの行動
グルトリスハイト情報
エーレンフェスト側の主張 人名・所属 主張
14春 1日目 午前 領主会議の星結びで古の儀式を再現する *1 ・正当なるツェントを得ることは必要かもしれないが、それは王族や中央神殿の仕事
・エーレンフェストの領主候補生の仕事ではない
中央神殿 ・神具を使った古の儀式しか認めない *2
・古い儀式を蘇らせることで、真のツェントを得たい *3

「ユルゲンシュミットが真のツェントを得ることは
何よりも大事なことなので、
古い儀式を研究している中央神殿にエーレンフェストの神殿も協力しろ。
アウブ・エーレンフェストにローゼマインを中央神殿へ向かわせるように頼め。
全ては真のツェントを得るため、
そして、ユルゲンシュミットのためだ」
とハルトムートに主張 *4
・ジギスヴァルト王子の為に一度だけ 王族 ・ローゼマインの祝福がジギスヴァルトの箔付けに必要なので、中央神殿の言うとおり古の儀式を行え。 *5
儀式中 祝福で舞台の魔法陣が一瞬光った ・ジギスヴァルト王子が次期ツェントとして神々に認められたのではないか?
2日目以降 中央神殿 ・ローゼマインを中央神殿の神殿長に欲しい
・古い神事を蘇らせ、正しい神事の行い方を広めることはユルゲンシュミット全体の底上げになる
・古い儀式を蘇らせることで、正しい次期ツェントの選出ができるようになる
ゲオルギーネ ・フェルディナンドが「進んで」貴族に神事を広めたので、アーレンスバッハは加護や収穫量の増加が見込める
・ローゼマイン様が中央の神殿長になれば、全ての領地で同じことが可能になる
・エーレンフェストだけで独占して良い知識ではない
・ふざけたことを言うな!
・他領の領主候補生を中央神殿に入れろというなら、自領の領主候補生を神殿へ入れろ
・領主候補生の移動は禁じられている
他領 ・ヴィルフリートとの婚約を解消しろ
・ローゼマインを中央神殿へ入れて、各地へ派遣し、ユルゲンシュミット全土にに神事を教えろ
・聖女を独占するな!
2日目 午前 地下書庫
いのりたりた=全属性
午後 火の祠に入って石版を得る。
祠の地図の写し持って帰る
(ディートリンデの来訪)
3日目 午前 祠の地図を報告
(エグランティーヌ大きな祠に入る)
4日目 午後 小さな祠の活用法が判明。
(欠けた属性の強化をして、大神全属性になるため)
5日目 午前 エグランティーヌに相談される ・大きな祠に入れるか否かはシュタープの品質の違い
・ツェントのシュタープは全属性になってから始まりの庭で得なくてはならない
・ジギスヴァルトは無理でもヒルデブラントならチャンスがある
・その質問には答えられない(不敬罪になるから)
(この領主会議中に祠を回ってグルトリスハイトを取得し、王族に献上した方が良いかもしれない)
エグランティーヌ ・ジギスヴァルトが火の祠に入れないかもしれない
・ジギスヴァルトがグルトリスハイトを取得出来なかったら、中央が荒れる
・ローゼマインは大きな祠に入れないのか?
6日目 午前 アナスタージウスとエグランティーヌに祠巡りを強要され、全ての石版を得る ・せめてフェルディナンドの連座回避を確約しろ! ・アナスタージウス エグランティーヌの憂いを払いたい
・フェルディナンドの連座回避は確約できない
・グルトリスハイトが入手出来れば、出来るようになるかもしれない
・ジギスヴァルトの第三夫人になれ
・エーレンフェストのことはエーレンフェストでまかなえ
貴族院を覆う魔法陣が完成する ・丸くおさまるのは中央だけ
・エーレンフェストは大打撃
・自分は望んでいない
エグランティーヌ ・現状維持が望ましい
・自分が騒乱の種とならないためにグルトリスハイトは得たくない
・ローゼマインがグルトリスハイトを取得し、ジギスヴァルトの第三夫人になるのが一番全てが丸くおさまる
シュタープが成長した気がする ・小さな祠でお祈りをして、加護の再取得で大神の加護を得て、始まりの庭に行ってシュタープを改良することができれば……というくらいに長くて不確定な道程。
・本当に改良できるかどうかもわかりません
エグランティーヌ ・ジギスヴァルトがグルトリスハイトを取れるかもしれない
地下書庫の奥に案内される。
王族登録が無く、グルトリスハイトを取得出来なかった
アナスタージウス ・さっきまでのはただ発破をかけただけ
・ジギスヴァルトの第三夫人案は保留する
・フェルディナンドは自分で連座回避策を用意しているはず
・ローゼマインが勝手に助けるのは自由

★夕食頃 ツェントにローゼマインが次期ツェント最有力と伝えたはず?
夕方 フェルディナンドの手紙(ヒルシュール配達)
王族との会合 ローゼマインの中央神殿入りの打診
14春 7日目 寝込む ・星結びの儀式に許可を出したのは一度きりの約束で、ジギスヴァルト王子に祝福を与えて次期ツェントとしての箔をつけるためだった
・ローゼマインの魔力が強力なので、王族に協力してほしいと簡単に言うけれど、それならばエーレンフェストをどれだけ支えているのかわかるはず。
・アーレンスバッハを支えられるフェルディナンドに続いてローゼマインまで奪われるわけにはいかない。
領主候補生を中央に移動させることはできないはず
トラオクヴァール ・ローゼマインの中央神殿入りは、中央神殿を抑えることができ、他領の要求を叶えることができる。
・神事について深く知ることができて、ユルゲンシュミット全体の底上げになるから、受け入れてほしい
→引き下がる
・エーレンフェストの神殿長にはエーレンフェストの領主候補生が就いている。王族の管轄である中央神殿は王族が就くのが筋。
・初代王は神殿長であった時代がある。
・中央神殿にはヒルデブラント王子を入れて、成人までの間、神殿長に就けると良い。
・どのような勉強をすれば良いのか知りたいのであれば、次代の神殿長教育を担っている私(ハルトムート)が教える
ジギスヴァルト ・全ての領地に恩を売れるのは今しかない
・神事を行い、加護を得て、魔力を少しでも扱いやすくするのはユルゲンシュミット全体で最優先に行わなければならないことだ
夕食 (次期ツェントが周知されていない?) ジルヴェスターに次期ツェント候補と打ち明け、相談。
8日目 休養日
王族との会談1 ローゼマインと王族の養子縁組
14春 9日目 午前 地下書庫 ・双方に利の無い契約は成立しない
(ジルヴェスター)
王族 ・エーレンフェストを優遇して順位を上げる
・中央に多くの貴族を召し上げ、ツェントとなるローゼマインの立場を強化する
etc
王族 エーレンフェストはどれだけ強欲なのか?
(王族で情報共有されたみたい) ヒルデブラント ・ローゼマインがツェントになるのか?
・ローゼマインを助けたい
地下書庫での打合せ ローゼマインとジギスヴァルト
14春 同日 午後 地下書庫でジギスヴァルトと交渉 ・エグランティーヌがグルトリスハイトを取得すべき
・エーレンフェストにはエーレンフェストの事情がある
・王族の危急の問題は単なる魔力不足
・奉納式をするから一年以上待ってほしい
・王族にも不備がある
エーレンフェストを一年は出れない理由がある(各種引き継ぎ、魔力不足)
ジギスヴァルト ・王族には時間が無い
・礎が枯渇しかけている、古い魔術具が崩壊した
・祠を回って魔力奉納する余裕が無い
・すぐに養女に迎えたい
ジギスヴァルトの望みは、
・自分(ローゼマイン)を中央神殿の神殿長にする
・各地に派遣して神事を行い、各地の収穫量や加護を増やしたい
・貴族の底上げはユルゲンシュミット全体で最優先に行わなければならないこと
ジギスヴァルト ・グルトリスハイトを手に入れ、王の養女となり、成人後は自分(ジギスヴァルト)と結婚してほしい
・フェルディナンドの連座回避の確約と待遇改善
・5年間婚姻を婿入りと嫁入りに限る
・子どもに与える魔術具を30〜40個
・離宮を用意する
・エーレンフェスト貴族の帰郷
・連れて行く側近は全て受け入れる
・離宮に図書室(フェルディナンドを超えた)
ヒルデブラント ・ローゼマインはジギスヴァルトとの結婚を嫌がっている
・本の要求は結婚したくないからだ
夕方 ・我々(大人)の居ないところでローゼマインと接触するなど、王族はどういうつもりだ!
10日目 地下書庫
王族との会談2 ローゼマインと王族の養子縁組
14春 11日目 ・図書室の部屋と本棚は用意して欲しいが、本はエーレンフェストのフェルディナンドの図書室から持っていかせる。 王族 ・エーレンフェストの望む通りにできるだけ便宜を図るつもりだ。
・だが、次期ツェントになる以上は、中央の予算や国庫状態にも気を遣ってもらえるとありがたい。(要求された量の本は無理)
・ローゼマインの王族入りは1年後
・フェルディナンドの連座回避の確約と待遇改善
・5年間婚姻を婿入りと嫁入りに限る
・子どもに与える魔術具を30〜40個
・離宮を用意する
エーレンフェスト貴族の帰郷
・連れて行く側近は全て受け入れる
・離宮に図書室(フェルディナンドを超えた)
王族 ・求婚条件として要求した図書室に比べたら、他の要求は全て丸呑みできるレベル
・他は全部呑むので図書室設置を諦めさせてほしい、ということで両者は合意 王族 ・他は全部呑むので図書室設置を諦めさせてほしい、ということで両者は合意
(耳当たりは良いけれど、後のことは勝手にしろって放り出されるのと同じでは?) トラオクヴァール ・グルトリスハイトを手に入れる者が次期ツェントなのだから、
ツェントの言葉には全面的に従うべきだ。
・離宮の準備などもってのほか。
・ツェントは王宮の本館で迎えるもので、自分が離宮に移るべきだ。
・自分が信頼のおけるエーレンフェストの貴族で周囲を固めるのが一番で、自分の派閥は自分で作るべき。

・結婚に関しては、自分の派閥を作るために婚姻という手段を使うのは当然なので、こちらが口を出すことではない。
・グルトリスハイトを手に入れるために養子縁組が必要なので、それはするけれど、後のことには口も手も出さない。
・ツェントの望むようにユルゲンシュミットを率いていけばよい
ジギスヴァルト ・グルトリスハイトを手に入れただけではユルゲンシュミットは治められない。
・エーレンフェスト出身で権力もなければ、大領地の伝手もない。
・口も手も出さないということは後ろ盾にもならないということで、
グルトリスハイトだけを持った未成年に望むままに政治を行えと言っても何ができると言うのか。
・放り出すなんてあり得ない
・王族の養女になってグルトリスハイトを手に入れるのだから、
自分の妻として遇し、今の政治基盤をそのまま使う形で、
王族が後ろ盾となって支えていくのが一番混乱はない
トラオクヴァール ↑一理あるが、受け入れるかどうかを決めるのはツェント
アナスタージウス ・グルトリスハイトを手に入れてツェントの力を手に入れたところで、
ローゼマインに政治ができるはずがない、無理だ。
・神殿育ちで貴族の常識から外れている本狂いのローゼマインにユルゲンシュミットは任せられぬ。
・これまでの常識が通じなくなって大混乱に陥るぞ。
・できるだけ早くグルトリスハイトを取り上げるべき。

・グルトリスハイトを取り上げることが可能ならば、
成人まで中央神殿で神殿長をさせて、
エーレンフェストに対する周囲の不満を逸らし、
成人後にはエーレンフェストに降嫁させる。
・グルトリスハイトを譲れないならば、
ツェントになった者がわたしであることを隠して
ジギスヴァルトの第三夫人にし、
必要な時以外は図書館に閉じ込めておくのがユルゲンシュミットのためには一番平和だ
トラオクヴァール ↑グルトリスハイトを手にする次期ツェントに不敬が過ぎる(怒)!
王族 ・神事に関する豊富な経験と情報があり、次期ツェントに相応しい魔力量を持っている。
・現代語訳してきた石板の情報を見れば、祠を巡ることができたローゼマインが全属性であることも推測できる。
・たとえ次期ツェントになることができなくても、王族の次代のためには確保しておきたい
地下書庫
最終日 奉納式(神殿長) マグダレーナ(王族) ・今回の奉納式でローゼマインを聖女として印象付け、王の養女になるのに相応しい人材として特別に見せる
・グルトリスハイトの一件がなくても、彼女は中央に迎えるべき人材
夕食 ヒルデブラント ・ツェントになりたい
・女性のツェントの王配は同じくツェントの資格が必要なのでは?
・お茶会で倒れるか弱い姫に、ツェントなどさせるものではない。
(ツェントを目指してローゼマインの伴侶になりたい)
・急ぎならば、王族全員で挑戦してみるべき
マグダレーナ ・ヒルデブラントがツェントを目指すことは許さない。
・挑戦するとしても時間がかかりすぎる。
・ローゼマインと二人がツェントになることはできないし、トラオクヴァール王の血を引くヒルデブラントが後からツェントとしての資格を持つと、ユルゲンシュミットを割ることになりかねない。
・自分達が待ち望み、婚約を解消させ、故郷から引き離してまで得た新たなツェントの治世を、今の王族が揺るがすようなことはツェントもわたくしも絶対に認めない。