オットー

初出:第8話

声(ドラマCD第2弾):浜田洋平

家族構成

父:元旅商人。フレーベルタークに近い町で市民権を買って定住
母:同上
妻:コリンナ
 娘:レナーテ
 息子:クヌート
義兄:ベンノ

容姿

髪の色:焦げ茶
000000000
瞳の色:茶色
000000000

地位

階級:平民
職種:旅商人→会計役の門番→ギルベルタ商会の経営者

年齢関連

  • マインとの年齢差:13前後*1

オットー視点の回

第26話 閑話 俺の助手
書籍第一巻 エピローグ
書籍第十九巻購入特典SS 旅商人の依頼と冬の準備

作中での活躍

門番で会計を任されている。重度の愛妻家で、嫁自慢が始まると長い。
爽やか柔和笑顔の裏で黒いことを考える計算高い元商人。
マインの字の先生。石板をマインにあげて、自分の助手として鍛えた。
相談に乗ることが多く、冷静に打算を含めて助言を与える。
マインに頼まれてルッツベンノに紹介した。
元旅商人で、コリンナに求婚するために、これまで貯めていた全財産をはたいて市民権を得た。
開店資金がなくなり、街に来るたびに仲良くしていたギュンターに頼みこんで、書類仕事を主にする兵士として雇ってもらった。
兵士を選んだのは街の住人と顔を繋ぐためで、街の人々に顔を覚えてもらい、顔を覚え、街に出入りする商人や貴族を知るためだった。
コリンナと結婚して子供を跡取りにする事になったが、マインの影響で予定が早まり、オットーがコリンナの補佐になってギルベルタ商会を引き継ぐ話が出るようになる。
マインが神殿に取られたため、兵士で計算ができる後継を育てることになった。
ベンノがプランタン商会を立ち上げ独立してからは、ギルベルタ商会を引き継いだ。
同じく旅商人をしていた両親はフレーベルタークに近い町で市民権を買って定住している。

作者コメント

2014年 12月19日 活動報告
オットーが私の想像よりハンサムでした。まぁ、好青年に見えるキャラだし、ハンサムでもいいや、とOK出したので、オットーはハンサムです。
2015年 02月19日 活動報告返答
オットーの親の住んでいる町は……今のところ、出てくる予定はないですね。出るとすれば、下町視点で何か書いた時ですね。ローゼマインが関わることはないと思います。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • オットー&コリンナ夫妻のギルベルタ商会はアレキサンドリアに来たのかな? (2018-09-07 16:17:32)
    • 商会メンバーの数名はアレキサンドリア(ギルベルタ商会三号店)に行ったけど、オットー&コリンナはエーレンフェスト本店に残っているのでは? <「ギルベルタ商会から数名(第565話)」「ギルベルタ商会から他に同行する針子が決まった時は教えて(第575話)」というロゼマ発言、ベンノが早々にベンノ・マルク・ルッツが行くと宣言している(第577話)状況で最後までコリンナ達が行くことが明記されていない点、コリンナ&オットーとロゼマの間のややドライ気味な距離感(第168話、第369話、SS 33第話)……等から考えるに。 (2018-09-07 20:15:31)
      • 確かに、ギルベルタ商会から数名と言ってますが、この数名にはトゥーリは完全に入ってますし、コリンナ家族は本店でしょう。 (2018-09-07 20:48:32)