イズベルガ

初出:SS44話

家族構成

子:10年冬に成人

従妹:テレージア
 従姪:フィリーネ
 従甥:コンラート

地位

階級:下級貴族
職種:側仕え

作中での活躍

フィリーネに頼まれて、11年冬の貴族院におけるフィリーネの側仕えを引き受けた。
フィリーネの側近入りに伴い、金銭の工面に苦労したが、
フィリーネがローゼマインの側近に選ばれたことを一番に喜び、親族として誇りに思うと共に、
ローゼマインが優しい主であることと、同僚が下級貴族だからと爪弾きにしない親切な人間であることに安堵した。
11年冬の貴族院同行の引き受けは渋々であったが、側近入りしたことを受けて上機嫌で来年の同行を約束した。

婿であるシッカークが、ヨナサーラを後妻として引き取った経緯や、
子供を作ったヨナサーラが我が子を一番大事にしようとすることに関しては理解を示す一方で、
子供を持つことでヨナサーラの態度が変わることを予想していたが故に、
シッカークに対し後妻に子を産ませないよう何度も忠告しており、
その忠告を破って、後妻に子を産ませて、フィリーネやコンラートの養育を放り出した二人を恩知らずだと考えている。

フィリーネの家の側仕えの対応が不十分であることを感じ取り、フィリーネに対し、
神殿の灰色を下働きとして融通してもらえないかローゼマインに相談してみてはどうかと提案した。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。