クラウディオ

初出:第326話
名前の初出:書籍版第四部IV「ハルデンツェルの奇跡」

家族構成

妻:ギーベ・ハルデンツェル夫人
 息子:*1
 息子:*2
父:前ギーベ・ハルデンツェル*3
母:父の第一夫人*4
 妹:エルヴィーラ(同母妹)
  甥:エックハルト
  甥:ランプレヒト
  甥:コルネリウス
  姪:ローゼマイン

母方の親戚
曾祖父:四代目アウブ・エーレンフェスト
 祖父:初代ギーベ・グレッシェル
曾祖父:前ライゼガング伯爵
 祖母:前ライゼガング伯爵の第一夫人の娘
  叔父:二代目ギーベ・グレッシェル
   従兄弟:ギーベ・グレッシェル

  異母叔母:ヴェローニカ
   従妹:ゲオルギーネ
   従妹:コンスタンツェ
   従弟:ジルヴェスター
  異母叔父:ベーゼヴァンス (前神殿長)

容姿

髪の色:深緑
000000000
瞳の色:黒
000000000
厳めしい顔
人の上に立って率いているのが一目でわかるようなどっしりとした雰囲気がある

地位

階級:上級貴族
職種:伯爵、ギーベ・ハルデンツェル

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+35*5
  • 誕生季:夏*6

クラウディオ視点の回

書籍第十六巻 ハルデンツェルの奇跡

作中での活躍

エルヴィーラの兄。
土地持ちの貴族で、エーレンフェストで最北のハルデンツェル伯爵領を治めている。
民との結束が強く、それを誇っている。
エルヴィーラとよく似たやり方で人を使うようで、気が付いたら使われている。
ヴェローニカによって税を上げられたことで、ハルデンツェルは他の土地より被害が大きく、民の生死にかかわった。
マインが神事に携わって魔力の満たされた小聖杯が届くようになり、ヴェローニカが退けられたことで息を吹き返した。
ローゼマインユレーヴェに眠った際にエルヴィーラが印刷業を引き継いで、いち早く土地に取り入れて成功した。
ローゼマインから祈念式の古い儀式で聖典と違う部分を指摘されて再現してみたところ、春を呼ぶ儀式が復活した。
本当の春を呼んだため、本来はハルデンツェルの者以外に与えるのは禁じられているブレンリュースの実をローゼマイン達に捧げた。
ハルデンツェルの民が何の憂いもなく過ごせるようになったため、冬の社交の場でローゼマインに最大の感謝の意を示して跪く。
厳めしい顔に似合わずハルデンツェルの印刷所では恋物語専門になっているが、恋物語を完全に利益を得るための商品として考えている。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ローゼマインが妹の実子ではない事に気付いている (2018-09-18 00:23:42)