神殿長

神殿長とは、神殿の長であり神殿で最も高い地位を持つ。


対象

本ページの説明対象は、 この背景色 で記された存在である。

神殿内組織階層
序列 分類 役職 呼称 性別 備考
1 青色 神殿長 神殿長 不問 神殿の長に就任した青色を指す。聖典及び聖典の鍵の管理者でもある
2 神官長 神官長 不問 予算や人事等の神殿実務の取り纏めに就任した青色を指す
3 孤児院長 孤児院長 不問 孤児院の長に就任した青色を指す
- 青色神官 (成人)男性 建前上は平等だが、実家の権力のよる序列が存在する

領主の示達により、貴族の身分のまま職務として配属されたものは、
貴族階級によらず、貴族院に就学しなかった青色よりも上位
青色巫女 (成人)女性
青色神官見習い (未成年)男子
青色巫女見習い (未成年)女子
4 灰色 筆頭側仕え 筆頭側仕え 不問 青色の側仕えの取り纏め。主毎に存在
5 側仕え 側仕え 不問 青色の側仕えになった灰色神官,灰色巫女,灰色神官見習い,灰色巫女見習いを指す
6 - 灰色神官 (成人)男性 神殿業務に従事する、成人後の孤児達
灰色巫女 (成人)女性
7 - 灰色神官見習い (未成年)男子 神殿業務に従事する、洗礼後、成人前の孤児達
灰色巫女見習い (未成年)女子
8 洗礼前 - - 不問 孤児院で生活する、洗礼前の孤児達

概要

青色神官としての務めに加えて、
  • 他の青色神官が行っている仕事の承認
  • 花捧げを目当てにやってくる貴族への対応
  • 青色神官の実家と交渉して寄付金を貰う
などほかにも色々仕事がある。 *1
神殿長に伝わる魔術具の聖典を管理する。 *2

青色神官や青色巫女は、最高神への信仰と、これから常に成長し続けることを誓う存在として
成長を促し、助ける火の神の貴色であり、最高神の司る高く亭亭たる大空の色である青い服をまとう。 *3
一方、神官や巫女の長である神殿長は、青ではなく白い服をまとう。
これは、ユルゲンシュミットの始まりの頃に、メスティオノーラの書を賜ったツェント及びアウブ(ツェント候補)が、神殿長に就いていたことと、
メスティオノーラの書を賜ったツェント及びアウブがメスティオノーラと間違われてエーヴィリーベに襲われないように、
エーヴィリーベの貴色である白をまとっていたことが発端となっている。 *4

神殿長の一覧

エーレンフェスト

中央

アーレンスバッハ

ダンケルフェルガー
  • ダンケルフェルガーの神殿長 (奉納式の期間に「神具を寄越せ」とアウブを始めとした騎士達が大勢押しかけられた *10 )


特に断りのない場合において、第二部までの「神殿長」および第三部以降の「前神殿長」は、ベーゼヴァンスを指す。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 神殿長 - 2015-11-21 03:39:06